『メガドラミニ』レビュー連載その4。『ガンスターヒーローズ』『ストIIダッシュプラス』『幽☆遊☆白書』

染谷 広人うま
公開日時

 9月19日に発売される『メガドライブミニ』に収録されているタイトルについてレビューしていきます。

 『メガドライブミニ』は、1988年に発売されたセガ・エンタープライゼス(現、セガゲームス)5番目の家庭用ゲーム機である、『メガドライブ』向けタイトルを40本以上内蔵したゲーム機。価格は6,980円+税。

 今回掲載するのは、『ガンスターヒーローズ』、『ストリートファイターIIダッシュプラス CHAMPION EDITION』、『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』という3タイトル。さまざまなライターがソフトの特徴や魅力を語っていきます。

 なお、掲載はタイトル名順になっています。

『ガンスターヒーローズ』 文:染谷広人

 記念すべきトレジャーの第1作で、横スクロールのアクションシューティングとしての完成度は最高峰。何度も移植やリメイクもされました。その魅力は“半端ないほどの作り込み”に尽きるでしょう。

 例えばステージについては、サイコロの出た目で進むスゴロク要塞や、宇宙船に乗って繰り広げるシューティングなど、それぞれ仕掛けや構成が異なります。また、中ボスを含め、非常に多くのボスが登場するのも本作の特徴で、ボスごとに攻略方法を見つけるのも楽しい! 特に全7形態に変形するボス“セブンフォース”は、当時の技術でよく作れたものだと、今見ても惚れ惚れしてしまいます。

 1人プレイでも十分楽しめるのですが、個人的には2人プレイを推奨。なぜかというと、2人プレイの時じゃないとできない攻略方法があるからです。敵に向かって味方を投げつけたらボスが瞬殺なんてことも! まあ、間違って味方を投げて下に落とすのはご愛嬌で。

『ストリートファイターIIダッシュプラス CHAMPION EDITION』 文:うま

 『ストII』シリーズが移植されるたびに、「家で対戦の練習ができる!」と喜び勇んで買いまくっていたあのころ。メガドライブで発売された本作は、その中でも特に楽しく遊んだ覚えがあります。

 何がすごいかって、タイトルが“ダッシュ”なのに、“EXCITE”モードで実質『ストIIダッシュターボ』も遊べてしまうんです! 1つのソフトで2本分楽しめるお得さ!

 そして今回このメガドライブミニに付属するコントローラー“ファイティングパッド6B”も、当時に本作の発売に合わせて作られたコントローラー仕様なのがたまりません。方向ボタンがなめらかに動き、もっとも必殺技が出しやすいコントローラだったので、家庭用の『ストII』シリーズで一番プレイしやすかったのを覚えています。

『幽☆遊☆白書 ~魔強統一戦~』 文:染谷広人

 『ガンスターヒーローズ』同様にトレジャーが手がけた対戦格闘。版権の問題で、移植やリメイクされずに25年が経ちましたが、ついに『メガドラミニ』で復活です。当時の対戦格闘としては珍しい4人同時対戦が可能で、そのバランスが絶妙! ちなみに、本作の仕様の多くは、のちに『ガーディアンヒーローズ』へと受け継がれています。

 4人対戦でも画面がゴチャゴチャしないように2ライン制を採用し、Cボタンでガードできることによって左右からの攻撃も防げるなど、さまざまな部分で多人数対戦が研究されています。空中コンボや超必殺技(作中の名称は超霊撃技)といった仕様も、対戦格闘としてより楽しめる一因ですね。

 本作のおもしろさは、4人対戦にあると言っても過言ではありませんが、なかなかオフラインで4人集めてプレイするのは難しい……。『メガドライブミニ』を持ち歩いて、いつでもどこでも4人対戦できるように備えておこうかなあ。

(C)SEGA
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 1991, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
(C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社