『うたわれるもの 二人の白皇』がついにアニメ化! 2022年は『うたわれ』のアニメ一色の年に!!

編集O
公開日時

 来年2022年4月26日に20周年を迎えるアクアプラスの人気AVG+S・RPG『うたわれるもの』シリーズ。11月24日に生配信された、“先駆け御免!! うたわれるもの20周年特別生放送”での発表情報をお届けするこの企画では、2022年7月スタート予定の『うたわれるもの 二人の白皇』のアニメ情報をお伝えします。

⇒『うたわれるもの ロストフラグ』の記事はコチラ
⇒『モノクロームメビウス 刻ノ代贖』の記事はコチラ

ファンが待ち続けた『二人の白皇』のTVアニメが2022年7月放送開始!

 2015年の『うたわれるもの』シリーズの2作目『偽りの仮面』のアニメ放送から約6年、ついにシリーズ最終章となる『二人の白皇』のTVアニメが放送決定しました。生放送ではいち早くティザーPVが公開され、オシュトルとして生きることを決めたハクの想いを言葉に載せた映像を見ることができます。

【イントロダクション】

「頼んだぜ、アンちゃん。」
帝の崩御から始まったヤマトの動乱。
ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。
彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した。
その別れ際、友であるハクにアンジュとネコネの未来を託す。

オシュトルから仮面と意思を託されたハクは、ハクとしての人生を捨て、唯一事実を知るネコネを除いた皆に正体を偽り、仮面とともにオシュトルとして生きることを選んだ。

そしてエンナカムイに逃れ、回復の兆しを見せたアンジュは、父である帝が残した皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。

一方、ヤマトでは混乱に乗じて、八柱将であるライコウが偽の皇女を擁立し、国を掌握しようとしていた。
やがてヤマト軍の侵攻は、本物の皇女を排除すべくエンナカムイへも及び……。

ヤマト全土を巻き込む戦乱が、幕を開ける。

『うたわれるもの』シリーズ最終章。
すべての謎が、今解き明かされる。

オシュトル(ハク):利根健太朗


クオン:種田梨沙


アンジュ:赤﨑千夏


ネコネ:水瀬いのり


【スタッフ】
監督:川村賢一
シリーズ構成:横山いつき
キャラクターデザイン/総作画監督:中田正彦
音楽:アクアプラス
アニメーション制作:WHITE FOX

 なお、TVアニメの放送開始時期公開に合わせて、『うたわれるもの』シリーズでキャラクターデザインを務める甘露樹氏・みつみ美里氏描き下ろしのティザービジュアルが公開されました。『うたわれるもの 偽りの仮面』で壮絶な闘いを繰り広げたオシュトルの仮面<アクルカ>と、意志を引き継いだハクたちの姿に注目です。







2022年1月からはじまる『偽りの仮面』の再放送でハクたちの軌跡を振り返り!

 そして『二人の白皇』の放送前には、『偽りの仮面』の再放送も決定しました。全25話にわたる長編で、ハクたちの戦いが描かれています。最終章の放送に備えて、予習&復習のためにもチェックしておきましょう!




  • ▲アニメのオープニングテーマを歌うのはもちろんSuaraさん。「不安定な神様」(一期)、「天かける星」(二期)は聴く者の心を揺さぶる名曲ですよ!

『うたわれるもの 偽りの仮面』再放送
TOKYO MX:2022年1月8日より毎週土曜25:00~
BS11:2022年1月8日より毎週土曜25:00~

(C)うたわれるもの偽りの仮面製作委員会
(C)うたわれるもの二人の白皇製作委員会

関連する記事一覧はこちら