『龍が如く7』春日一番の生い立ちとは?

電撃オンライン
公開日時

 セガゲームスは、PS4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方(龍が如く7)』の新主人公・春日一番の生い立ちや、序盤のストーリー、新舞台と新バトルシステムの情報を公開しました。


『龍が如く7』あらすじ

 2001年1月1日。東城会の三次団体“荒川組”に所属する若衆、春日一番は、組長・荒川真澄から若頭・沢城丈の犯した罪を被るよう頼み込まれ、出頭を決意。

 愛する組のため、尊敬する親父のため……。


 春日は18年にも及ぶ厳しい刑務所生活を送り、2019年、ついに出所する。

 だが、出所をした春日を出迎えてくれる者は、誰一人いなかった。一人寂しく、故郷である神室町へと戻る春日。だがそこは、春日の知っているかつての神室町ではなかった。

 “神室町3K作戦”という警察の施策により、東城会は崩壊。現在の神室町は、警察と関西の極道組織・近江連合に完全支配されていた。そして、そんな状況を作り出した張本人が、荒川真澄なのだという。

「親っさんがそんなことするわけねぇ!」

 真意を直接確かめるべく、春日は荒川真澄の元へと向かう。近江連合組員や、かつての兄貴分・沢城の妨害を撥ね退け、なんとか荒川真澄の元へとたどり着く春日。


「親っさん!」

 実の親のように慕う、憧れの極道である“親父”との、18年ぶりの再会――。だがそこで待っていたのは、再会を喜ぶ笑顔ではなく、冷酷な銃口だった。

「すまねぇなぁイチ…… 死んでくれ」

 鳴り響く銃声。薄れゆく視界――。

「うぅ……!」

 生死の淵をさまよいながらも、なんとか意識を取り戻した春日。だが目覚めた場所は、段ボールハウスが並ぶホームレス街の、汚いゴミ捨て場だった。

「……ここはどこだ?」

 春日の問いに一人のホームレスが答える。

「イジンチョウ。……伊勢佐木異人町。ここは横浜だ。知ってるだろ? 横浜」

春日一番の生い立ち

 神室町のソープランド“桃源郷”で産み落とされる。父親も母親も不明。桃源郷の店長、春日次郎によって育てられる。

 育ての親である春日次郎が死んで以降、春日は高校にもいかず、金の為に誰彼構わず喧嘩を吹っ掛ける毎日を送る。

 そんな中、喧嘩で半殺しにした相手がヤクザだったことから監禁され、殺されかけるが、間一髪のところを荒川組組長・荒川真澄に助けられる。

 見ず知らずの自分を、犠牲を払ってまで助けてくれた荒川に惚れた春日は、荒川組に入り、荒川に一生ついていこうと決める。

春日一番と荒川真澄との関係性

 面識がまったくないにも関わらず、身体を張って助けてくれた荒川真澄に、春日は絶対的な信頼を寄せている。

 春日にとって荒川は尊敬する極道であると同時に、父親のような存在でもある。

『龍が如く7』の舞台

 本作は、東京・神室町の3倍以上に及ぶ広大な新エリア“横浜・伊勢佐木異人町”が主な舞台となります。

 何もかもを失い、神室町を追われた春日一番は、この街のホームレスのたまり場へと流れ着き、そこから必死に這い上がっていくこととなります。

 洗練された都会から古き街並みまで個性豊かなエリアが混ざり合う、横浜ならではの魅力に溢れた新たな舞台で、壮大な物語が展開されます。

『龍が如く7』のバトル

 本作は、新バトルシステムの“ライブコマンドRPGバトル”を搭載。誰でも簡単に爽快なバトルを楽しめるシステムへと進化しました。

 街中にある全ての物が一瞬も止まることのないリアルタイムなRPGシステムにより、RPGでありながらも、ダイナミックで緊張感のあるハイスピードバトルが展開。おなじみのヒートアクションも大幅にパワーアップし、シリーズ最高の爽快感と戦略が楽しめます。

©SEGA

龍が如く7 光と闇の行方

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年1月16日
  • 希望小売価格: 8,390円+税

龍が如く7 光と闇の行方(ダウンロード版)

  • メーカー: セガゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年1月16日
  • 価格: 8,390円+税