「邦も人も振り回されているよな。理に」。その言葉はのちの伏線に【鬼ノ哭ク邦名場面集】

MAC佐藤
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売した、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の名場面集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください

説得力あるクシの言葉。しかしその思いは彼をある行為へと駆り立てる……

 今回は、優秀な逝ク人守リであり、カガチの育ての親でもあるクシについて紹介していきます。

  • ▲自分の事をあまり語りたがらないため、本音を知る者は少ないが、ひとり娘のマユラへの愛だけは隠しきれず周知の事実となっている。

 本作の舞台である中ノ邦では現在、出生率が極めて低下しており、輪廻転生を軽んじる思想が影響を及ぼしていると考えられるため、今後は輪廻転生の理に反する言動への取り締まりも強化されるようです。

  • ▲レイオウは中ノ邦の宰相であり、邦主ロベリアの実の息子でもあります。逝ク人守リを束ねていますが、邦主を盲信しているためそれ以外の言葉に耳を傾けることはなく、逝ク人守リと対立することも。

 その話を聞いたクシは、近くにいるレイオウに聞かれてしまうおそれがあるにもかかわらず、思わずつぶやきます。

  • ▲クシは若い逝ク人守リを導く上司のような存在で、マユラの父であり、カガチの育ての親でもあります。普段は多くを語りませんが、ここでついポロッと本音が?

 「邦も人も振り回されているよな。理に」と。

 クシはどうやら輪廻転生の理について疑惑を抱き始めているようで……さらにこう続けます。

  • ▲「来世でどうなるか分からないのに 死をありがたがるのがおかしく思えてな。」
  • ▲「時々むなしくなるんだよ。」
  • ▲「いま授かってるこの命で 生き尽くせない者たちに対して。」

 物語を進めていて、なんとなくモヤっとしたものを感じていた人は多いと思いますが、クシのこの言葉にすべて集約されているような気がしますね。よくぞ言ってくれたと、スッキリした人も多いのでは(笑)。

 ただ、実はこの言葉が、その後のとある行為へつながる伏線になっているんですよね。あとになって考えてみると、ある意味これが始まりだったのかと。さすがにそこまでは予測できませんでした。

 はたしてクシがどんなことを引き起こしてしまうのか、そしてその結末は……ぜひゲームをプレイして自分の目で確かめてください。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税