『原神』スマホ版が話題に! 『崩壊3rd』も充実したmiHoYoブースに長蛇の列【TGS2019】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 9月12日~15日に千葉県・幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2019(TGS2019)。その中のmiHoYoブースでは、人気アプリ『崩壊3rd』と最新作『原神』が試遊できます。

 大きな注目を集めている『原神』の試遊待機列はビジネスデイから長蛇の列となっていたり、ブースには『崩壊3rd』のコスプレイヤーさんが常駐したりと、会場の中でも存在感を放つブースとなっていました。

『原神』を求めて多くの人が殺到!

 miHoYoブースの目玉はやはり『原神』の試遊。本作は、2020年発売予定のPS4向けオープンワールド型のアクションRPGとして発表されていますが、TGS2019の試遊ではなんとスマホ版を遊ぶことができます。

 すでにローカライズされスマホに対応しているという事実にただただ驚愕。こうなると、コンシューマ版に続きスマホ版の登場にも期待してしまいます。もちろん、操作方法もスマホ向けに変更がなされていました。

 来場者が比較的少ないビジネスデイにもかかわらず、会場直後から待機列は1時間半~2時間待ち。その列は終日途絶えることなく、本作への注目度の高さを感じることができました。

  • ▲閉場時間が近づくと列形成がストップ。必ず試遊をしたい方は早めの時間に行くことをおすすめします。

 試遊を終えるとメダルを渡され、専用のガシャポンコーナーへ。試遊するとグッズをもらえるのですが、ガシャポンを介して入手するというユニークな渡し方となっています。

 もちろん、必ず何かしらのグッズはもらえるのでご安心を。一番の大当たりはTGS2019限定Tシャツとなっています。


『崩壊3rd』はゲーム以外の部分も充実!

 ブース内には『崩壊3rd』の試遊コーナーも。こちらも『原神』と同じくガシャポンによるグッズプレゼントがあります。


 また、グッズ展示やコスプレイヤーさんの衣装がバリュエーション豊かなこともあり、ゲームプレイ以外の部分も見どころいっぱい。

 こうした部分が充実しているのを見ると、シリーズ3作目まで続く長寿タイトルであることを改めて感じます。


 コスプレイヤーさんが快く撮影を引き受けてくれたので、記念に写真をパシャリ。一般公開日にはさらに多くの方がブースを訪れると予想されます。

 『原神』の待機列で心が折れてしまった人は、美しいコスプレイヤーさんを見て傷ついた心を癒しましょう!


東京ゲームショウ2019 開催概要

【開催期間】
 ビジネスデイ……9月12日~13日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月14日~15日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)2,000円(税込)/前売1,500円(税込)
※小学生以下は無料

Copyrights © miHoYo Inc. all rights reserved