『スペースチャンネル5』などセガのゲーム音源が“Evoke Music”にて配信開始

電撃オンライン
公開日時

 セガは、Amadeus Codeの運営する音楽配信プラットフォーム“Evoke Music(イヴォークミュージック)”にて、自社ゲーム音源の配信を開始しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

第1弾として『スペチャン5』『きみしね』『あかどこ』の効果音を配信

 「Evoke Music」は動画クリエイター向け音楽配信プラットフォームで、企業やクリエイターが保有する音声コンテンツや、AIが自動生成したオリジナル音声コンテンツ約6万件を提供しています。

 月額使用料を支払えば、好きなだけデータを取得して動画内で使用できるサブスクリプションモデルでサービス提供されており、145カ国、約12万人が利用しています(2021年11月現在)。

 セガからは第1弾として独特の世界観と、それを彩るサウンドで人気を博した『スペースチャンネル5』『きみのためなら死ねる』『赤ちゃんはどこからくるの?』の効果音(ショートジングルやキャラクターボイス)を配信いたします。

 ゲーム効果音は、プレイヤーの操作に応えて鳴ることでゲームプレイをサポートすることはもちろん、爽快感や手触り感などを演出してプレイ体験の向上に大きく寄与するゲーム特有の要素です。

 プロフェッショナル・アマチュアを問わず数多くのクリエイターが動画制作に取り組む中、今回、提供を開始します効果音が付加価値の高い作品作りの一助となることを期待しています。

 セガでは自社の保有するIP資産の幅広い活用を進めており、この度の取り組みが旧作IP関連資産の用途、収益機会の拡大につながること、また、ゲームファン以外の方々にも自社IP関連資産に触れていただける環境が整うことによる企業ブランド価値の向上を見込んでいます。

【取り組み概要】
・配信開始:2021年12月6日(月)
・配信音源
『スペースチャンネル5』
『きみのためなら死ねる』
『赤ちゃんはどこからくるの?』
・月額利用料
パーソナルプラン 1,050円
ビジネスプラン 4,095円

Amadeus Codeについて

 2019年に特許技術である自動作曲AIを生み出し、音楽制作に革命を起こしました。現在「Amadeus Code」と「Evoke Music」の二つの音楽生成プラットフォームを運営しています。

 「Amadeus Code」は、ミュージシャンやアーティストの創作活動を支援するための、AIが作曲した著作権フリーのオーディオライブラリを提供しています(iOS アプリとPC版で提供中)。

 動画クリエイター向けの「Evoke Music」は、検索語で必要な音源を見つけて音楽を生成することができるプラットフォームです。

 これらの革新的な音楽生成プラットフォームは、音楽クリエイター、動画クリエイターにサプライズな体験を提供するとともに、彼らの創造の可能性を無限に拡げています。

 Amadeus Codeの社員は、世界で最もクリエイターを支援する製品を創り出すこと、そして誰もが輝けるより人間的な未来の実現を音楽で加速することに邁進しています。

©SEGA

関連する記事一覧はこちら