“ファルコム40周年記念アンケート”最終結果を発表。初プレイタイトルで一番多かったのは…?

電撃オンライン
公開日時

 昨年電撃オンラインにて実施した、“日本ファルコム40周年記念アンケート”。その最終結果を発表します。

 2021年3月9日で創立40周年を迎えた日本ファルコム。そちらに合わせて昨年、電撃オンラインではアンケートを実施しました。その投票総数は5876票! ご回答いただいた皆さん、ありがとうございました。

 本記事では、アンケートの以下の項目の結果を発表します。

・初めてプレイした日本ファルコム作品は?
・一番好きな日本ファルコム作品は?
・『イース』シリーズで一番好きな作品は?
・『軌跡(英雄伝説)』シリーズで一番好きな作品は?

※残りの“日本ファルコムを知ったきっかけは?”、“一番好きな日本ファルコムキャラクターは?”、“日本ファルコム作品の楽曲で一番好きなものは?”、“現行機(PS5、PS4、switch、steam等)で発売してほしい作品やシリーズは?”、“日本ファルコム作品の魅力は?”については、後半の記事で公開いたします。

初めてプレイした日本ファルコム作品は?

10位『ザナドゥ』

9位『那由多の軌跡』

  • ※画像はPS4版『那由多の軌跡:改』のものです。

8位『ドラゴンスレイヤー』

7位『英雄伝説 閃の軌跡III』

6位『英雄伝説 白き魔女』

5位『イースI』

4位『イースVIII-Lacrimosa of DANA-』

3位『英雄伝説 零の軌跡』

2位『英雄伝説 閃の軌跡』

  • ※画像はPS4版『英雄伝説 閃の軌跡I:改 –Thors Military Academy 1204-』のものです。

1位『英雄伝説 空の軌跡FC』

 トップ3には『軌跡』シリーズがズラリと並ぶ結果に。クロスベル、エレボニア、リベールそれぞれの物語が始まる作品がランクインしています。なお、惜しくもトップ10には入りませんでしたが、『ツヴァイ!!』や『イースSEVEN』も僅差でランクインしていました。

 皆さんの初プレイタイトルはこの中にありましたか?

一番好きな日本ファルコム作品は?

10位『英雄伝説 零の軌跡』

9位『英雄伝説 碧の軌跡』

8位『英雄伝説 白き魔女』

7位『英雄伝説 創の軌跡』

6位『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』

5位『英雄伝説 空の軌跡SC』

4位『イースVIII-Lacrimosa of DANA-』

3位『イースII』

2位『英雄伝説 閃の軌跡』

1位『英雄伝説 空の軌跡FC』

 3位に『イースII』、2位は『閃の軌跡』、1位は『空の軌跡FC』という結果になりました。上位2つが初プレイタイトルと同じなのも興味深い結果ですね。また、幅広い年齢層にファンがいることが伝わってきます。

『イース』シリーズで一番好きな作品は?

 赤毛の冒険家、アドル・クリスティンの物語を“彼が残した手記をゲーム化した”という設定で描く『イース』シリーズ。今年で35周年となりますが、最新作『イースX(仮)』も開発中とのことで、まだまだ続いていくことが期待されるシリーズです。

 そんな『イース』シリーズでは、どの作品が人気なのでしょうか? さっそく、結果を発表していきます。

5位『イースVI -ナピシュテムの匣-』

4位『イースSEVEN』

3位『イースIX -Monstrum NOX-』

 ここでシリーズの最新作である『イースIX』がランクイン。怪人たちが持つ“異能アクション”を駆使して、バルドゥークの街中を駆け回るのが爽快ですね。

 また、“赤の王”を通して、アドルの魅力が垣間見える作品でもあります。最初から最後まで印象強い場面も多く、監獄都市を舞台にミステリアスな物語が展開します。

  • ▲“アドル・クリスティン”とは何なのか? 『IX』では、新たな角度から彼を掘り下げています。

2位『イースII』

 日本ファルコム全体では3位に入った『イースII』が、こちらでは2位となりました。OP曲である『TO MAKE THE END OF BATTLE』の人気が非常に高いですが、全体的に良い曲が多く、天空の国という場所での冒険を盛り上げてくれます。物語ラストの「フィーナ……」は、何度見ても切ないですね。

  • ▲リメイク版であるエターナルのOP映像には、あの新海誠さんが携わっています。

1位『イースVIII-Lacrimosa of DANA-』

 1位を獲得したのは、PS VITA/PS4で発売された『イースVIII-Lacrimosa of DANA-』です。

 舞台であるセイレン島のあらゆる自然はもちろんのこと、もう1人の主人公でもあるダーナ・イクルシアの印象が強い方も多いと思います。

  • ▲シリーズ初のW主人公制となった本作。アドルとダーナ、過去と未来が交差する物語の行きつく先は……?

『軌跡(英雄伝説)』シリーズで一番好きな作品は?

 昨年発売された『黎の軌跡』で、舞台をカルバード共和国へ移した『軌跡』シリーズ。遊撃士、星杯騎士、警察、士官学院の学生(教官)、裏解決屋といったさまざまな立場の主人公たちが織りなす旅路が、厚みのある世界観の中で展開するシリーズ作品です。

 根強いファンも多いシリーズですが、どの作品が人気なのでしょうか? 結果を見ていきましょう。

5位『英雄伝説 零の軌跡』

4位『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』

3位『英雄伝説 空の軌跡SC』

 「前作とセットで好き」という方も多いであろう『空の軌跡SC』が3位にランクイン。ストーリーの完成度も高く、のちの作品に続く伏線なども多く撒かれている作品です。

 前作の『FC』や次作の『3rd』含めて多くの機種で発売されているので、未プレイの方はぜひ遊んでみてください。

  • ▲一緒に歩いていく2人。クロスベルやエレボニアでも姿を見ることができたのが嬉しいですね。

2位『英雄伝説 閃の軌跡』

 大国である“エレボニア帝国”を舞台にした『閃の軌跡』。その始まりである1作目が2位を獲得しました。

 まさかの結末を迎え、おおよそ1年後に続編である『II』が出るまで、落ち着かない日々を過ごした方も多いのではないでしょうか(似たような経験を『空の軌跡FC』でした方もいらっしゃると思います)。

  • ▲学生から始まったリィンの“軌跡”。『III』以降の教官姿も印象的です。

1位『英雄伝説 空の軌跡FC』

 他のランキングでも1位となっていた『空の軌跡FC』が、こちらでも1位となりました。つ、強すぎる……と、集計していて率直にそのような感想を抱いてしまいましたが、それだけ愛されている作品なのだと感じますね。

 続編含めて、エステルとヨシュアに焦点を当てつつ、リベールに生きる人々を魅力的に描いた名作です。

  • ▲少女と少年の出会い。丁寧に描かれた2人の関係は、本作の物語の要とも言えます。

 おおよそ半分の結果を公開いたしましたが、いかがでしたでしょうか? 残りの結果発表も近日中に行う予定ですので、お楽しみに!

『黎の軌跡』オンラインくじ実施中!

 スマホとPCから引ける、ハズレなしのオンラインくじに『黎の軌跡』が登場。『軌跡』の新たな出発点となった本作の、魅力的なビジュアルの数々がグッズとなってラインナップされています。

 最上位となるS賞の賞品は、大判で美麗イラストが堪能できる、選べるタイプのキャンバスアートパネルです。そのほかにも、アクリルインテリアプレートやちびキャラのアクリルスタンド、缶バッジなど、さまざまなグッズが当たります。10連でエレインやシズナの特典も付属します。

 “くじ引き堂”にて3月29日の16時59分まで実施中なので、お見逃しなく!

© Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

関連する記事一覧はこちら