『鉄血のオルフェンズG』ゲーム画面公開。『ウルズハント』のガンダム・端白星が3Dで動く!【TGS2019】

そみん
公開日時

 バンダイナムコエンターテインメントはアプリ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG』の新情報を発表しました。

【訂正とお詫び】記事公開時、記事の見出しと本文にアプリ名が『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハントG』という記載がありましたが、正しくは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG』となります。訂正してお詫びいたします。

 この情報は、9月14日に東京ゲームショウ2019で行われた“ガンダムゲームスペシャルステージ”で発表されたものです。

 小川正和さん(SUNRISE BEYOND)、藤原 康則(BNE)さんが登壇し、さまざまなトークが展開しました。

 ステージでは、以前の発表会限定で公開されたロングPVが特別に公開されました。

 いやあ、何度見てもたぎりますねえ! ウィスタリオ・アファムの戦う姿はかわいらしくもかっこいいですし、ガンダム・端白星(はじろぼし)の動く姿もクールです。

 ちなみに映像の制作自体はかなり進んでいるとのことで、どんなタイミングで情報が出てくるのか楽しみですね。

  • ▲ウィスタリオ・アファム。金星付近のコロニー管理会社“アファム設備”の若社長。
  • ▲機体自体にいろいろ謎があり、まだ情報を明かせない部分が多いというガンダム・端白星(はじろぼし)。どんな手段で敵と戦うので、その戦い方にも注目してほしいとのこと。
  • ▲まだ詳しくはしゃべれないものの、とてもクセがあって、いろいろと面白いキャラクターとのこと。レンジ―はあまり恵まれた環境にはないキャラなので、テレビシリーズを知っている方は共感できたり、グっときたりするキャラクターになっているそうです。
  • ▲本編ではあまり注目されなかったフレームについても、かなりの部分をきちんとデザインし、ゲーム内で目立つようになっているとのこと。

 そして、本作が収録されるアプリの正式名称が『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズG』になることが発表されました。

  • ▲ついに正式なアプリ名が発表!

 このアプリでは『ウルズハント』という新規アニメ付きのゲームを楽しむことができるほか、アニメや『ウルズハント』に登場するキャラクターやモビルスーツを使って楽しめるゲーム『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』も遊べます。

 アニメのストーリーの追体験もできるそうです。楽しみ!

  • ▲簡単に言うと2本のゲームが遊べるわけですね。

 ステージ中には実機映像が公開されましたが、3Dで表現されたガンダム・端白星がかっこよく動いていました!

 年末年始くらいに続報を出したいとのこと。ちなみに『ウルズハント』のストーリーは1クール分くらいはほぼ見えていて、かなり完成が近づいているそうです。早くアニメもゲームも楽しみたいですね!

  • ▲11月16日には『オルフェンズ』のピアノコンサートが行われます。キャストによるトークもあるそうですよ。

東京ゲームショウ2019 開催概要

【開催期間】
 ビジネスデイ……9月12日~13日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月14日~15日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)2,000円(税込)/前売1,500円(税込)
※小学生以下は無料

(C)創通・サンライズ・MBS


SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ

  • メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
  • 対応端末:PC
  • ジャンル:SLG
  • 配信日:2019年11月28日
  • 価格:オープン