いびきを検出し、睡眠の詳細をモニタリングするスマートウォッチ『OPPO Watch Free』が快適過ぎた

澤田真一
公開日時

 OPPOの新型スマートウォッチ『OPPO Watch Free』が、12月10日から発売を開始しました。

 これは睡眠モニタリング機能を備えた製品で、心拍数やレム睡眠、血中酸素レベル、そしていびきを検出します。大きないびきは周囲の人のみならず、本人の眠りにも悪影響を与えてしまいます。『OPPO Watch Free』はそれを測定し、理想的な睡眠が取れているかを判断します。

 今回は筆者の手元に届いた製品を試してみたいと思います。

よりユニセックスなデザインに

 1.64インチの長方形ディスプレイを持つ『OPPO Watch Free』。見た目は非常にスタイリッシュで、スポーティな印象を受けます。

 4月に筆者がレビュー記事を書いた『OPPO Band Style』は、もっと細身のスマートウォッチでした。この時、筆者は文中に「実際に『OPPO Band Style』を装着してみると、デザイン面では賛否両論起こるかも……というのが正直な感想です」と書きましたが、それはこの製品が華奢な印象のデザインだから。しかし此度発売される『OPPO Watch Free』は、それよりも骨太のデザイン設計に仕上がっています。よりユニセックスな印象になっている、と書いて間違いはないでしょう。

 次に、機能を見てみましょう。『OPPO Band Style』にあった運動モニタリングや睡眠モニタリングは『OPPO Watch Free』にも引き継がれていますが、何と接続先のスマホのマイクを使って睡眠中のいびきを検出する機能が追加されています。

 いびきというものは、自分ではなかなか聞き取れないものです。しかし同時に、いびきは深い睡眠を阻害するものでもあります。『OPPO Watch Free』でいびきを治療できる……というわけではありませんが、改善に向けたデータを取得することは可能です。

運動の種類を自動検出

 さらに、予め就寝時間を設定することで夜更かし防止リマインダーを起動させることもできます。『OPPO Watch Free』は日々の睡眠管理に特化したスマートウォッチ、と表現するべきでしょうか。

 だからこそ、この製品自体が極めて軽量になっています。重量は僅か約33g。これを装着したまま寝ていたとしても、睡眠の邪魔にはならないでしょう。

 運動モニタリング機能も、非常に使いやすい設計になっています。100種類を越えるワークアウトに対応する他、ランニング、ウォーキング、ローイングマシン、エリプティカルの4種類の有酸素運動を自動で検出してくれます。試しにフィットネスクラブでローイングマシン(ボートを漕ぐような運動)をやってみたら、本当にその動作を“ローイングマシン”として認識してくれました。これはすごい!

1万円以下で購入できる!

 『OPPO Watch Free』は5気圧防水も備えているため、シャワーを浴びる程度であればビクともしません。水深が浅ければウォータースポーツもできます。

 満充電までの時間は最長約75分、そして一度満充電にすると最長14日間の使用が可能です。スマートウォッチの中には2、3日程度でスタミナ切れを起こしてしまう製品もありますから、『OPPO Watch Free』の14日というのは相当な持久力と言えます。

 もちろん、スマホの音楽コントロールやリモート撮影も『OPPO Watch Free』なら可能です。スマートウォッチとしての基本的機能は全て備わっています。メーカー希望小売価格は9,980円ですが、普段使いのスマートウォッチであればこのくらいの価格帯がちょうどいいのでは、と筆者は感じました。

 ちなみに、『OPPO Band Style』のメーカー希望小売価格は4,480円でした。こちらは『OPPO Watch Free』の半値ではありますが、その分だけ機能・サイズ共に制限されているという感じが否めません。より本格的なスポーツを習慣にしている人や、細かい睡眠モニタリングを望んでいる人は『OPPO Watch Free』が最適です。

 ここで注意点。『OPPO Watch Free』は健康管理アプリ『HeyTap Health』と連動する製品ですが、いびきモニタリング機能とライトペイント機能、「スマホを探す」機能はiOS非対応となっています。

 『OPPO Watch Free』はAmazon、楽天市場、PayPayモールで順次販売を行います。

関連する記事一覧はこちら