『池袋ウエストゲートパーク』TVアニメ化。制作は動画工房

電撃オンライン
公開日時

 原作累計420万部を突破し、TVドラマ化・舞台化など数々のメディアミックスを遂げた石田衣良さんによる小説『池袋ウエストゲートパーク』が2020年TVアニメ化されることが決定しました。

 東京の池袋西口公園、通称“池袋ウエストゲートパーク”近くにある果物屋の息子・真島誠(マコト)は、依頼された難事件を次々と解決する“池袋のトラブルシューター”。

 友人やストリートギャングなどと協力しながら、マコトが社会の暗部と立ち向かう姿を描く人気ミステリーシリーズです。

 アニメーション制作は『NEW GAME!』や『刀剣乱舞-花丸-』など、作画の美しさで定評のある動画工房が手掛けます。

石田衣良さんからのコメント

 リアルでカッコいい池袋を! 子どものころから、ぼくは数々の傑作アニメを観て育ってきました。

 今回『池袋ウエストゲートパーク』のTVアニメ化が決定して、今からオンエアが楽しみでなりません。

 TVドラマや舞台化もされた、このシリーズがアニメではどんな世界として創作されるのか。

 通常は扱われることのない社会的事件を、どう鋭くアニメで描き切れるのか。日本アニメの底力に期待しています。

(C)石田衣良/文藝春秋/IWGP製作委員会