録画時間を倍増して復活したネットワークレコーダー『nasne』【電撃ベストバイ2021】

後藤宏
公開日時

 電撃独自の視点で選出した“買って損なし”な逸品を紹介する特別企画“冬の電撃ベストバイ2021”。今回は年末年始にあると便利なこちらの商品!

 12月に入り、2021年も残りわずかとなりました。年末年始を迎えますが、この時期はアニメやドラマの一挙放送や恒例の特番など、観たい番組が目白押しです。そこで充実させておきたいのテレビの録画&視聴環境。今回は、PS4やPS5をはじめ、パソコンやスマホからも操作が可能なネットワークレコーダー『nasne』を紹介します。

帰省先からでも手軽に録画番組を視聴

 『nasne』とは、ソニー・コンピュータエンタテインメント社から2012年に発売されたPS3やPS Vitaなどに対応したテレビ録画・視聴用のネットワークレコーダー。録画・視聴用アプリの軽快な動作と設定の簡単さが特長で、コアなアニメファンを中心に人気でしたが、2019年に販売終了になっていました。

 その『nasne』が、バッファロー社から復活。見た目は同じながら、スペックが強化され、帰ってきました。

  • ▲PS3を小型にしたような独特のデザインはそのままに、録画データを保存する内蔵HDDの容量が増量された新モデル『nasne NS-N100』。従来モデル以上に、たっぷり録画できるようになりました。

 『nasne』の魅力は、なんと言っても、その軽快な操作性です。視聴中の早送りや早戻し、チャプターの移動など、読み込みの待ち時間がなく、すぐにシーンが再生され、録画番組をストレスなく視聴できます。

 また、PlayStationに限らず、さまざまな機器から操作できるのも便利なポイントです。『nasne NS-N100』では、PS4やPS5のほか、Android、iOS、Windowsにも対応(Android、iOS、Windowsのアプリは有料)。家庭内ネットワーク(LAN)経由で視聴できるのはもちろん、外出先からのリモート視聴も可能です。帰省や旅行などでお出掛けしていても、移動中に気になる番組をチェックすることができます。

  • ▲11月24日には、PlayStation 5用のテレビ録画・視聴アプリ『torne』がリリース。従来に比べ、より多くの番組情報が表示できるなど、使いやすさに磨きがかかっています。
  • ▲PS5向けの周辺機器『メディアリモコン』での操作にも対応。テレビ用のリモコンのように手軽に操作できるのが便利です。
  • ▲Android、iOS用のアプリ『torne mobile』。アプリのインストールは無料ですが、視聴再生機能と書き出し機能は、有料のプラグインとして提供されています。

バッファローならではの強化が施された新モデル

 バッファローは、外付けHDDのラインナップを多数取り揃えているメーカーでもあり『nasne NS-N100』にも、その特長が受け継がれています。従来モデルでは、内蔵HDDが最大で1TBでしたが、本製品では2TBに内蔵HDDを増量。さらにUSB接続の外付けHDDは6TBのモデルに対応しました(従来モデルは2TBまで)。とにかく、録って、録って、録りまくれます。


  • ▲容量が増大すると心配になるのは、HDDが故障した場合ですが……。本製品では、内蔵HDDや外付けHDDを監視・診断する“みまもり合図 for nasne”を備えており、故障を予測して本体前面のランプで知らせてくれます。

 なお、スマホで視聴する際の画質が向上しているのも『nasne NS-N100』の強化ポイントです。従来モデルでは、スマホで視聴する場合は480p(SD画質)でしたが、本製品では720p(HD画質)にアップ。きめ細かい映像で視聴できるようになりました。特に、タブレットなど、液晶のサイズが大きい端末では、画質違いが一目瞭然です。

 観るのにも、録るのにも便利な『nasne NS-N100』。気になっている年末年始の特番が多い人はもちろん、長めのお出掛けを予定している人にもオススメしたい逸品です。

関連する記事一覧はこちら