『FF零式』で好きなのは世界設定と0組メンバーのキャラ、精神を削るストーリー【綾那のゲームに夢中】

綾那
公開日時

 さまざまなゲームを遊び、愛するゲーマー女優である綾那さんのゲームコラム“綾那のゲームに夢中”の連載第25回をお届けします。

 姿勢が悪いまま長時間ゲームしていたため、腰を痛めた綾那です。皆さんも長時間ゲームする際は、ちゃんとした姿勢を保ったり、定期的に立ち上がってストレッチしたりすることをオススメします。

 そんなことはさておき、今回書かせていただくのは……

『ファイナルファンタジー零式』です。

 オリジナル版はPSPで発売され、その後にPS4、Xbox One、SteamでHD版が発売されています。

 発売前から気になっていて、発売日と同時に買ったこの『零式』。家に帰るまでの時間が耐えられず、電車の中でオープニング(OP)だけでも見ようと思ったものの藤原啓治さんの演技が素晴らしすぎて、電車の中で初っ端から泣いてしまうという恥ずかしい暴露話から、私の『零式』は始まります。

 OPでエースが「9と9が9を迎えし時、識なる底、脈動せし……。そして始まりの封が切れし時、雷のごとき声音が響かん我ら来たれり」と言うシーンがあるのですが、本作はこの時点からプレイヤーの脳を混乱の渦に巻き込んできます。

 ここで振り落とされてはダメです! なんとなく理解できるのは2周目くらいからなので焦ってはいけないのです。ただ1つ分かるのは、この“我ら来たれり”というところがものすごくカッコよくて、何度でも見たくなる神OPであること! ここで私の心はグッと掴まれましたね!

 なお、以下の画像は『零式 HD』のものです。

爽快感はあるがやや難易度が高いバトル

 『零式』とはどんなタイトルなのかと言うと、『ファイナルファンタジー』ではかなりアクション要素が強い新感覚の『FF』です。

 『零式』の主人公は、0組(クラスゼロ)の全員。まず0組というのは、アギト候補生の中でも特に優れた力を持った者が集まってるクラスで、本当にあるのかどうかも謎であったほどに極秘だった組です。

 “アギト”というのは、分かりやすく説明すると“救世主”みたいなもの。舞台であるオリエンスは戦争が続いているので、その戦争を終えてオリエンスを統一する者、それがアギトだと言われているわけです。

 14人のキャラクターを操作でき、3人1チームとして組んで、キャラを交代させながらダンジョンやボスを攻略していくことになります。操作するキャラは1人ですが、他2人はAIが動かしてくれるので、実質3人で戦います。戦闘中にプレイキャラを変えれるので、適材適所で交換しながら進んでいく感じです。

 プレイキャラを変えられるので、自分の好きなキャラでストーリーを進められるのは好印象。私はセブンというクールビューティーな子が好きで、戦闘にも必ず入れていました! 鞭を振り回すのが爽快!

 0組によくかかわってくる諜報部である9組のナギ君もすごく好きでした。スパイとして0組に配属されるも、それをすぐ0組の皆にバラしちゃうあたり、「いい奴だな、コイツ」とホッコリしました。

 操作していない生徒もリザーブとしているので、戦闘不能になった時には補充できます!

 しかしちょっとネックになるのが、個々にレベルが存在すること。メインで育てていたメンバーが戦闘不能になり、育っていないメンバーとチェンジして、どっちみち全滅になるという中盤辺りの展開がキツかったですね。

 流石に全員のレベルを同じように上げていくのはやや気の遠くなる話。それでも、リザーブメンバーを含めた6人位を育てておいた方が吉です。実際に、お気に入りのメンバーのみレベルを上げていたら最後で積みかけて……地獄かと思いました(苦笑)。

 プレイしたことのある人は「わかる!」と思っていただけると思います。

 全体的な難易度は、やさしくはないと思います。その分、上手に立ち回れるようになると、かなり爽快さを感じるタイトルとなっているのです!

 任務中は退却が可能なので、ヤバイと思ったらすぐ逃げる……それが『零式』です。

 バトルでは、敵が隙を生じさせた際に出るブレイクサイトとキルサイト時に攻撃し、うまく殲滅していく感じになりますね。敵の攻撃は激しいので、つねに回避行動で動き回りながらキルサイトを狙っていくイメージ。結論からいうと、遠隔キャラが強いです。

 忘れてはいけないのは召喚獣! 『零式』にも、召喚獣システムが存在するのですが、その呼び出しの代価は大きいです。

 その対価とは……呼び出した者の命。呼び出したキャラがそのまま戦闘不能になるのです。

 この世界の召喚獣は、力が強ければ強いほど多くの命を必要としてきます。中にはルシ(クリスタルによって、特別な使命と力、不老を与えられた存在のこと)と数千の者の命を必要とするほど、とてつもない召喚獣が存在するのですが、その出現ムービーは圧巻の一言。

好きなポイントは“世界設定”、“0組の意識の変化”、“とことん精神を削る展開”

 私が本作を好きなポイントは3つあります。それが“世界設定”、“0組の意識の変化”、“とことん精神を削る展開”です。

 まずは“世界設定”!

 正直、難しすぎて『零式』の世界すべては理解できていません! このゲームは一度クリアしてからやっとスタートラインについて、2周目からが本番というイメージ。やればやるほど本作の舞台・オリエンスを知ることができるでしょう。

 そんな世界の中で、真剣に「実際にいま自分が生きている世界がこうだったらどう思うか」と考えさせられたのが“生きている者が悲しむことがないように、クリスタルの恩恵によって死者への記憶がなくなる”ということ。

 つまり自分の両親、兄弟、恋人であっても亡くなったらその人の記憶がなくなってしまうわけです。

 この為に、魔法国家・ペリシティリウム朱雀に生まれた者は、皆ドッグタグを身に着けており、亡くなったらそれを回収して死亡を確認するシステムとなっています。私の中ではこれがすごく重い設定だと思いました。

 確かに大事な人が亡くなったら立ち直れないほど悲しいと思います。でも、その大事な人と過ごした記憶が綺麗サッパリなくなってしまうのは、それはそれでつらいことだなと。

 ……当の本人は存在していたことすら忘れているので、そんな気持ちも芽生えないのでしょうが。

 “0組の意識の変化”も外せません。

 彼らは最初、死への恐怖がまったくない戦闘兵器のような存在でした。どこか人事のようだった彼らが、人間のように心を持っていく様がうれしい反面、その過程がつらくて頭を抱えます。

 若者が戦争に身を投じる悲惨さをよく描いている作品なんですよね。

 最後に、とことん“精神を削る展開”。

 “精神を削る展開”といいましても、いい意味と悪い意味が私の中で存在するのですが、『零式』の展開はいい意味のものです。

 誰か1人に感情移入するわけでなく、進めていくうちに“0組”という存在に感情移入するので、後半は涙なしにはいられません。

 ……いや、後半だけではなく最初のOPからでした。

 生徒が「死にたくない」といいながら死んでいくのを見ていることしかできないつらさと言ったらないですね。

 死んだら、自分のことは忘れられてしまうのですから。

主題歌『ゼロ』に涙が止まらない

 最後に、その他のオススメポイントをザックリと紹介!

 私のイチ推しは、0組の指揮官になるクラサメ隊長! 現役時代の彼は“氷剣の死神”と呼ばれるほどで、相当すごかったとか。いいキャラしているんです、本当。

  • ▲画面はPSP版のもの。

 全クラスとも担任の先生がモーグリっていうのもおもしろいですね。いろいろな恰好をしたモーグリが見れるのがとてもイイ!

 あとは、召喚獣のシヴァが女子高生っぽくてカワイイ! 歴代のシヴァの中で一番好きなデザインかもしれませんね。

  • ▲画面はPSP版のもの。

 クリア後に主題歌である『ゼロ』が流れるのですが、その歌詞を見ると涙が止まらなくなります。BUMP OF CHICKENさんが歌っている主題歌がゲーム内容にマッチしていて、「尊い」の一言です。

 そして忘れてはいけない、2周クリア+夏服を1つ以上入手していると見ることができる隠しムービーの“もし…”です。皆のキャラがぶっ壊れすぎていて最高なんです。本編とはガラリと違う明るいノリで、めちゃくちゃおもしろいです(笑)。

  • ▲画面はPSP版のもの。

 本編のキャラの感じは一旦すべて忘れた方がいいってくらい、皆のキャラが崩壊しています。

 でも、『零式』の世界観を理解したうえでこのイベントを見ると、数えきれない輪廻の中で、こんな日常を送っている世界軸もあったんだろうなぁと思えてきて、心が救われます。

 戦争という過酷な中、必死に生きようとする少年少女たちの戦いをぜひともプレイしていただきたいです!

 それでは皆さんに、クリスタルの加護あれ!

(C)2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
LOGO & IMAGE ILLUSTRATION : (C) 2011 YOSHITAKA AMANO
(C)2011,2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
LOGO ILLUSTRATION: (C) 2011 YOSHITAKA AMANO

『ファイナルファンタジー零式』

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PSP
  • ジャンル:RPG
  • 発売日:2011年10月27日
  • 希望小売価格:7,333円+税

ファイナルファンタジー零式 HD

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2015年3月19日
  • 希望小売価格: 6,800円+税

ファイナルファンタジー零式 HD

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Xbox One
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2015年3月19日
  • 希望小売価格: 6,800円+税

『FINAL FANTASY TYPE-0 HD』

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC(Steam)
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2015年8月19日
  • 希望小売価格:3,980円+税