2021年末の『SAO アリブレ』をレビュー。ムーン・クレイドル編&プログレッシブ編の満足度は?【電撃冬アニメ×ゲーム】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 iOS/Android用アプリ『ソードアート・オンライン アンリーシュ・ブレイディング』。元々は『ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング』として知られていた本作ですが、10月30日にゲームタイトルが更新(※知略称はそのまま『アリブレ』)され、その後大幅なアップデートが行われました。

 今回は、そのアップデートを含めて追加された要素をご紹介しつつ、リニューアルした『アリブレ』を改めてプレイした感想をお伝えしていきます。

 ……と、本格的にレビューに入ってしまう前にひとつ告知を。電撃オンラインではこの冬おすすめしたいアニメに関連するゲームを特集する“冬だ! アニメだ! ゲームも遊ぼう(電撃冬アニメ×ゲーム)”を展開中。この記事もその企画の一環として、Twitterでのプレゼントキャンペーンを実施中ですので、ぜひご参加ください。

ムーン・クレイドル編&プログレッシブ編が追加!

 本作で楽しめるストーリーは大きく分けて3つ。これまで遊べた《アリシゼーション》編に加えて、アンダーワールドのその後の世界を描く《ムーン・クレイドル》編。そして、デスゲームと化したVRMMORPG《ソードアート・オンライン》での戦いを最初から描いていく《プログレッシブ》編が追加されました。

 さらに『アリブレ』は2021年11月20日で2周年。これも合わせた記念として新オープニングアニメが実装! お馴染みのキャラクターをはじめ、新たに登場するキャラクターも入り混じった迫力満点の映像になっています!

アンダーワールドのその後を描く《ムーン・クレイドル》編

 《ムーン・クレイドル》編は、アンダーワールドに残り200年を過ごすことになったキリトとアスナの物語。2人は整合騎士や暗黒騎士と協力して、アンダーワールドの平和を築いていきます。

 《アリシゼーション》編の最後には、200年の時を経て《星王》と呼ばれるようになったキリトも登場しています。シリーズファンであれば必ず気になるであろう、その間の物語。電撃文庫の小説でもそのエピソードを楽しむことはできますが、原作未読の方は、まず『アリブレ』で読んでみて雰囲気を確かめてみるのもアリですね。

 加えて『アリブレ』では《ムーン・クレイドル》編のオリジナルアニメを実装しています。知らない方のために説明すると、このアニメはTVアニメを手掛けたA-1 Picturesが手掛けたもの! TVアニメとまったく遜色のないクオリティのアニメがアプリで楽しめる……。いい時代になったものです。

 さらに『アリブレ』では、小説の《ムーン・クレイドル》編では描かれなかった、さらにその後の物語までオリジナルストーリーで描く予定とのこと。原作を読破したという方も、ゲームをプレイする価値がありますね!

  • ▲『アリブレ』で登場した新キャラクター・整合騎士イーディスももちろん登場します!

『SAO』の原点――それが《プログレッシブ》編

 《プログレッシブ》編は、『SAO』の始まりの物語である《アインクラッド》での物語をリビルドしつつ、これまで描かれてこなかった部分を深掘りしていくというものです。

 映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』が公開され、ご覧になった方も多いタイミングでしょうし、あわせてゲームでのストーリーも楽しめたら最高ですよね。映画はアスナ視点で描かれていましたが、ゲームではキリト視点で楽しめます。2つの視点で描かれることで物語的な深みが増しています。

 また、ネタバレになるのであまり深くは言いませんが、映画で初登場したキャラクター・ミトについてもわかるエピソードも入っていて、《プログレッシブ》編がよりおもしろくなること間違いなしといった作りになっています。

 ちなみに本作では、《アリシゼーション》編の途中などで《アインクラッド》編や《フェアリィ・ダンス》編、《ファントム・バレット》編の主要シーンの振り返りがあります。つまり『アリブレ』は、これまでの物語から、まだ映像化されていない物語まで、『SAO』コンテンツの中でもトップクラスの幅広さでストーリーを描いているゲームと言えるのです。

 もちろん、すでに実装されている《アリシゼーション》編も引き続きプレイ可能。ゲーム全体のボリュームは各段に上昇しています。より広く、そしてより深く『SAO』の世界にどっぷり浸かれるゲームになりました。

 動くキャラクターたちを見ながらストーリーを楽しめるのは『アリブレ』の大きな魅力の1つ。気軽に物語を読み進められので、原作で読める先のストーリーは気になるが、活字は苦手……という人にもオススメしたいです。

 個人的に気になるのは、《ムーン・クレイドル》編の展開。原作でも描かれていない部分がどうやって展開していくのか、メチャメチャ気になります。

  • ▲アーカイブの項目がまとめられており、思い出のシーンを簡単に振り替えれるように。これも嬉しい!

バトルシステムに追加要素

 2周年のアップデートでは、バトルシステムに新要素が追加されました。

 他にも、リリース当時から実装されているキャラクターにも新たな育成要素が追加され、大幅に強化することが可能に。昔のキャラクターを持っている&スカウトで強力な新キャラクターを迎えられるという、新規勢にも復帰勢にも嬉しいアップデートとなっています。

既存キャラが大幅強化!

 リリース序盤から登場しているキャラクターに“EXスロット”が実装。限界突破を4回行い最大レベルまで強化したキャラクターをさらに強くできます。

 これにより、リリース当時から仲間にいるキャラクターが、再び最前線で戦うことができるように。現時点(2021年12月末)では、EXスロットが解放されているのはまだ一部のキャラクターのみですが、対応キャラクターは今後増えていく予定とのことなので、期待しておきましょう。

 また、戦闘で新たなスキルがお目見えしていますよ。ここでは心意連携、チャージスタック、ブレイクスタック、バリアについて見ていきたいと思います。

心意連携

 心意を200%消費することで発動できる攻撃“心意連携”が追加。対応スキルを持つキャラクターのスロットを解放することで発動可能になります。

 従来の100%の心意攻撃はそのまま使えますが、こちらはさらに一撃の威力を高めたい場合に有効な攻撃です。

 連携攻撃なので、2人のキャラクターが同時に攻撃する演出もこのスキルの注目ポイントの1つ。攻撃力で手助けするだけでなく、演出でバトルを盛り上げる攻撃にもなっています!

チャージスタック

 溜めた心意を好きなタイミングでチャージして発動できる攻撃が追加されました。HPの下に表示されるゲージが最大まで溜まると発動可能になります。

 狙ってチャージスキルを連発していれば、すぐに心意ゲージを100にすることが可能という強力なスキル。ただし、使えるのは1回のバトルにつき各キャラター1回まで。使いどころ、肝心ですよ。

ブレイクスタック

 ガードブレイク後の耐性ダウン中に追撃すると大ダメージを与えられるスキルです。

 心意チャージ中の敵にブレイクスキルを使用すると、ブレイクスタックLvが上昇。その状態でさらに敵をブレイクすると、ガードブレイクが発生して大ダメージを与えられるようになります。

 簡単に言えば、有利な状況をさらに有利にするスキルが登場したということ。ダメージを与えてもなかなか倒しきれない強敵への対抗手段がさらに増えました。

バリア

 HEALスキルにも能力が追加。キャラクターごとに解放して獲得したバリアの効果が追加付与されるようになりました。

 バリアの登場により、これまでも便利だったHEALスキル持ちのキャラクターがさらに活躍できます。今後もバリアの効果は種類が追加されるとのことで、キャラクターによってさまざまな戦法が生まれそうです。

  • ▲バトル中のステータスアイコンも調整。発動しているスキルが見やすくなっています。

 『アリブレ』のおもしろさの1つは、とんでもない強敵に工夫を凝らして立ち向かっていくチャレンジングなバトルにあると思っています。各種イベントの高レベル帯のボスはもちろん、ストーリーバトルの敵も後半になればかなり強力で、進める際に苦労したことはよく覚えています……。 

 こうして新たな能力を追加することで、より強力な敵に立ち向かえるようになることは、やり込みたい人にとっては嬉しいアップデートです。最近ゲームを始めた人も、新スキルを扱えるキャラを獲得できれば、グッと戦闘がおもしろくなるでしょう!

サブスク機能でより遊びやすく!

 また、今後追加されるコンテンツとして、月額課金によるサブスク機能“ザ・シード・ライセンス”が発表されました。ダイヤ・キューブの配布、デイリークエストやAPの上限解放など、月々の定額課金でプレイが快適に進められるようになります。

 さらに、こちらのサブスク機能は初月無料のサービス付き。まずは一度お試しができるのは嬉しいところです。

 遊び方として良さそうな方法は、このサブスクを購入しつつ、もらえるダイヤ・キューブに手持ちを加えて、プレミアムパスを購入する組み合わせでしょうか? まずは様子見で始めてみて、感触がよければ購入も視野に入れてみたいところです! プレミアムパスも少し前から星4防具を入手でき、しかも限凸できるようになっているのはうれしいところ。

 さらに、PvE新コンテンツの実装も予定されているとのことで、さらに遊びの幅が広がりそうです。


  • ▲現在は2周年記念で続々と新キャラクターが登場中。は久しぶりにログインするという方も、溜まっていたチケットやダイヤ・キューブでスカウトすれば良いこともあるかも……?

 筆者もそこまでガチプレイをしているユーザーではないのですが、こうして改めてレビューでまとめてみると、ストーリーやバトルなどで進化しているな~と感じる要素が満載。ストーリーなども「続きが気になる!」「おもしろい!」と思わせてくれる作り込みを感じますね。

 12月は2周年キャンペーンも開催されていますし、年末年始にはさまざまなキャンペーンも控えていることでしょう。さらにその後は、先日発表された『アイドルマスター ミリオンライブ!』とのコラボもあります!!

 リニューアルからの怒涛のアップデートを見れば、今後も『アリブレ』は我々を楽しませてくれるのは間違いありません。劇場アニメを見て『SAO』の熱が再燃した方は、ぜひ年末年始の時間を『アリブレ』で過ごしてみてはいかがでしょうか?


アマギフコードが当たる! 電撃冬アニメ×ゲーム特集を展開中!

 2022年1月31日(月)23:59までに、電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしたうえで、キャンペーン対象となる“#電撃冬アニメゲーム”のハッシュタグが付いた記事をRTしてくれた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5,000円分をプレゼントいたします!

 対象ハッシュタグが付いた記事は順次公開され、キャンペーン対象となるツイートについては別記事にまとめております。当選者に対しては2月中にTwitterのDMで当選連絡を行い、Amazonギフト券のコード送付を行います。注意事項はこのページの下部を参照ください。

【Twitterキャンペーン注意事項】

※あらかじめご了承のうえでご応募ください
・応募には、Twitterへの登録(無料)が必要です。
・電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしていることが参加条件となります。当選発表前にフォローを解除した場合、当選権はなくなりますので、ご了承ください。
・投稿に際し発生する通信料・通話料などは、お客様のご負担となります。
・投稿いただいた内容は、電撃オンラインなど、株式会社KADOKAWA Game Linkageの媒体で掲載させていただく場合があります。
・賞品の発送先は日本国内に限ります。
・当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
・当選通知日から1週間DMでの返信がなかった場合は当選無効となります。
・キャンペーンは、株式会社KADOKAWA Game Linkage(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
・Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
・応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。


©2020 川原礫/KADOKAWA/SAO-P Project
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連する記事一覧はこちら