TGS2019、架け橋ゲームズの出展タイトルは?

電撃オンライン
公開日時

 架け橋ゲームズは、9月12日~15日に幕張メッセで開催される“TOKYO GAME SHOW 2019”でブースを出展します。

 また、当ブース以外にRaw FuryやAltered Matterなど架け橋ゲームズがサポートするタイトルを出展するブース情報が公開されています。

 ボスバトルアクションゲームの傑作『Furi』を開発したThe Game Bakersによる最新作『Haven』や、島を脱出するために生活を作り上げていくアドベンチャーゲーム『Stranded Sails』などは、日本初プレイアブルデモ出展となっています。

架け橋ゲームズ出展タイトル一覧(ブース番号 ホール10-E14)

『Haven』

 『Haven』は、Steamで3,800件以上のユーザーレビューで“非常に好評”を獲得したアクションゲーム『Furi』開発チームの最新タイトル。

 2人の男女が一緒に居続けるために逃げ込んだ惑星で、未開の地を探検しながら、そこに棲むモンスターと戦っていくアクションPRGです。すべてから逃れて、ただ愛し合い続けるために生きていく2人の物語と美しい未知の惑星の冒険を楽しめます。


開発者アテンド:なし
開発:The Game Bakers

『Stranded Sails』

 『Stranded Sails』は、オープンワールド形式の冒険と秘密にあふれたアクションアドベンチャーゲーム。不思議な群島に漂着してしまった主人公が、その土地での生活を営みながら島に秘められた謎に迫ります。

 そして、自らの手で船を造りあげて脱出を目指しましょう。食べ物を育てて料理をしたり、島を探検して不思議なアイテムを見つけたり、連なる島を行き来したり、さまざまな形の冒険を楽しめます。


開発者アテンド:なし
開発:Lemonbomb Entertainment
販売:rokaplay, Maple Whispering Limited

架け橋ゲームズサポートタイトル一覧

『Mosaic』

 人があふれる冷たい街で、人生の意義を見出せないまま単調で孤独な日々を過ごすあなた。しかし運命の日、通勤の最中に奇妙な現象が起こり始め、周りのすべてが変わっていきます。

 『Mosaic』はダークで独特な雰囲気を持つアドベンチャーゲームです。


場所:Raw Furyブース(ホール10-E11)
パブリッシャーのスタッフアテンド:あり
開発:Krillbite Studio

『Atomicrops』

 『Atomicrops』は、ローグライクアクションを取り入れた一風変わった農業シミュレーションで、世界滅亡後の荒野にある最後の農場を耕作しながら防衛するゲーム。

 突然変異した作物を栽培し、町の人と結婚し、農場を破壊しようとする突然変異生物を駆除しましょう。


場所:Bird Bath Games(Raw Fury)ブース(ホール10-E09)
パブリッシャーのスタッフアテンド:あり

『Kingdom: Two Crowns』

 『Kingdom: Two Crowns』は、シンプルな操作が特徴的な戦略アドベンチャー『Kingdom』シリーズの最新作。プレイヤーは君主となり、夜ごとに人々を襲う怪物“グリード”に立ち向かわなくてはなりません。

 そのためには、何もない土地に強力な王国を築き上げる必要があります。その地に住む人々にコインを渡し、領地を広げてグリードとの戦いに備えましょう。


場所:NOIO(Raw Fury)ブース(ホール10-E10)
パブリッシャーのスタッフアテンド:あり

『Etherborn』

 『Etherborn』は重力の変化する美しいステージを駆け回り、その仕組みを解き明かしていくユニークな探索型パズルアクションゲーム。

 プレイヤーは“声を持たない存在”として世界に生まれます。この世界について教えてくれる“体を持たない声”が、あなたを導いてくれるでしょう。その“声”を探し出し、自分という存在を理解する旅に出るのです。


場所:Altered Matterブースホール9-A06
デベロッパーのアテンド:あり

(C) The Game Bakers 2019
(C)2018 Raw Fury All rights reserved