ラジオ会館に人工衛星が…って、『アリスギア』の『シュタゲ』コラボが熱い! 伏線回収すごそうでわくわく

ophion
公開日時

 『アリス・ギア・アイギス』で開催中の『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』とのコラボイベント“共鳴時空のエンタングルメント”のプレイレポートをお届けします。

 今ならログインするだけで星3“牧瀬 紅莉栖(CV:今井 麻美)”、“阿万音 鈴羽(CV:田村ゆかり)”がもらえるほか、スカウトには星4の紅莉栖や鈴羽が登場。また、コラボコスチュームやコラボアクセサリーが手に入る“うーぱガチャ”も実施中です。

タイムマシンでまさかの未来へ!?

 イベントストーリーの始まりは『シュタゲ』でおなじみの秋葉原。

 牧瀬紅莉栖、阿万音鈴羽、椎名まゆりの3人がラジオ会館にタイムマシンで到着したことから始まります。

●動画:【アリスギア】『STEINS;GATE』×『アリス・ギア・アイギス』コラボイベント「共鳴時空のエンタングルメント」PV

 しかし、彼女たちの本来の目的地は2010年の(出発時刻から数時間前の)秋葉原だったのですが、『アリス・ギア・アイギス』の世界は西暦でいうと2400年以降。しかも、ここは正確には秋葉原ではありません。

 というのも『アリス・ギア・アイギス』の世界では“ヴァイス”という敵が地球を襲撃したために人類は宇宙に飛び出しています。ざっくり書くと人類は宇宙船のなかで暮らしており、それぞれの宇宙船の中には我々がよく知る世界が再現されているといった状態です。

 過去ではなく未来にタイムスリップしたうえに、たどり着いた場所も秋葉原ではない。さらに『アリス・ギア・アイギス』の世界ではタイムマシンが発明されたことがないので世界線さえ違います。

 そんな異常事態の最中、隊長(プレイヤー)の端末に連絡が。

 声の主は2010年に残っていた岡部倫太郎。ラボメンの窮地に焦り気味でありながら、まだ“鳳凰院凶真でいられる”だけの余裕はある。

 そんな岡部に状況を告げるとどこまでが推測で、どこからが妄想かわからない持論を展開。紅莉栖たちのタイムスリップには“敵”の存在がかかわっていると結論付けます。

 岡部が語るだけなら妄想で終わる話ですが、ラジオ会館で未知のヴァイスを見たこともあって岡部の推論は信憑性のある話に。

 厨二病のような突拍子もない発想で真実に近づく、理解されない天才っぷりはコラボでも変わらず。岡部らしさにあふれています。

 そして、世界線の異なる未来から紅莉栖たちを救うため、一行は未知のヴァイスを倒すことに。

 作戦名は──オペレーション『魔狼捕獲の足枷(グレイプニル)』!!

 厨二病乙! なネーミングですが、痛々しい作戦名を岡部が宣言すると物語が動き出した感がしてワクワクさせてくれます。

 この記事を書いている11月27日現在は、まだすべてのストーリーが解禁されていないので、物語についてはここまで。

 ヴァイスを倒して一件落着となるのか、それとも新たな障害が発生するのか。毎日15時のイベント更新を楽しみにしています。

3Dモデルによる“そこに来ている”感がいい

 そして『アリス・ギア・アイギス』のコラボイベントでは、中核となるコラボキャラクター(今回の場合は紅莉栖、鈴羽、まゆりの3名)に3Dモデルが用意されるのも大きな魅力。

 3Dモデルが用意されているため、ゲーム全体の拠点となる成子坂製作所にも姿を見せます。

 タイトルによってはコラボイベントがゲーム本来の世界とは切り分けられたものになることも多いなか、プレイヤーが何度も目にする場所にコラボキャラクターが登場するのは嬉しいですね。

 しかも、まゆりが腰掛けるソファにう~ぱのぬいぐるみが置かれるなど、小物にもこだわっている印象です。

  • ▲まゆしぃのバナナ。
  • ▲イベントで手に入るアイテムを使って引くガチャにも専用の背景と演出が用意されています。

 また、プレイアブルキャラクターである紅莉栖と鈴羽にはキャラクター別のエピソードも用意。

 過去から見た未来や未来から見た過去を中心にしたエピソードは、『シュタゲ』本編と合致する点もあって『シュタゲ』のifの世界のように感じられます。

 とくに『シュタゲ』では未来人である鈴羽が、さらに未来の『アリス・ギア・アイギス』の世界に戸惑うさまは新鮮でしたね。

 これらのエピソードも3Dモデルとセリフで展開されるので、立ち絵のみよりもコラボキャラクターが『アリス・ギア・アイギス』の世界に溶け込んでいるように感じられました。

  • ▲ヴァイスと戦うためのスーツをまとう紅莉栖たちの姿も見られます。
  • ▲2030年代の岡部がなにをしているかを無邪気に聞くシーンも。そのナイショは……重い。

 物語のワクワク感と、3Dモデルで描かれる紅莉栖たち。『シュタゲ』が好きなら、試しに『アリス・ギア・アイギス』を始めてみる価値のあるイベントになっていると思いますよ。

初心者でもコラボイベントを楽しめる!

 さて、コラボと言えば気になるのはコラボ目当てでいちから始めても楽しめるのかという点。

 実は、今回のコラボイベントのためにコラボ開催数日前から『アリス・ギア・アイギス』を始めたのですが率直な感想としては、プレイ初日でもイベントは楽しめそう、1日育成を行えば確実に楽しめるといった具合です。

 まず、本作ではチュートリアルのスカウトで確実に最高レアリティの★4アクトレス(キャラクター)が1人入手可能。それに加えてコラボ期間中は、★3の紅莉栖と鈴羽をログインするだけで手に入れることができます。

 本作は3人で編成を組むゲームなので、最低限の戦力は遊び始めた直後に整います。ここまでが確実にプレイ初日に達成できるライン。

 ただ、戦力の増強にはアクトレスだけでなくギアという装備も必要。プレイ開始直後のギアはどうしても性能がいまひとつです。

 ギアは主にバトルの報酬で入手することになるのですが、メインストーリーを進めていくだけでそこそこ強力なギアが入手可能。運がよければストーリーを進めるなかでトップクラスの性能を持つ紅莉栖や鈴羽専用のギアが手に入ることもあります。

 これらのアクトレスとギアをそれなりに強化すればイベントを楽しむのには十分過ぎるほど。実際、自分も『シュタゲ』コラボ直前に開催されていたイベントを1日の育成で全ステージクリアできました。

 これから『アリス・ギア・アイギス』を遊ぶ方も、もし行き詰まるようなら育成を進めてみるとよいでしょう。


©Pyramid,Inc. / COLOPL,Inc.
©MAGES./Nitroplus

アリス・ギア・アイギス

  • メーカー: コロプラ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: STG
  • 配信日: 2018年1月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

アリス・ギア・アイギス

  • メーカー: コロプラ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: STG
  • 配信日: 2018年1月22日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

【PC動作環境】

  • OS:Windows10(64bit)
  • メモリ:4GB以上
  • グラフィックス:Intel(R) HD Graphics 5500以上、ディスプレイ解像度1280×720以上

関連する記事一覧はこちら