フライドポテトが食べたくてたまらなくなる『タコリタ・ミーツ・ポテト』【2021年おすすめ傑作選(7):電撃インディー#173】

まさん
公開日時

 電撃オンラインが注目するインディーゲームを紹介する電撃インディー。今回は2021年に発売された(移植、リメイクなども含む)オススメのインディーゲームを取り上げる特別企画第7回をお届けします。

 第7弾はPC(Steam)、PS4、Xbox One、Nintendo Switchで配信中の短編アドベンチャー『タコリタ・ミーツ・ポテト』の魅力を語ります!

 ここ最近フライドポテトの話題をニュースで見かけ、なぜか逆に食べたくなった人も多いのではないでしょうか。

 日本人の食卓にすっかり浸透したフライドポテト。本作は、素のままでも、ケチャップをつけても、フレーバーで辛くしても、何をしても美味しいフライドポテトの味に魅了された、カワイイお姫様の物語です。

タコのお姫様は自由奔放! すべてはフライドポテトのため!

 海の底にあるというタコ王国。平和な国のお姫様だったタコリタ姫は、毎日、毎日、スープばかりの食生活に飽き飽きしていました。

 そんなある日、ついにしびれを切らしたタコリタ姫は、人魚のメルとともに地上へ向かいます。

 そこで待っていたのは、まさに運命の出会い。揚げ物という食の殿堂。海底にはない最高の食べ物“フライドポテト”。

 最高の料理・フライドポテトをさらに改良して美味しくするため、地上で出会った人間のディノとイナ。お供のメルとともに、タコリタ姫は冒険の旅に出ます。

 短編のアドベンチャーなので分岐ごとで違うキャラの掘り下げがあったり、あらあらうふふ……とニヤニヤしちゃう展開もあったりしますが、基本はどこまでもフライドポテトの話です。そこが良い!

  • ▲タコリタ姫たちは海底にすんでいるので、知らないことがいっぱい。クスリとくるギャグや、ニヤニヤしちゃう人間関係も見られて良いアドベンチャーです。

 分岐によって変わるフライドポテトのトッピング。サクッと遊べて、すべての物語を見られる優しい構造。

 ボリューム的には本当に1時間から2時間程度の短いゲームですが、遊び終わるとフライドポテトが食べたくなっちゃいます。書いてたら、本当に食べたくなってきた……こんな時期に、なんて罪深いゲームなんだ!

  • ▲フライドポテトで結ばれた4人の冒険は、どこか能天気。もっと彼女たちの物語を見たいと思ってしまうので、タコリタ姫にはハンバーガーやコーラにも興味を持って欲しいですね。

『タコリタ・ミーツ・ポテト』商品情報
ハード:PC(Steam)、PS4、Xbox One、Nintendo Switch
ジャンル:アドベンチャー
メーカー:ラタライカゲームス(PS4、Xbox One、Nintendo Switch)、Pleasant Rain Ltd(Steam)
開発:ROSEVERTE
価格:PC(steam)版:520円(税込)、PS4版:550円(税込)、Xbox One版、Nintendo Switch版:500円(税込)


(c) 2021 ラタライカゲームス
(c) 2021 ローズヴェルト

関連する記事一覧はこちら