NetEaseが名越稔洋氏を迎え、新会社“名越スタジオ”を設立

電撃オンライン
公開日時

 NetEase, Inc.のオンラインゲーム事業部門“NetEase Games”は、東京に“株式会社名越スタジオ”を設立しました。

 代表取締役社長には『龍が如く』シリーズの総合監督を務めていた名越稔洋さんが就任し、ゲームソフトの経験豊かな開発陣が集結。高品質な家庭用ゲーム機向けタイトルの開発に注力し、グローバルに展開していく予定とのことです。

 以下、リリース原文を掲載します。

夢と興奮に満ちたエンターテインメントの創造

 株式会社名越スタジオは、NetEase Gamesのサポートのもと、情熱を注げるゲームを運営・制作することができます。

 エンターテインメント業界では、コンテンツの作り方やそれを支えるビジネスモデルに、大きな変化が起きています。こうした変化は、技術やインフラの進歩により、より速いスピードで起こっています。

 しかし、NetEase Games及び名越スタジオは、人々がエンターテインメントに求めるものは何も変わっていないと信じています。日々の暮らしに希望を与え、辛い時には癒しを与え、楽しい時には感動を与えてくれる、そんな夢をエンターテインメントに託しているのです。

 人生のあらゆる出来事のきっかけをエンターテインメントに求めているのです。

 名越スタジオは、NetEase Gamesと同じように「クリエイターの可能性を引き出す」ことをモットーに、オープンかつ包括的な環境で、良質なタイトルの制作とエンターテインメントの本質を全世界に届けることを目指しています。

 世界中の情熱的なゲーマーの琴線に触れる、高品質で魅力的なコンテンツを届けることが私たちの願いです。

株式会社名越スタジオについて

 株式会社名越スタジオは、NetEase Gamesの100%出資によるゲームソフトウェア開発会社です。主にコンシューマソフト事業を中心にワールドワイド向けハイエンドタイトルの開発を行います。

 求人情報などを含む、株式会社名越スタジオについての詳細は公式サイトをご覧ください。

©2022 Nagoshi Studio. All rights reserved.

関連する記事一覧はこちら