魔法少女やヨッシーが大暴れ!? TGSに出展された爽快感抜群の"破壊系"インディゲームを遊び倒す!【電撃PS】

まさん
公開日時

 ヤッタ――――!! 今年も、ついに東京ゲームショウ(TGS)の季節がやってまいりました。いろいろあって一睡もせずに突入したので、冒頭からテンションが高い担当ライター・まさんです! なんか、この流れ去年もみたぞ。

 というわけで、2019年9月12日から15日の4日間(12日と13日はビジネスデイ)、千葉県の幕張メッセで日本最大のゲームイベント・東京ゲームショウが開催されています。

 大手の最新ゲームはもちろん、小粒でキラリと光るインディゲームからe-Sportsまで、ありとあらゆるゲームのコンテンツが用意されたゲーマーにはたまらないお祭りですね。

 毎年恒例ということで、今年も会場を回って気になったインディゲームの最新タイトルをお届けしていきます。一般日にTGSへ向かう方も、TGSには行かないけどゲームが好きという方も、ぜひチェックしてみてください!

ウルトラ強い怪獣たちが大暴れ! マレーシアから来た愛の塊『GIGABASH』

場所:HALL9-E37

 まず1発目は、プレイして感動しちゃった対戦アクション『GIGABASH』から行きましょう。このゲーム。自分はまったくノーマークだったのですが、ビジネスデーにもかかわらず、人だかりができていたんですよ。

 これは気になると思って早速プレイしてみたら、なんですかコレ! 特撮大好きな自分のツボを突きまくりですよ!! 日本のロボットアニメ円谷プロの怪獣みたいな怪獣たちが画面で大暴れするのは単純に楽しい!

  • ▲絶対に無敵そうな感じのロボットや、オリジナルなのに何か懐かしくてちゃぶ台を用意して語りたくなるような怪獣まで、使える怪獣も良さげ!

 最近出たロボットゲームの『オーバーライド 巨大メカ大乱闘』や、昔あった『キングオブモンスターズ』を思わせるような大乱闘ゲームで展示版の完成度も高いのですが、制作したPassion Republic Gamesにとっては、なんと初作品だとか。

 マレーシアのゲーム会社なのですが、彼らも日本の特撮やハリウッドの巨大怪獣映画などが大好き。日本人の好きなものから影響を受け、それに対するリスペクトから作られたことがよくわかります。

  • ▲ワチャワチャした見降ろしの対戦画面から必殺技を使ったときのアップ。選択するときのカットまで、あふれる巨大特撮臭がたまりません!

 日本ではまだまだ発売未定の状態なので、ぜひこの記事を読んだパブリッシャーさんなどに応援してもらって日本でも出して欲しいですね。

  • ▲ゲームをプレイするとクリアファイルがもらえます。このクリアファイルのセンスよ! ありがとう!!

魔法少女が砲塔片手に大暴れ! 撃って壊して気持ち良い『魔砲少女のメイガスフィア』

場所:ホール10E-24


 メディアスケープのPlay,Doujin!ブースには、新作タイトル『魔砲少女のメイガスフィア』がありました。このゲームは3Dアクションなのですが、特徴的なのは女の子が持っている武器が遠距離専用の銃……というか、戦車の砲塔だという点ですね。

 この砲塔でワラワラやってくる敵をバッカンバッカン撃つのが単純に気持ち良いのですが、それだけではなく背景の建物も破壊できちゃいます。建物を破壊して巻き込むほどエネルギーが貯まるなど良いことがあるので、バンバンぶっ壊せるという魔砲少女とはいったい……?

 そんな感じでゲージがたまったら魔砲少女に変身! スピードが早くなるなど単純に強くなってさらに気持ちよくボコボコ破壊できます。敵が多いのでちゃんと攻撃を避けるゲーム性もありつつ、破壊の快感がたまらない作品でした。

ちょっとシュールな一撃必殺剣戟格闘『DIE BY THE BLADE』

場所:HALL10E-39


 CEE by Game Industry Conferenceという長い名前のブースにあった、剣戟格闘ゲームがシュールで忘れられません。昔、一撃必殺の『ブシドーブレード』という格闘ゲームがあったのですが、じつは近年でも一撃必殺の刀の斬り合いゲームはインディゲームで結構出てるんですよ。

 これもそんな一撃必殺系ゲーム。上段、中段、下段と刀の構え方を変えつつ、相手を斬ったら一撃死! といういさぎよすぎるゲームです。

 ただ、選べるキャラが普通の武士じゃなくてとてもシュールなのが気になりますね。誰なんだヨッシー。この芸者、お座敷に呼びたくない……。ほかにもアフリカとかそっちのほうの大陸にいそうなシャーマンが選べるなど、インパクトがありすぎます!

 ちなみに、ヨッシーは開発者の知り合いらしくて、モデルになった本人ともお会いできました(ゲームのインパクトが強すぎて詳しいことを聞くのを忘れてしまった……)。

PlayStation MobileからやってきたPS Vita専用ソフト『Million SHEllS』

場所:HALLL10E-50


 2015年にサービスが終了してしまったPS VitaのPlayStation Mobile(以下、PSM)。これはPS Vitaでインディゲームが遊べる画期的なサービスで、ここでしか遊べないゲームも多かったのですが、今ではサービスが終わってしまって覚えている人も少ないプラットフォームだったりします。

 『Million SHEllS』は、そんなPSM専用タイトルの完全版。ディベロッパーのFlyteCatEmotionがPSMの終了後も作り続けていた作品で、なんと今年の12月17日にPS Vita専用のダウンロードタイトルとしてされるのです。すごい!
 

 内容は、戦艦に砲台を設置していくタワーディフェンス。敵をターゲッティングして砲台を打ち分けながら戦っていきます。PS Vitaのタッチ機能を中心に使うゲーム性になっており、タッチで敵の弾を消すことも可能。

  • ▲PSM版にはなかったチュートリアルもつきました。

 タワーディフェンスなので忙しいゲームなのですが、砲台から全弾を発射する切り札もあり、ギリギリの忙しさと全弾発射の気持ち良さが同居したゲームですね。おそらく、PSM出身のゲームが今後Vitaで発売されることはないと思いますし、そういう意味でも貴重なゲームです。

 というわけで、まずは"破壊"の気持ち良さがあるゲームからいくつかチョイスしてみました。もちろん、TGSのインディゲームレポートはまだまだ続きますよ!