『スパロボDD』常連作品そろい踏みの“ワールド1”に挑む!! ニューカマー“デビルマン”の実力は!?(#1)

電撃オンライン
公開日時

 さる8月21日、満を持してスマホアプリ『スーパーロボット大戦DD』リリース! ギリギリまで何のアナウンスもなかったので、ビックリした人も多かったと思います。実はこれを書いている私もそのひとり。

 担当編集から「リリースされたので、コラムよろしく!」と言われるまで気づいてませんでした(笑)。 そういえば、先行テストプレイが去年の12月だったから、もう半年以上経過してるんですね。本当に長かった……!

 ……というわけで、今回から月2回ぐらいの頻度で、プレイレポートをアップしていきますよ! さっそくですが、本題に入っていきまーしょう!!

 こちら、正式タイトル画面です。ディーダリオンをはじめとするオリジナルロボットが、メチャクチャバリってる! テストプレイではシンプルなディーダリオンの横顔ショットだったので、メラフディン、グラフディンとのそろい踏みは大迫力ですね。

 並べて見ると、デザイナーの大張正己氏、明貴美加氏、寺岡賢司氏、それぞれの個性が爆発してますね。これぞ『スパロボ』。

まずは手始めのプロローグをプレイ!

 まずはサクッとプロローグ。この辺はテストプレイ時と一緒なので割愛します。チュートリアルの10連ガシャでは、なんとSSR支援専用パーツの“男勝りの快活少女”をゲット!

 支援専用パーツは装備することで、精神が使えるようになるほか、特定のユニットに装備させると専用の演出が見られます。メインアビリティは打撃属性ダメージが20%もアップするというシロモノで、ほかのユニットに装備させても強い。これは幸先いいぞ!!

 さて、ゲーム開始時にはたくさんの事前登録報酬がもらえます。その筆頭が、支援専用ユニットパーツの“メグの激励(ディド)”。

 こちらも高性能で、なおかつメグのカットインが見られるというスグレモノ(筆者的には後者が重要!)。カットインは、専用ユニットに装備させたときの専用演出と、それ以外の汎用演出の2種があります。

  • ▲こちらが汎用演出。かわいい。
  • ▲こちらがディーダリオンに装備させたときの専用演出。かわいい。

 ガシャチケットもたくさんもらえるので、10連してみました。余談ですが、ガシャチケットは10連まとめて回すとSRが1枚確定するのでオススメですよ。できるだけ10枚貯めてから回しましょう!

 「ジーグブリーカー! 死ねえ!!」……なんと、またSSRが出てしまいました。こちらは対応ユニットに装備すると、精神コマンドではなく必殺技が使えるようになる必殺技専用ユニットパーツですね。しかし、SSR連続排出とは……。確率何%だったかな、と思って見てみたら3%でした。いいんでしょうか。

 さらに、ありがたいことにSSR確定ガシャチケット1枚ももらっています。何が出るかなー。

 ガンダムエクシア用の必殺技専用パーツ“GNソード”でした! そうそう、SSRの必殺技専用パーツは、一緒にパイロットの固有スキルを強化できるオーブが付いてくるので、オトク感が高いです。

 その上、Dクリスタル150個ももらっています。単発ガシャだと6連分なのですが、筆者はここでちょっとだけふんぱつ。「リリース記念!ガシャチケットパック」を購入することにしました。SSR確定ガシャチケット1枚、ガシャチケット10枚、ドロップ3倍(60分)1個、資金3倍(60分)1個がセットになったアイテムで、Dクリスタル250個で、9月25日まで1回のみ買えます。

 無償のDクリスタル150個との差分100個が必要なので、1800円分のDクリスタルを買いました。ちなみに完全に自腹で、この原稿料の何割分かです(笑)。筆者はフリーライター(自営業)なので経費に算入できますが、所得税が控除されるだけなんですよね……。ただ、スタートダッシュでSSRがたくさんあると、モチベーションが上がるので! あと大好きな『スパロボ』なので、お布施の意味も込めて!!

 こちらのSSR確定はマジンガーZ用必殺技専用パーツ“ブレストファイヤー”! ガシャチケット10枚の方は、残念ながら微妙な結果でした。釣果を並べてみると、かなり運がよく“男勝りな快活少女”“ジーグブリーカー”“ブレストファイヤー”と、どういうわけか、ダイナミック企画の参戦作品に偏りました。

  • ▲SSR必殺技専用ユニットパーツを対応ユニットに装備させてデッキに編成すると、ホーム画面で特別なグラフィックが拝めるようになる。超カッコイイ!

常連作品そろい踏みの“ワールド1”に挑む!! ニューカマー“デビルマン”の実力は!?

 『スパロボDD』では、ユニットはガシャではなく、主に4ワールドに分けられたメインシナリオを進めていく過程で入手できます。なので、ガシャを引いたプレイヤーが次にやるべきことは“各ワールドの攻略”。私の場合、獲得できたSSRパーツが“ワールド1”で入手できるユニットに対応したものに偏っているので、そちらから進めていくのが効率がよさそう。

 その“ワールド1”ですが、こちらは懐かしい『第2次スーパーロボット大戦』からの初期シリーズをイメージしたワールドだそうで、参戦作品は『マジンカイザー』『デビルマン(原作漫画版)』『鋼鉄ジーグ』『超電磁ロボ コン・バトラーV』『聖戦士ダンバイン』となっています。

 基本的には『スパロボ』常連作品ばかりで、私自身『第3次スーパーロボット大戦』からのプレイヤーということもあり、なんだかホッとする顔ぶれですね。一方、新顔の『デビルマン』がどういうポジションになるのかワクワクします。

 ……普通にみんな知り合いだった! 『マジンカイザー』の兜甲児と『デビルマン』の不動明は同じ学校に通っていて、甲児や『ダンバイン』のショウ・ザマ、『コン・バトラーV』の葵豹馬は、『鋼鉄ジーグ』の司馬宙が経営する司馬モータースの顧客。初っぱなから凄まじいクロスオーバーが展開しています。

  • ▲『鋼鉄ジーグ』の司馬遷次郎と、『デビルマン』の飛鳥了が知人だというのも考古学つながりで納得。

 バトルの方は、SSRパーツの性能のおかげもあり、基本的に楽勝。ボスに設定されているブレイクゲージは、そのボスの参戦作品の主役ユニットの通常攻撃が弱点になっていることが多いので、例えば飛行要塞グールにはマジンガーZというように、原作を再現するように戦っていくといいようです。

  • ▲ブレイクゲージを削りきらないと、ダメージが大幅に軽減されてしまう。弱点属性をつくのが重要だ。

 さて、期待の新人・デビルマンですが……ものすごく強い! サイズが小さいため回避に優れ、なおかつスピードが700もあるので(ディーダリオンやメラフディンなどは550)行動順が回ってくるのがダントツで早い。これは間違いなくエース候補ですよ!!

  • ▲デーモン族をひとり残らず消すために生まれた悪魔・デビルマン! CVはOVA版の速水奨さんでシブい!!
  • ▲好戦的になり、絡んできたボスを一蹴する不動明。そう言えばボスって不良だったよね……。

 そんなデビルマンこと不動明も、我らが甲児くんの呼びかけで正義の戦士に仲間入り。デーモン族の出現、キャンベル星人の地球侵攻と、次々と地球が脅威にさらされていくなか、スーパーロボット軍団が結成されていきます。さらに、記憶を失ったディーダリオン(ディド)とメグが再会したりと、オリジナルキャラのストーリーも展開。

  • ▲最高にキモいサイコジェニー。永井豪先生の鬼才ぶりが、いかんなく発揮されたデザインだ。9月14日からの『永井GO展』東京展も楽しみ!
  • ▲原作通り両腕を失ってしまう豹馬。サイボーグ・アームは、宙に使われている技術の応用というイキな設定に!
  • ▲余談だが、南原コネクション周辺のマップは『第3次スーパーロボット大戦』の地形とよく似たものになっていた。芸が細かい!!

 一方で、Dr.ヘル軍団、デーモン族、邪魔大王国、キャンベル星人も手を組んでしまう。その音頭をとるのが、『スパロボ』初期シリーズでは、しつこいくらいに自軍の前に立ちふさがってきた、あしゅら男爵というのも感慨深い。

 そういえば初期シリーズのDC(ディバイン・クルセイダーズ)も、ザビ家やティターンズのキャラクターに加え、Dr.ヘル軍団、ミケーネ帝国や百鬼帝国なども含まれたカオスな組織でしたね……。

  • ▲『デビルマン』屈指の人気キャラである妖鳥・シレーヌも登場。ただ、さすがに原作そのままのビジュアルではなく、然るべきところは隠れている。ちぇっ。

 さらには、バイストン・ウェルからオーラロードを通ってショウとガラリアも現れ、地球の混乱はその色を濃くしていく……。

  • ▲初期シリーズでは仲間になることもあった、ガラリアとその愛機バストール。『DD』では原作通りオーラロードを通ろうとした際に、消滅してしまったようだが……。

 “ワールド1”のラストは、テストプレイ時の“ワールド2”とほぼ同じ展開。ディーダリオンの前に現れたアンギルオン、マービュオンが共鳴し、“トリニティ・ゲート”を開いてしまい……。というところで“ワールド1”は終了。うーん、またしても続きが気になる! 次回は、新規参戦作品続々登場の“ワールド4”に挑戦していきますので、お楽しみに!!

期間限定イベント「Zの鼓動」開催中!

 さて、最後にもうひとつ。9月4日から18日まで、『スパロボDD』初の期間限定イベント「Zの鼓動」が開催されています。

 こちらのイベントは、バトルクリア時に付与されるポイントを集め、さまざまな報酬を獲得していくというシンプルなルール。目玉報酬としてSSRのパーツなどがラインナップされているほか、今回はスペシャルミッションキャンペーンも併催されており、そちらではいずれかの難易度を75回クリアすると、なんとSSR確定ガシャチケットがもらえます。これは是が非でもほしい!!

 ボスの飛行要塞グールとサイコガンダムは、ともにかなりの強敵ですが、マジンガーZとZガンダム、ふたつの“Z”が攻略のカギになるとか……。1日に30000ポイントまでしか獲得できないという制限があるので、毎日のコツコツプレイが重要になりそうです。

 また、もうひとつのキャンペーンとして、14日から16日までは機体改造ステージの特別開放も行われるとか。通常、機体改造ステージのプレイ回数は1日3回までなので、改造用の素材が不足しがち。これを機に、自軍を一気にパワーアップさせたいところ。次回のプレイレポートでは、筆者のイベント結果も報告する予定です!!

  • ▲フォウのサイコガンダムはMAP兵器を備えた難敵。攻略法はスーパーロボット大戦DD攻略まとめwikiでチェック!!

(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)カラー
(C)サンライズ
(C) SUNRISE/VVV Committee, MBS
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design c2006 CLAMP・ST
(C) サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガADP
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)ダイナミック企画・東映アニメーション
(C)東映
(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2001永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所

スーパーロボット大戦DD

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年8月21日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

スーパーロボット大戦DD

  • メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: SRPG
  • 配信日: 2019年8月21日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金