ガチャがすべての痛快成り上がり伝『アキトはカードを引くようです』作者インタビュー

電撃オンライン
公開日時

 “スレ発ラノベ4”の第4弾として10月25日にMF文庫Jから発売される小説『アキトはカードを引くようです』の作者・川田両悟さんのメールインタビューをお届けします

 “スレ発ラノベ4”は、Web掲示板のスレッドで人気を博した物語を書籍化する企画。この企画で書籍化される4作品は、やる夫と呼ばれるアスキーアートのキャラクターを主人公にしたり、既存の作品のキャラクターを登場させたりして物語を展開していく、いわゆる“やる夫スレ”で生まれた作品です。

  • ▲本作の表紙イラスト(イラスト:よう太)。

 川田さんが執筆した『アキトはカードを引くようです』は、女神たちが人類に与えたカードですべてが決まる世界を舞台に、人生を賭けて戦う青年の姿を描いた“成り上がりバトルエンタメ”です。やる夫スレでは、『やる夫はカードを引くようです』のタイトルで連載されていました。

『アキトはカードを引くようです』あらすじ

 この世に現れた女神たちが人類に与えたカードですべてが決まる世界――

 今はまだ何者でもない労働者・高槻アキトには、世界中の名だたるカードを手に人生を賭けて戦う壮大な夢があった!

この世界で生きる主人公の姿を楽しんでほしい

――この作品を書いたきっかけを教えてください。

 元々ネットで創作を続けていたのですが、本を出してみないかとお声がけをいただいて出させていただくこととなりました。正直、よく私に声をかける気になったなというのが第一印象です。すげえチャレンジャーだな、と。

――作品の特徴やセールスポイントを教えてください。

 『アキトはカードを引くようです』の世界では、ガチャで出したものを実物として取り出すことが可能です。それゆえガチャ運で人生が決まり、また世界の支配権すら戦闘用のカードを扱う技術で決まります。

 そんな世界で主人公アキトがなにを思い、どう生きるのかを一緒に楽しんでいただければと思っています。

――作品を書くうえで悩んだところはどの部分ですか?

 地の文とキャラクターの構築です。地の文は経験が浅く、技術的に苦心しました。また二次創作出身なので「キャラクターは大丈夫なのか?」と耳にたこができるぐらい言われましたね。逆にストーリーはすでに大筋が固まっているので苦心は少なかったです。

――執筆にかかった期間はどれくらいですか?

 最初に書き終えたのは2巻合わせて3、4カ月程度だったような気がしますが、そのあと改稿などあれこれで結局半年以上かかりきりでした。まさかここまで大変とは思わず、正直受けたことをだいぶ後悔したりもしました。

――キャラクターの名前はどのように考えていったのでしょうか。例えばアキトという名前には、何か理由や狙いが込められているのでしょうか。

 アキトに関しては名前がタイトルに入ってしまうため、読み上げたときあまり違和感がない名前を探しました。はやりの名前一覧などを参考に、どうにか今の名前に収めた感じです。

 他の名前は、それぞれのキャラの出身国を仮に設定して、それぞれの国の人名辞典からよさそうな名前を探して付けました。

――特にお気に入りのキャラクターは誰ですか?

 主人公の相棒のキャロル=オールドリッチですね。あまりいないであろう守銭奴ヒロインということで個性的かなと。他に、戦闘面の相棒である騎士アルファロメオや、ライバルキャラのマスラオもお気に入りです。

――メインビジュアルとして公開されているキャロルのイラストの脇とおへそが素晴らしいのですが、これは川田さんのオーダーでしょうか? それとも、イラストレーターのよう太さんの発案でしょうか?

 おへそは編集の方の発案で、脇はよう太先生がそう描いてくださいました。アホ毛と八重歯は私がお願いしました。それぞれの考えが集まったものを、よう太先生が素晴らしく仕上げてくださった感じです。

――カードを題材にした作品ですが、川田両悟さんはカードゲームなどは遊ばれるのでしょうか?

 カードゲーム自体はいくつかをたしなむ程度にはやったことがありますが、あまり本格的にはないですね。ただゲームは好きで、特にアクションゲーム系が好きです。最近は遊べてませんけれど。

――今後はどんなものを執筆したいか、もしも決まっていたら教えてください。

 以前ネットで発表した、冒険者もののお話も出せるなら出したいですね。冒険者ものといっても、あまり冒険はせず、地下迷宮からあふれ出す富でバブル期のような好景気に沸く街の経済に、主人公たちが翻弄(ほんろう)されるお話ですが。

 そちらも小説で読みたいというお声をいただいていますし、いつか出せたらいいなと。

――小説を書く時に特にこだわっているところはどこですか?

 それぞれのキャラクターの心理描写は頑張りたいと思っています。自分自身、物語を読むとき登場人物たちがなにを考えどう行動するのかを楽しむ傾向がありますので。それぞれの思惑が絡みあう戦闘がどう展開し、どう決着するのかなどをしっかり書けたらと思っています。

――アイデアや集中力を高めるためにやっていることはありますか?

 アイデアは散歩などをしながらひたすら妄想して出してます。気分転換に銭湯などにも行きますね。集中は、柔軟体操や音楽をかけるなどいろいろ試しましたがあまり自分にあっているものはありませんでした。

 今はとにかく無理矢理にでも書き出して、それで1、2時間続けられればいやでも集中してくるというごり押しをしてます。なので、ある意味それが集中力を高めるためにやっていることですね。

――これまでに影響を受けた作品を教えてください。

 山ほどありますが、特別な作品は田中芳樹先生の『アルスラーン戦記』です。いつか自分でも戦記ものを書いてみたいです。自分がやるならファンタジー系になるとは思いますが。

――現在注目しているコンテンツを教えてください。

 VTuberです。アイドルとも実況者とも少し毛色が違うジャンルで、今後どういう扱いになっていくのか楽しみです。

――読者の皆さんに一言メッセージを!

 私を知っている方は、ありがとうございます。皆様のおかげで本が出せることになりました。知らない方は、初めまして。なんだこいつは? とお思いでしょうが、この度、ひょんなことから本を出させていただくことになりました。

 どちら様も、主人公アキトと相棒キャロルの金とカードを巡る冒険にお付き合いくださいましたら光栄です。どうぞよろしくお願いいたします!

© KADOKAWA CORPORATION 2019
イラスト:よう太