攻撃が当たらない…そんなソルジャーに向けたテクニック講座【FF7FS日記#07】

Ak
公開日時

 スクウェア・エニックスのスマートフォン向けバトルロワイヤルゲーム『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER(ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー)』のプレイ日記をお届けしていきます。

 どうも、ライターのAkです。

 今回は、近距離攻撃や射撃を当てられない! という人が覚えておきたいポイントについて解説していきます。

近距離攻撃はロックオンが大事!

 近距離攻撃は、攻撃時にやや移動するので密着時は攻撃を外してしまうことも。

 確実に攻撃を当てたい場合は、上記の写真のようにロックオンカーソルが表示されてから近接攻撃を繰り出すといいでしょう。

 ロックオンカーソルは一定の距離で表示されますが、スタイルごとに表示される距離が異なる点には要注意。

 また、遠距離武器をかまえている状態ではロックオンカーソルは表示されないので、近距離戦を仕掛けるときは近距離武器に切り替えましょう。

 ウォリアーはロックオンカーソルが表示される距離が長いため、多少はなれていても近距離攻撃を当てられます。

 スタイル特性のおかげで距離をつめる際にバリアを生成できるので、強引な攻めが可能に!

 なお、ニンジャの場合は3段目の近接攻撃が範囲攻撃になるため、ロックオンなしでも比較的攻撃を当てやすいです。密着した敵を攻撃しにくいものの、前方にリーチが長いのも利点。

 1~2段目の攻撃を外しても、3段目の攻撃で位置調整すれば攻撃を当てやすいでしょう。

遠距離攻撃は敵の移動を先読みして撃つ!

 高所などから敵を狙撃するケースを除けば、遠距離武器はスコープをのぞかすに“腰撃ち”で使うのが基本。

 敵の行動を先読みしながら、頭の高さにカーソルを合わせておくと、ヘッドショットを狙いやすくなります。

 ただしマシンガンなど反動の激しい武器は反動で照準が上へずれるので、射撃に自身がない場合は胸あたりを狙っておくのが無難でしょう。

 スコープをのぞき込んでの遠距離射撃は、基本的にスナイパーライフルで行うこと。

 高所をとった上で十分に周囲を警戒しながら、敵の動きを観察して宝箱を調べているときなどを狙うといいでしょう。

 ちなみに、自動射撃モードを理想していて、遠距離からの狙撃を多用する場合は、設定で自動射撃有効選択を切り替えておくのもオススメです。

 とくにモンスターに自動射撃しなくなることで、狙撃位置がバレにくくなる点が大きいです。

 スタイルや戦況にあわせて、的確に攻撃を当てていくのが勝利への近道! 近距離攻撃やエイムを練習して、勝利を目指しましょう。


© 1997, 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by Ateam Entertainment Inc.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA

関連する記事一覧はこちら