『ドラガリアロスト』1周年記念インタビュー。マルチもソロも、より遊びやすく改修したい

イナヤ マギ
公開日時

 任天堂とサイゲームスのiOS/Android用アクションRPG『ドラガリアロスト』が、9月27日で1周年を迎えました。

 それを記念して、7月に新ディレクターとなったBlazeGamesの岡田佑次氏にインタビュー! 『ドラガリアロスト』の今後について伺ってきました!

  • ▲『ドラガリアロスト』新ディレクターの岡田佑次氏。

コンセプトはそのままにコンテンツを充実させていく

――7月に新ディレクターに就任されましたが、新たな目標や開発コンセプトなどがあれば教えてください。

岡田:、開発コンセプトはディレクターが私に変わってからも一貫していて、“気持ちがいい操作感”と“しっかりとしたキャラクター育成”で、遊びやすいアクションRPGを目指してくことです。

 ただ現段階では、まだまだ遊びにくい部分があり、コンテンツ数も十分ではないと考えているので、新ディレクターとして改めてゲームの充実化をはかっていきたいと思っています。

――サービス開始から1年経過して、印象に残っている出来事や反響が大きかったイベントなどがあれば教えてください。

岡田:今年4月に行った『ファイアーエムブレム ヒーローズ』イベントですね。既存のユーザーだけでなく、『ファイアーエムブレム』シリーズファンの方にも楽しんでいただけるように開発し、たくさんの反響をいただきました。

 あとは召喚の仕様変更も反響が大きかったですね。召喚に関しては、ユーザーの方々からたくさんご意見をいただいていた部分でした。

 このゲームにおいて一番適した召喚の形は何かと考えたときに、竜輝の護符は入手経路を変えようということになり、仕様変更させていただきました。他のタイトルでは類を見ない変更だと思いますが、かなりいい反響をもらいましたので、思い切って変更してよかったと思っています。

――『ファイアーエムブレム ヒーローズ』は、初のコラボイベントでしたよね。配信からかなり時間が経ってからの開催ですが、なぜこのタイミングにイベントを実施したのでしょうか?

岡田:お時間いただいたのは、まだリリースして間もないということもあり、本作の世界観をきちんと構築することを優先したいと思ったからです。

 こういったイベントを行うと、どうしても本作とは違う世界観を導入することになります。それとミックスされて面白いと感じるには、まず本作の世界観やコンテンツがしっかり作られている必要があると思いましたので、まずは本作内の世界観を充実させてから、開催させていただきました。

現在10章配信中だが、まだまだ始まったばかり!?

――現在メインストーリーが全10章までプレイできますが、岡田さん個人が印象に残ったシーンはどこでしょうか?

岡田:第5章で妹のゼシアが敵側に回ってしまうシーンです。イラストもしっかり用意しましたし、本作を始めてから1つの節目となるところなので印象深いですね。

――確かにあのシーンは自分も驚きました! その後の6章で新王国が建国されるので、まさにストーリーの転換期になるシーンでしたね。では、ユーザーの反響が大きかった章やシーンはどこでしょうか?

岡田:アルベリア王国の兄弟が登場する章は、必ず一定の反響がありますね。兄弟たちはストーリー上重要なキャラクターなので、しっかり個性を作りこんでキャラクター設定およびデザインをしており、毎回出すたびに反応が気になっているのですが、各キャラ好評で安心しています。

 その中でもエミュールに注目が集まったのは少しだけ意外でした(笑)。困った性格ですが、なんとなく憎めないところが人気の理由なのかもしれないですね。これから彼はどうなるのかは、皆がドキドキしているところだと思いますので、今後の展開に期待していてください!

 逆にレオニードとかヴァルクスは、しっかりとした兄のイメージでデザインしていますが、こちらも好評をいただいています。

――そこまで人気が高いと、ユーザーからプレイアブルキャラにして欲しいという要望がありそうですが、今後実装など考えているのでしょうか?

岡田:10章までプレイしていただくとわかりますが、兄弟たちとの関係も変化が起きてきます。現在のところはメインストーリーにおける重要なキャラクターだと分かっていただけると思います。ただ、いずれはユーザーの方々が驚く形で何かできればとは考えています。

――10章に入ってそろそろ佳境のようにも思えてきましたが、ストーリー全体としてどのあたりまで進んできたのでしょうか?

岡田:現在公開されているストーリーは、終盤のような展開を見せていますが、開発サイドの計画としては実はまだまだ始まりの段階です。ユーザーのみなさんの期待をいい意味で裏切ったストーリー展開になっていく予定なので、楽しみにしていただければと思います!

――今後、メインストーリーはどれくらいの期間で追加する予定でしょうか?

岡田:9月に10章が追加されましたが、11章は少しお時間をいただいて12月ごろの予定となっています。その後に関しては、2か月ごとに1章追加する計画ですので、今よりも定期的にお届けできると思います。

 また、章が追加された次の月にはフルボイスではないのですが、ストーリー内容を補完するようなストーリーを追加します。ここで語られるストーリーも今後のストーリーにおいて非常に重要な伏線などもでる可能性がありますので、ぜひご期待いただければと…。

 メインストーリーに関しては、これから徐々に強敵も出していこうと思っています。ストーリー内容だけでなく、バトルのやりごたえも追加されますので、ぜひそちらも楽しみにしていただければと思います。

1周年記念で主人公のドラフェスver.が登場!

――次にキャラクターについての質問です。アクション性の高いゲームですので、キャラクターの制作は大変だと思いますが、どのようにして新しいキャラクターを制作しているのでしょうか?

岡田:新キャラクターやドラゴンは、デザイン性と現状リリースされているキャラクターとのバランスを重視して制作しています。キャラクター性が偏ることは避けたいので、そこは注意しつつ、既存のドラゴンや護符との組み合わせでも楽しめるようなキャラ作りをしています。

――キャラクターが作られる際、イラストや設定など制作順は決まっているのでしょうか?

岡田:デザインからだったり、イベントのストーリーからだったり、キャラによって様々ですね。

――では、ドラガリアフェス限定で入手できるドラフェスver.の方は、どうでしょうか?

岡田:ドラフェスver.は、現状はメインストーリーで出てくるキャラクターに設定を加えた形で制作するので、根本的に作り方が違います。どうしてそのキャラクターがドラフェスver.として強くなるのかというストーリーを重視して作っています。

 1周年記念のドラフェスでは、主人公のドラフェスver.が登場します。どうしてこのような風貌になったのかという経緯は、現時点の最新話の10章で明らかになっているので、プレイしていただければと思います。

――岡田さんや開発スタッフのお気に入りキャラクターは誰ですか?

岡田:自分のイチオシはアグニですね。王道ドラゴンながらところどころ細かいデザインがあり……かっこいいです。

  • ▲“炎帝”と恐れられるドラゴンのアグニ。
  • ▲3Dモデリングもかっこいい!
  • ▲アグニはヴォイド討伐戦にも登場しています。

 また、デザイナーはクラウとマリティムスがお気に入りだと言っていました。

  • ▲物語を進めると仲間になり、パーティメンバーとしても活躍するクラウ。デザイナーさんからは「三百年、主を待ち続けた芯の強さと優しさを兼ね備えたみんなのお母さん。たまに見せる照れた表情が好き」とのコメントをいただきました。

  • ▲クラウと言えば、9章でのかわいさがすごかったですね!
  • ▲レイドイベント“闇穿つ光の歌声”の報酬として登場したドラゴン“マリティムス”。デザイナーさんからは「ユーザーにも開発者にも愛されているマリティムス、マスコット的な魅力でこれからも『ドラガリアロスト』を支えていってほしい存在です」とのコメントをいただきました。

――ちなみに岡田さんはどの武器をよく使っていますか?

岡田:私は、決まったものはこれといってなく近距離、遠距離どちらもプレイしますね。真ドラゴンの試練もすべて両タイプの武器でクリアしています。プレイヤーの皆さんのクリアスピードには負けてしまいますけどね(笑)。

1周年からは特にレイドバトルが熱い!

――1周年記念のキャンペーンや見どころについて教えてください。

岡田:まずはドラガリアフェスに合わせて、毎日無料で10連召喚ができます。これから遊ぼうという方や久しぶりにプレイするという方もスタートダッシュしやすい時期だと思いますので、活用していただければと思います。

――この1年でかなり遊びやすくなりましたよね。今は遊んでいないユーザーの方々に向けてのアピールポイントはありますでしょうか?

岡田:配信がスタートした頃は、キャラクターや遊べるコンテンツなどが少なく、ゲームボリュームに大きな課題がありましたが、1周年になる現在は、キャラクターやドラゴン、護符や武器の種類も格段に増え、真ドラゴンの試練などコンテンツ数もかなり充実してきています。

 おまかせ機能の倍速や施設の即時建築アイテムなど、より便利で手軽に遊べるシステムも順次追加していきますので、ストレスなく手軽に進めることもできるし、難関コンテンツにもがっちりチャレンジすることもでき、遊びごたえのある作品になってきているかなと思います。

 今後もバランスを調整しながらコンテンツを追加していきますので、今プレイしていない方もぜひまたプレイしてみてください!

――他には見どころはありますでしょうか?

岡田:キャラクター詳細画面から、期間限定のお祝いボイスを聞くことができます。ちなみに全キャラクターに用意していますので、普段使っていないキャラもこの機会にぜひ聞いてみていただければと思います。

 あと、シーリスとムムのお祝いスタンプが3つほど追加されます。自動的に追加されるので、スタンプ編集で入れ替えて使ってみてください。

――ほかにもレイドバトルのシステムもアップデートされて、より遊びやすくなるとか。

岡田:はい。レイドイベントを1年開催してみて、単調に周回することが多いなと感じていたので、周回はしやすくしつつも、毎回違った楽しみがあるように改善したいと思っていました。

 そこでレイドを遊ぶたびにランダムでパラメータが上がっていく“レイドブースト”を追加しました。このシステムで毎回どのパラメータが上がるのかという楽しみができますし、クリアできなかった高難度も挑戦できるようになると思います。

 またEXレイドボスバトルは特定のアイテムを溜めていつでも行けるようにしましたので、自由なタイミングで何度も行きたいという方が遊びやすくなると思います。9月30日から開催する1周年のレイドイベントでは新難易度も追加します。初心者から上級者まで楽しんでいただけると思いますので、ぜひ参加してみてください!

マルチコンテンツだけでなく、ソロコンテンツも同時に充実させていきたい

――今後の展望についてお伺いします。本作ではマルチコンテンツが人気だと思うのですが、今後はマルチコンテンツの割合を増やしていくなどの予定はありますでしょうか?

岡田:今ある最難関コンテンツのように、4人で協力して挑むマルチプレイコンテンツは一定の評価を頂いているので、それは本作の魅力としてより強化していきたいと思っています。

 ただ、4人とはいえ、ユーザーが時間を合わせて集まれるタイミングはそう多くはないと思いますので、1人でも楽しめるコンテンツも同時に増やしていきたいなと考えています。

 また、真ドラゴンの試練のような高難易度マルチコンテンツはもちろん充実させていく予定なのですが、新規ユーザーが遊びやすくなるように調整することも考えています。

――具体的にはどういった調整を考えているのでしょうか?

岡田:高難易度コンテンツは時間が経つにつれて情報が少なくなってクリアしづらくなるので、ある程度時間が経過したコンテンツは、攻略方法をゲーム内でフォローしたりなどは検討していきたいです。また、ユーザーがストレスなく、効率よく遊べるようなガイダンスの強化は考えています。

――武器の種類は現在8種類ありますが、今後増やす予定はありますか?

岡田:武器の種類を単純に増やすと、どうしても既存のシステムに支障が出てしまう恐れもありますので、すぐにはできないと思いますが、検討はしていきたいとは思っています。

――第6層マナサークルの解放は、どのキャラクターから対象になるのでしょうか?

岡田:現在開発中のため具体的には誰とは言えないのですが、メインストーリーに出てきているキャラクターや、初期に出てきたキャラクターを強化する予定で、順次紹介したいなと思っています。

――ドラフェスver.の主人公など、メインストーリーに絡めた新キャラや新コンテンツが登場していますが、今後も増やしていく予定でしょうか?

岡田:そうですね、より増やしていきたいと思います。

――最後にファンにメッセージをお願いします。

岡田:この1年こうしてゲームを運営してこられたのも、プレイヤーの皆さんに遊んでいただき、応援してくださったおかけだと思っています。本当にありがとうございます。

 そのご期待に応えるべく、1周年では様々なキャンペーンやイベント、新機能の追加などを行う予定です。ゲームから少し離れてしまった方でも、以前よりコンテンツも増え、システムも改善されて、遊びやすくなっていますので、ぜひこの1周年を機会にまた遊んでみてください。

 とはいえ、まだまだ課題も多くあると思っています。1周年以降もこれまで以上にゲームを面白くしていきたいと思いますので、楽しみにお待ちいただければと思います。これからも『ドラガリアロスト』をよろしくお願いします。

© Nintendo / Cygames