花江夏樹も参加! 土屋太鳳主演ドラマ『やんごとなき一族』が明日放送

電撃オンライン
公開日時

 4月21日より放送が開始されるフジテレビ系連続ドラマ、木曜劇場『やんごとなき一族』第1話のあらすじを紹介します。

 土屋太鳳さんがフジテレビ系連続ドラマ初出演にして初主演! 共演は松下洸平さんで送る、庶民の家庭から上流社会の一族に嫁いだ女性のハッピーエンドの先にある戦いを描く“アフター・シンデレラ・ストーリー”。

 声優の花江夏樹さんがナレーションで参加することでも注目を集める本作が明日4月21日より放送開始されます!

第1話あらすじ

 篠原佐都(土屋太鳳)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りする女性。ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下洸平)にプロポーズされ、それを受け入れる。

 佐都が健太の実家へ挨拶に行くことになった日、2人を迎えに、1台の高級リムジンが店の前に現れる。なんと健太は、江戸時代から400年以上続く名家で莫大(ばくだい)な資産を有する一族・深山家の御曹司だったのだ。

 健太の出自に驚き、彼の両親に気に入ってもらえるかと不安がる佐都に、健太はこれまで実家と距離をとってきた理由を正直に打ち明ける。

 そして、深山家当主である父の圭一(石橋凌)が佐都に会いたがっていることを伝えて安心させる。

 その後、2人は深山家に到着するが、圭一から命令された健太の母・久美(木村多江)によって、佐都は門前払いを食らい呆然(ぼうぜん)とする。

 圭一は、佐都が庶民であるという理由で2人の結婚を受け入れていなかった。上流社会の理不尽なしきたりや深山家内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)される佐都と健太。そしてここから、2人の奮闘の日々が幕を開ける!


※画像は公式Twitterのものです。
© Fuji Television Network, Inc.

関連する記事一覧はこちら