『メガドラミニ』レビュー連載その1。『サンダーフォースIII』『スペースハリアーII』『ダライアス』

団長Go!!
公開日時

 9月19日に発売される『メガドライブミニ』に収録されているタイトルについてレビューしていきます。

 『メガドライブミニ』は、1988年に発売されたセガ・エンタープライゼス(現、セガゲームス)5番目の家庭用ゲーム機である、『メガドライブ』向けタイトルを40本以上内蔵したゲーム機。価格は6,980円+税。

 今回掲載するのは、『サンダーフォースIII』、『スペースハリアーII』、『ダライアス』という3タイトル。さまざまなライターがソフトの特徴や魅力を語っていきます。

 なお、掲載はタイトル名順になっています。

『サンダーフォースIII』 文:団長

 名作STGを数多く生み出したテクノソフトが開発し、1990年6月に登場した『サンダーフォース』シリーズの3作目。

 自機のスピード調整(4段階)が自由で、5種類のショットを切り替えながら進んでいく、横スクロールの超名作STGです。各武器の使いどころがしっかり用意されているため、最初は困難なステージでもこれらの場面を覚えていくことで乗り越えられるゲームバランスが素晴らしい!

 多重スクロールを用いた美麗のグラフィックと、多関節に動く迫力の巨大ボス、さらにゲームを盛り上げてくれるノリのいいBGMといった3大要素も、この『サンダーフォースIII』の魅力です。特にBGMは数多くあるメガドライブタイトルの中でも評価が高いので、ぜひとも音量を大きくしてプレイしていただきたい!

 ちなみに『メガドラミニ』には収録されていませんが、同社開発の『エレメンタルマスター』も超オススメです。

『スペースハリアーII』 文:Go!!

 かつて憧れだった、近所のゲームセンターの一角に鎮座していた『スペースハリアー』の筐体。でもそのお店は小さく、遊ぶと皆に見られて恥ずかしかったのです。しかも、勇気を振り絞って遊んだ初回で瞬時にゲームオーバーになり、それがトラウマで遊べなくなりました。

 そんななか、メガドライブ本体と同時発売された本作は、本体を買う動機としては十分。体感はできないものの、自分でもクリアできる適度な難易度とスピード感で、アーケードで遊びたくても遊べなかった当時の欲求を、存分に満たすことができたのです!

 そんな思い出もあり、個人的にはとても思い入れの強い作品になりました。ちなみに、本作が移植されたのはPS2版『セガエイジス2500シリーズ VOL.20 スペースハリアーII ~スペースハリアーコンプリートコレクション~』とそのアーカイブ版で、何度か出ています。ただ、どれも気軽に手に入れて遊ぶのは難しくなっていたので、今回のラインナップ化は素直にうれしいです。

『ダライアス』 文:団長

 “あの『ダライアス』が、もしもメガドライブに移植されたら?”というIF(イフ)を可能にした、“旧作だけど新作!”というファンも感極まるタイトルです。

 タイトーから1986年にアーケードゲームとして登場したSTGの金字塔。継ぎ目のない3画面、ボディソニック内臓ベンチシートを備えた大型筐体で、STGファンのハートをキャッチしていました。このメガドラミニ版は1画面なので視野はコンパクトにまとまっているものの、『ダライアス』のプレイ感はそのまま!

 一番の驚きはBGMや効果音の再現度です。メガドライブ特有のザラついた音源(個人の感想です)ではなく、まぎれもなくこれは『ダライアス』の音源! さらに原案段階でボツになったボスが各ステージに登場します。オプション設定でアーケード仕様にすることも可能です。

 全26体のボスと戦う“ボスラッシュモード”も用意されているので文句なし! 完全に再びハートキャッチされました!

(C)SEGA
(C)TAITO CORPORATION 1986, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.