天ノ守リとなったザーフに降りかかる悲劇【鬼ノ哭ク邦名場面集】

MAC佐藤
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売した、PS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の名場面集をお届けします。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください

天ノ守リとなったザーフに降りかかる悲劇

 鬼ビ人の記憶を見ることで、彼らの生い立ちや鬼ビ人になった理由などを知ることができます。

 基本的にはサブストーリー的な感じで、本編とはほとんど関わりがないのですが、実はザーフだけは密接に関わっています。今回はまずザーフの記憶を紹介しましょう。

  • ▲槍の使い手ザーフ。生真面目で正義感の強い鬼ビ人。遠い記憶に残るのは、自分へ向けられた誰かの憎悪と激しい後悔。

祖母と邦への感謝から天ノ守リへの道を選ぶ

 ザーフの両親は彼を捨てて出て行ってしまいましたが、幸いなことに優しい祖母に育てられ、誠実な人物へと成長しました。そして「生まれ持った命をしっかりと生きぬくこと」という祖母の教えを胸に、邦主の守護を主務とする“天ノ守リ”となります。

  • ▲「すべての命が邦を作る」。邦主のこの言葉が、天ノ守リとしてのザーフを作ったようです。すべての命を慈しむ邦主を守ることに誇りを感じていたザーフですが……。

 誰かに恨まれるような要素はまったくなさそうですが、そんなザーフがなぜ憎悪を向けられ、激しく後悔することになったのか。天ノ守リとなったことが悲劇の始まりだったのかもしれません。

邦主の子どもとザーフを襲う過酷な運命

 邦主の子どもたちが誕生してからは、その命を守ることを使命としていたザーフ。男の子には特になつかれ、家族を想像して幸福を感じますが、衝撃的な事実を語り始めます。

  • ▲男の子の「存在を殺すこととなった」というザーフ。いったい彼らの身に何が起こったのでしょうか?

 ある事情により邦に命を狙われることになった男の子を、ザーフは密かに逃がします。しかしこの選択は、後に2人を過酷な運命へと引きずり込んでしまうことに……。

 どのような運命が待ち受けているのかは、このあとのザーフの記憶を見て確かめてみてください。

 また、最初に紹介したとおり、ザーフの記憶は物語本編に深く関わっており、本編中でその顛末を見ることができます。ザーフがどこで登場するのか、こちらもぜひ、実際にゲームをプレイしてみてください。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税