見た目は正統派イケメン主人公。中身はちょっと二枚目半なレオのギャップに燃える!【テイルズ オブ ルミナリア・キャラ連載#1】

Go
公開日時
最終更新

 バンダイナムコエンターテインメントの『テイルズ オブ』シリーズの新作アプリ『テイルズ オブ ルミナリア』。21人の主人公がそれぞれの“正義”を胸に抱きながら成長する生き様と、絆の物語が描かれます。

 さまざまなキャラクターのエピソードをプレイすることで、事件の真相や、仲間や敵の真意が明らかになる、多角的なシナリオが魅力となっています。

 本企画では、ひとりひとりの主人公をピックアップして、その魅力を紹介していきます。今回はプレイヤーが最初に物語を見ることとなる、レオ・フルカードを紹介します!

レオ・フルカード(声優:新井良平)

年齢 16歳 ※年齢は創神暦998年の時点のものです。
誕生日 創神歴982年7月24日
出身地 森国シルヴェーア ル・サント村

●動画:【テイルズ オブ ルミナリア】キャラクター紹介PV#01 レオ・フルカード

 幼馴染のセリア、ユーゴと一緒にイーディス騎士学校へ入学し、特殊精鋭クラスである“ブレイズ”の一員となった青年・レオ。尊敬する祖母の遺訓、“気高く生きる”を信条としており、自分の正義を貫こうとする熱い心の持ち主です(暑苦しい、とも言われてしまうほど)。

 8年前に生まれ故郷の村を失う、という決して明るくはない過去を持っているのですが……重いそれを感じさせないほど、まっすぐな青年へと育ちました。

 強い信念と正義感を持ったレオですが、それゆえに突っ走ってしまうこともあります。彼のエピソード1では、任務中に行商人を助けたことで、自分がピンチに陥ってしまうのですが、レオはそれでも状況を悲観せず“気高く”戦い抜こうとします。いっそ、潔い! とも思う場面でした。

 この場面以外にもレオは「気高い」という言葉を口にすることが何かと多く、騎士学校の先輩であるイェルシィからは“気高いくん”と呼ばれるほど。ですが、危機的な状況でもその言葉で己を奮い立たせて、立ち向かおうとする姿はとても格好いいですし、見ていて気持ちのいいキャラクターです。

 そんな彼ですが、“ブレイズ”の一員として行動する中で非情な現実にぶつかり、悩んだりすることも。ですが、それでも自分の決断を信じ、前向きに進もうとする姿は、いかにも“主人公”という感じですね。

 こういったタイプのキャラクターが壁にぶつかりながらも突き進む姿は、王道ながらも熱いものを感じられます。彼なら立ち止まらずに走り出してくれる、と信じたくなる熱さを持っていますね。

 また、幼馴染2人(セリア、ユーゴ)とチームで行動している時の3人のやり取りからは、仲の良さが感じ取れるのでほっこりしてしまいます。幼馴染、という関係ゆえの会話もあり、もっと話しているのを見ていたいと思ってしまうほどです。

  • ▲こんな会話ができる時間が、続くといいのですが……。

 戦闘では刀を使い、素早い連続攻撃を繰り出すことができます。最前線に斬り込んで攻撃する純粋なアタッカーで、最初に選択できる主人公だけあって、スタンダードなタイプという印象を受けます。

 少しずつ回復できる創術「リジェネレイト」があるのも、前衛キャラとしてはありがたいポイント。また、長押しで出せる突進技で一気に接近することができるので、状況に応じて使い分けていきたいですね。

 本作を開始したら最初にプレイすることになる、レオのエピソード。ユール連邦側から切り込む、心に熱いものを秘めた青年の物語は、今後どういった形で続いていくのか、個人年表を見ながら楽しみにしたいと思います。

 レオが所属する連邦のみならず、帝国、冒険者たちにも個性豊かなキャラクターが揃う『テイルズ オブ ルミナリア』。次回も21人の主人公たちの中から、ひとりをピックアップしてご紹介します!

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
キャラクターデザイン/佐伯俊

関連する記事一覧はこちら