『冤罪執行遊戯ユルキル』STGパートの実機プレイがお披露目。ステージの様子をお届け【TGS2019】

電撃オンライン
公開日時

 “東京ゲームショウ2019(TGS2019)”のKONAMIブースで、“イザナギゲームズ新作発表会”が実施され、2020年発売予定のPS4/PC用ソフト『冤罪執行遊戯ユルキル』の情報が公開されました。

 『冤罪執行遊戯ユルキル』は脱出ADV&シューティングゲーム。

 『賭ケグルイ』の原作者・河本ほむらさんが原作・シナリオを、『蒼き革命のヴァルキュリア』のキャラクターデザインを手掛けた清原紘さんがキャラクターデザインを担当しています。

 また、『モンスターハンター』シリーズの作曲家・小見山優子さんがBGMを、シューティングパートの開発はシューティングゲームの老舗グレフが担当しています。

 本ステージでは、本作のディレクター兼プロデューサー・梅田慎介さん、シューティングパート開発会社グレフ代表・丸山博幸さん、本作のBGM担当・小見山優子さんが登壇しました。

 はじめに本作の概要を簡単に説明。“脱出ADV&シューティングゲーム”というジャンルは、パートごとにやるべきことが変わってくることからこのように2つのジャンルが合わさったものとなっているそうです。

 ステージでは、“シューティングゲーム”パートを丸山博幸さんが実機プレイで披露。“シューティングゲーム”パートに至るまでのあらすじが公開されたのち、機体を操作する様子が見られました。

 本パートでは、ショットを放つ様子、弾幕を避ける、ボムで攻撃する他に、合間合間にシナリオカットインが入り、物語が展開していきました。



 軽快なペースでプレイが進められたので、会話内容を追うことはできなかったのですが、梅田さん曰く本作にはSTGが苦手な人でもシナリオを楽しめるよう、難易度設定が用意されているとのこと。これにより、シナリオを中心に楽しむこともできます。




 なお、TGS2019のKONAMIブースでは本作を試遊できるので、参加する方は遊んでみてはいかがでしょうか。

東京ゲームショウ2019 開催概要

【開催期間】
 ビジネスデイ……9月12日~13日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月14日~15日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)2,000円(税込)/前売1,500円(税込)
※小学生以下は無料

(C)IzanagiGames, Inc. All Rights Reserved.