アリーナ対戦に思わず熱中! 『レディセット・ヒーローズ』試遊レポ【TGS2019】

電撃オンライン
公開日時

 9月12日~15日に開催中の“東京ゲームショウ2019(TGS2019)”のプレイステーションブースに出展されているPS4用ソフト『ReadySet Heroes(レディセット・ヒーローズ)』の試遊レポートをお届けします。

 『レディセット・ヒーローズ』は、オフラインまたはオンラインで最大4人でマルチプレイ・ダンジョン探索とアリーナ対戦を楽しめるアクションゲームとなっています。

 まず始めに、10人のキャラクターの中からプレイヤーの好きなものを選びます。それぞれ個性豊かな見た目のキャラクターがそろっていますが、キャラによる能力の差はないとのこと。ある程度の見た目変更も可能です。

 それぞれ自分の好きなキャラを選んだら2人ずつのチームに分かれてゲームスタート。前半は、さまざまな仕掛けやモンスターが待ち受けるダンジョン内を進むことになります。

 道中に出現する宝箱からは装備やスペルと呼ばれるキャラクターが使用できる技・スキルのようなものが排出されます。

 確認できたものだと剣、斧、杖などがあり、それぞれ近距離・遠距離のスペルが用意されていました。また、レアリティも存在し、高いとステータスが上昇します。

 ちなみに、ゲーム自体に回避というコマンドがあるものの、防御が存在しなかったので、遠距離から攻撃できる杖はとても魅力的な装備だと筆者は感じました。

 もちろん筆者は、道中でレアリティの高い杖を見つけたので装備しました!

 他にも、宝箱から排出された装備はその場で現在装備しているものとのステータス比が表示されるようになっており、わかりやすい仕様なんじゃないかと。

 前半のダンジョンパートの制限時間が終了すると、後半のアリーナ対戦に突入。ダンジョンで集めた装備を身にまとい、2vs2のチーム戦に挑みます。

 アリーナ対戦の内容は、さまざまなものが用意されており、今回は自チームの大きな魚(ゴール)に対応のアイテムを入れて、総得点数で競うというものに。

 対戦中は、相手に攻撃して邪魔をするのはもちろん、相手のゴールに入れれば得点を減らせるお邪魔アイテムのようなものも登場。白熱の試合が繰り広げられ、仕事を忘れてしまいそうな勢いでプレイに熱中してしまいました。

 本作の操作自体はそれほど難しいものではなく、友だちとはもちろん、家族とも気軽に楽しめる内容じゃないかと。

 また、オンラインプレイに加えて、オフラインでの画面分割プレイも搭載。同じ場所に集まってプレイすれば、より楽しめること間違いなしの作品となっています。

 『ReadySet Heroes(レディセット・ヒーローズ)』はダウンロード専売で10月2日に配信開始。今なら予約購入で豪華特典がもらえるので、気になる人は予約ページをチェックしてみてください!

東京ゲームショウ2019 開催概要

【開催期間】
 ビジネスデイ……9月12日~13日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月14日~15日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)2,000円(税込)/前売1,500円(税込)
※小学生以下は無料

※価格は消費税率8%で計算されたものです。10月1日以降は消費税率10%で計算された価格に変更されます。
(C)2019 Robot Entertainment Inc(TM)
“ReadySet Heroes” is a trademark of Robot Entertainment Inc(TM)

ReadySet Heroes(レディセット・ヒーローズ)

  • メーカー: SIE
  • 対応端末: PS4
  • ジャンル: アクション
  • 配信日: 2019年10月2日
  • 価格: 2,149円(税込)