『アッシュと魔法の筆』レビュー。“かいぶつ”と魔法の筆で灰色の世界を彩る感動体験【TGS2019】

まり蔵
公開日時
最終更新

 東京ゲームショウ2019(TGS2019)のSIEブースに出展されている、PS4用ソフト『アッシュと魔法の筆』TGS体験版のレビューをお届けします。

 発売を10月10日に控えた『アッシュと魔法の筆』は、“描く楽しさ”と“勇気”をテーマにしたファンタジックなアクションアドベンチャーゲームです。プレイヤーは心優しい少年アッシュとなり、魔法の筆によって命を与えられた“かいぶつ”とともに、どんよりと寂れた港町“デンスカ”を絵で彩っていくことなります。

 本作では、不思議な筆を使って建物の壁や屋根に絵を描いていくのですが、“かいぶつ”も自分でデザインすることになります。絵を描くこと自体は、コントローラを使って簡単にできるので、絵なんて普段描かないから……なんて人でも大丈夫。ただ、じゃあかわいい“かいぶつ”を描けるか、といったらそれは別の話なんですよ!

 あれこれ試した結果、気がついたら角を6つ持つ“かいぶつ”ができてしまい、解説してくれたスタッフのお姉さんに「とっても個性的なかいぶつになりましたね!」と素敵な笑顔でなぐさめられてしまいました。製品版をプレイするときは、もっとかわいいかいぶつをデザインしたい……!

 しかし自分でデザインしたかいぶつだけあって、かなり愛着が沸きます(たとえ角が6つあったとしても)。特別な筆をもらうため、ボールなどを使ってかいぶつと遊んだりするのですが、仕草や喜び方がすごくかわいい。絵を描くことそっちのけで、ずっとかいぶつと戯れていたくなるくらいかわいかったです。

 いつまでもかいぶつとばかり遊んでいたかったのですが、ゲームが進まないので絵を描くことに。描ける風景のパーツが用意されており、星や草、花、オーロラなどを組み合わせて建物の壁や屋根に絵を描いていくのですが、かなり大胆な描き方をしてもそれなりに上手に見えるから不思議です。

 町の中に散らばるスケッチブックのページを入手すると、描ける風景デザインが増えていくので、パターンもどんどん広がっていきます。気がついたら、筆を片手に町中を駆けめぐっていました。灰色の世界が鮮やかな色に彩られていく様を眺めているだけでも楽しいんですよ!

 たった15分の試遊でしたが、灰色の世界に色が洪水のようにあふれる美しい映像を見て、心が揺さぶられました。TGSは明日からいよいよ一般公開ですが、会場に足を運んだ方は、ぜひ本作をプレイしてこの感動を味わっていただければと思います。VR版もプレイアブル出展されているので、そちらもぜひ体験してみてください!

  • ▲試遊した人には『アッシュと魔法の筆』仕様の素敵なスケッチブックがプレゼントされます。

東京ゲームショウ2019 開催概要

【開催期間】
 ビジネスデイ……9月12日~13日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月14日~15日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)2,000円(税込)/前売1,500円(税込)
※小学生以下は無料

※税込価格は消費税率8%の価格です。10月1日以降は消費税率10%の価格に切り替わります。
(C)Sony Interactive Entertainment LLC.

アッシュと魔法の筆

  • メーカー: SIE
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクションADV
  • 発売日: 2019年10月10日
  • 希望小売価格: 2,900円+税

アッシュと魔法の筆 デジタルデラックス版

  • メーカー: SIE
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクションADV
  • 配信日: 2019年10月10日
  • 価格: 4,212円(税込)

アッシュと魔法の筆(ダウンロード版)

  • メーカー: SIE
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: アクションADV
  • 配信日: 2019年10月10日
  • 価格: 3,132円+税