『仮面ライダーBLACK SUN』ブラックサンに西島秀俊、シャドームーンに中村倫也! ダブル主演決定!

電撃オンライン
公開日時

 『仮面ライダー』生誕50周年を記念した、『仮面ライダーBLACK』のリブート作品『仮面ライダーBLACK SUN』について、ティザービジュアル、メインキャストが公開。さらにバトルホッパーの実機が披露されました。

 こちらの情報は、11月21日に配信された“仮面ライダーBLACK SUNキャラクターデザイン発表特別番組”で発表されたものです。

  • ▲『仮面ライダーBLACK SUN』ティザービジュアル

■仮面ライダーBLACK SUNキャラクターデザイン発表特別番組

西島秀俊&中村倫也のダブル主演!

 本作では、仮面ライダーBLACK SUNを西島秀俊さん、仮面ライダーSHADOWMOONを中村倫也さんが演じることが決定。

 どちらも『仮面ライダー』作品初出演となります。

  • ▲左:西島秀俊さん(仮面ライダーBLACK SUN/南光太郎役)、右:中村倫也さん(仮面ライダーSHADOWMOON/秋月信彦役)

南光太郎

 日蝕の日に生まれ、怪人たちの頂点である“創世王”の候補となるべく改造された。怪人と人間との狭間で揺れ動く、優しさを胸に抱いた哀しき宿命の戦士。変身することで仮面ライダーBLACK SUNとなる。

<西島秀俊さんからのコメント>
「白石監督なのできっと深い深い社会派の人間ドラマになると思います。大人の皆さんが楽しめる、さらに子供たちが心の中に仮面ライダーを持って生きられる、そんな作品にします! 全力で、命がけでチャレンジしたいと思っています」

秋月信彦

 光太郎と同じ日、同じ時に生まれたもう一人の“創世王”候補。親友として光太郎と共に育った、高潔な心の持ち主。だが、やがてその思想によって光太郎と対立する。変身することで仮面ライダーSHADOWMOONとなる。

<中村倫也さんからのコメント>
「白石監督らしく、しっかり人と人の物語や歴史、カタルシス、さらに仮面ライダーの持つかっこよさや、ブラックの持つ痛みなど、たくさん味わえる作品になる予感がしています」

バトルホッパーの実機が公開!

 配信では、ブラックサンの愛機・バトルホッパーの実機も披露されました。

 こちらは東京都練馬区のバイクショップ“Cherry’s Company”がカスタムしたもの。公開されたのは制作中のものですが、完成した実機は12月5日開催予定の“Yokohama Hot Rod Custom Show 2021”のCherry’s Companyのブースで見られるとのことです。

※画像は公式サイトのものです。
©石森プロ・ADK EM・東映

関連する記事一覧はこちら