【電撃PS】手塚キャラが美少女擬人化して登場する『絵師神の絆』。新たに参戦する4人の伽羅少女たちを紹介!

電撃PlayStation
公開日時

 手塚プロダクション監修のもと、コンパイルハートが制作を手掛ける完全新作ゲームアプリ『絵師神の絆』

この世に数々の名作を生み出した、“漫画の神様”こと手塚治虫先生。『絵師神の絆』は、手塚先生の作品に登場するキャラクターたちを戦うヒロイン“伽羅(キャラ)少女”へと擬人化させたスマホアプリです。

プレイヤーは1人の創作者となり、伽羅少女たちとコミュニケーションを深めながら、破壊の神“シメキリ”と戦うことになります。

 電撃PlayStation Vol.680では、新たに参戦が決定した4人の伽羅少女と、彼女たちのイベントシーンもお届けしています。

オリジナル作品“ファウスト”からは可愛らしいハートマークがポイントの悪魔メフィスト、“ブッキラによろしく!”からは黒いウサギを持つタレントの根沖トロ子、“鉄腕アトム”からは三叉の槍を持った青騎士、重量感あふれる大剣を持ったプルートウが登場。

なお、伽羅少女の原案となった手塚作品は、現在までに15タイトル判明しています。今後、どの作品から伽羅少女が生まれてくるのか気になるところ!

(C)TEZUKA PRODUCTIONS
(C)ForwardWorks Corporation
(C)COMPILE HEART
※画面は開発中のものです

電撃PlayStaton Vol.680

  • プロデュース:アスキー・メディアワークス
  • 発行:株式会社KADOKAWA
  • 発売日:2019年9月26日
  • 定価:880円+税