最強サブスク爆誕か。数百本のPS4&5タイトル遊び放題+初代PSやPS2、PSPの神ゲーまで!【PS Plus Premium】

Go
公開日時
最終更新

 SIEは、定額サービスである“PlayStation Plus”の新サービスを6月より開始すると3月29日に発表しました。

 これまでの“PlayStation Plus”と同等となる“Essential”に加えて、PS4/PS5タイトルを定額でプレイできる“Extra”、そして初代PSやPS2、PSPなども遊べる“Premium”が追加されます。

3種類から選択できるサービス内容

 3種類のサービスから選択できる形となる新体制の“PlayStation Plus”。まずは、それぞれのプランの価格や特典をあらためて、簡単に紹介していきます。

PlayStation Plus Essential

 既存のPS Plusと同等で、サービス内容は以下の通り。価格については、現行のPS Plusの価格から変更なしとなっています。

・フリープレイ(毎月2つのゲームを追加費用なしでダウンロード可能)
・加入者限定割引
・セーブデータお預かり(クラウドストレージ)
・オンラインマルチプレイ

期間 価格
1ヶ月利用権 850円
3ヶ月利用権 2,150円
12ヶ月利用権 5,143円

PlayStation Plus Extra

 “Essential”に加えて、PS4&PS5タイトルをダウンロードプレイ可能。そのラインアップには、PlayStation Studiosを始め、各ソフトウェアメーカー各社のヒット作品も含まれています。

・“PS Plus Essential”に含まれるすべてのサービス。
・数百本のPS4とPS5タイトルをダウンロードしてプレイ可能。

期間 価格
1ヶ月利用権 1,300円
3ヶ月利用権 3,600円
12ヶ月利用権 8,600円

PlayStation Plus Premium

 上記2つのサービス内容に加え、PS3やPS2、PSPなどのタイトルも遊べるようになる最上位プランです。もっとも遊べるゲームの数が多くなる、ゲーム好きにはたまらない内容になっています。

・“PS Plus Essential”および“PS Plus Extra”のすべてのサービスを利用可能
・追加でPS3タイトル(クラウドストリーミングを通じてプレイ)、初代PS、PS2、PSPのクラシックタイトル(クラウドストリーミングおよびダウンロードを通じてプレイ)がプレイ可能
・購入前にお試しプレイできるゲームトライアル利用可能(プレイ時間に制限あり)。

期間 価格
1ヶ月利用権 1,550円
3ヶ月利用権 4,300円
12ヶ月利用権 10,250円

 ちなみに、クラウドストリーミングを利用できない国や地域に向けては、“PlayStation Plus Premium”より低価格な“PlayStation Plus Deluxe”が提供されます。

PS~PS3のゲームが遊べる“Premium”に期待!!

 簡単にいうと、これまでと同じ(Essential)→さらに数百本のPS4/PS5ゲームのダウンロード可能(Extra)→さらにPS、PS2、PS3、PSPのゲームも遊べる(Premium)という3段階のプランになっており、そこから自由に選択が可能です。

 特に“Premium”は、現状のストリーミングサービス“PS Now”のサービスが統合される形となっており、料金などが一本化されるので、両方入っていた人にはうれしい内容と言えます。

 個人的にもっとも注目したいのは断然“Premium”です。ストリーミングサービスももちろん期待ですが、初代PS~PS3までのゲームが遊べるようになるのは、本当にうれしい!

 現状、PSアーカイブがありますが、プレイするのにPS3やPS Vitaなどが必要になるのは正直なところ面倒でした。それがこのプランにより、PS4/PS5で遊べるようになるのです。

 気になるのは対応タイトルですが、他媒体でのジム・ライアンCEOインタビューでは、“タイトル名はまだ挙げられないが、きっと気に入っていただけるクラシックゲームがリストに入っている”といったことを話しています。

 最新ゲームももちろんいいですが、PSなど昔のタイトルを、ふと遊びたいと思うことは多々あります。自分が昔遊んでいたタイトルを、子どもと一緒に遊べるなんてこともいいですね。

 PS4が現役で稼働している自分にとっては、しっかりPS4に対応しているのもうれしいポイントです。

ゲームライブラリ充実もうれしい!

 もう1つ、“Extra”、“Premium”で提供されるPS4/PS5のライブラリーにも期待大です。

 具体的なタイトルとして、『ゴッド・オブ・ウォー』、『Marvel’s Spider-Man』、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』、『Returnal』、『デス・ストランディング』などが公開されていますし、今後はサードパーティの主要なタイトルも提供されていくようです。

 ジム・ライアンCEOによればその数は数百本ということなので、かなりのボリュームを誇っていそう。有名タイトルも多く含まれると思われます。

“Premium”でPSの歴史を感じたい!

 総合的に見ると、初代PSの時代からPSフォーマットのゲームを遊んできた自分にとっては、幅広いハードのゲームをプレイできる“Premium”一択というイメージを受けています。

 値段的には一番高くなるのですが、実質“PS Now”も含んでいますし、内容からすればお得なプランと思えます。

 25年以上の歴史を持つPSフォーマットとともにゲーム人生を歩んできた自分には、思い出が詰まっているゲームも多いです。

 このプランで、最新作を楽しみながら、当時の思い出にも浸りたいですね。

©2022 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連する記事一覧はこちら