“スクフェス感謝祭2019”レポート。『スクスタ』新情報&超ハイレベルな『スクフェス』全国大会!

電撃オンライン
公開日時

 9月21日、22日にベルサール秋葉原で開催されたリアルイベント“スクフェス感謝祭2019”の2日目である22日のレポートをお届けします。

 本イベントは、アプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)』『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』のリアルイベントです。

 会場では、出演声優によるステージイベントの他、『スクフェス』のトッププレイヤーを決める大会“スクフェス全国大会”が行われました。

 なお、21日は『スクフェスAC Next Stage』を使用した“スクフェスAC Next Stage公式全国大会~Aqours LIVE!tournament2019~”の決勝大会が行われました。22日はアプリ『スクフェス』の決勝大会となります。


  • ▲イベント会場では、さまざまな展示が行われていました。

スクスタ新情報発表スペシャル放送

 12:00からは、『スクスタ』の最新情報を公開する“スクスタ新情報発表スペシャル放送”が行われました。

 このコーナーは、ステージのモニターから新田恵海さん(高坂穂乃果役)、伊波杏樹さん(高海千歌役)、大西亜玖璃さん(上原歩夢役)が新情報をお届けする形に。

 大西さんが『スクスタ』の新情報を紹介しつつ、新田さんと伊波さんがところどころで大西さんをいじり、放送を盛り上げます。

 “あなた”を取り巻くストーリー情報だけでなく、ライブパートの新情報、スクールアイドル1人1人と仲よくなれるエピソードなど、ゲームの詳細が公開されました。






 ゲーム内容を紹介するPVも上映され、『スクスタ』のゲーム性が存分に伝わるコーナーとなりました。なお、本作を実際に体験したレポートは別の記事で紹介しているので、こちらもチェックしてみてください。

出演者(敬称略)
新田恵海(高坂穂乃果役)
伊波杏樹(高海千歌役)
大西亜玖璃(上原歩夢役)

“スクフェス全国大会2019”でトッププレイヤーが決定!

 13:30からは“『スクフェス』全国大会2019”のリベンジ枠(敗者復活戦)の決定戦が行われました。

 “『スクフェス』全国大会2019”は、『スクフェス』のトッププレイヤーを決める大会で、優勝賞品として“UR部員決定権”が授与されます。

 “UR部員決定権”は、メンバー・テーマ・ヘアスタイルを指定してのUR化となるので、推しメンバーを好みのスタイルにできる権利となっています。

 リベンジ枠で優勝した人は、全国大会決勝へ出場できます。なお、本マッチでは1人が欠席となったため、3人でのマッチングとなりました。

 リベンジ枠の仮題曲は、難易度masterの『勇気はどこに?君の胸に!』と、『青空Jumping Heart』の2曲。難易度masterということもあり一筋縄ではいかない勝負となりましたが、最初は劣勢だったおむらいす選手が2曲目でコンボをつなぎ切り、リベンジ枠を勝ち取りました。




“『スクフェス』全国大会2019”出演者(敬称略)
MC:真野拓実
MC:白幡いちほ
選手
赤:おむらいす選手
青:しゅんけ選手
オレンジ:リュウ選手

決勝大会は難易度初披露の楽曲が課題曲に!

 15:00からは全国大会の決勝大会。観覧席には、先ほどのリベンジマッチ”よりも多くのギャラリーが!

 決勝大会では、7ブロックの代表選手とリベンジ枠を勝ち取った選手の合計8名が戦います。グループAとBにわけられ、4名ずつの準決勝の後、各グループの1位と2位が決勝戦を行います。

 準決勝、決勝ともにユニットのスキルは一切発動せず、決まったチームでの対戦となります。

 準決勝の課題曲は、『Waku‐Waku‐Week!』、『決めたよ Hand in Hand』、『G線上のシンデレラ』の学年別の3曲。すべてフルコンボすると、最大2,302コンボになるメドレーとなります。

 準決勝は以下の4名。遠くからお越しの選手もいましたが、会場には友だちが応援に駆けつけていました。

選手
赤:北海道東北代表・にこにこ選手
青:北関東ブロック代表・しつがい選手
オレンジ:中部ブロック代表・よっくん選手
緑:近畿ブロック代表・穂乃果推し。選手

 “『スクフェス』が一番うまいプレイヤー”を決める大会なだけあって、非常にハイレベルな戦いが繰り広げられます。

 全員スコアバーはMAXとなった接戦の末、1位が北海道東北代表・にこにこ選手、2位が近畿ブロック代表・穂乃果推し。選手となりました。


 続くBブロックは以下の4名です。

選手
赤:南関東ブロック代表・ちとり選手
青:九州&沖縄代表・mete!選手
オレンジ:中国&四国代表・湊みお選手
緑:リベンジ枠代表・おむらいす選手

 mete!選手は3年目の挑戦とのこと。プレイする楽曲は先ほどと同じ3曲です。

 1曲目からフルコンボが2名現れ、相変わらずのハイレベル。おむらいす選手は2曲目もフルコンボを達成し、会場は次第にざわめきはじめます。

 結果、3曲すべてフルコンボである2,302コンボを達成し、おむらいす選手が堂々の決勝進出を決めました。

 ちなみに、1曲目をフルコンボしたもう1名のmete!選手は、2曲目最初のノーツを見逃してしまいコンボを切ってしまいましたが、実はそれ以外はフルコンボだったとのことです。

 Bブロックの順位は、1位がおむらいす選手、2位がmete!選手となりました。


 決勝戦の挑戦者が決まり、いよいよ課題曲の発表。なんと、難易度master初披露となる『MIRACLE WAVE』、『Awaken the power』、『Brightest Melody』の3曲ということが判明。

 完全初見プレイとなるので、単純な対応力が競われる勝負となります。まさに決勝大会にふさわしい楽曲!

選手
赤:にこにこ選手
青:穂乃果推し。選手
オレンジ:おむらいす選手
緑:mete!選手

 これでもかというほど大量に来るノーツ、対処することすら難しいスイング、どの選手もそれを初見プレイでさばいていきます。ありとあらゆる点がハイレベルで、驚きの連続でした。


 2曲目までのスコアバーは、にこにこ選手がトップ、続いておむらいす選手でしたが、最後の最後でおむらいす選手がコンボをつなぎ、追い上げを見せました。

 見事優勝したのは、リベンジ枠から這い上がってきたおむらいす選手。「信じられないです」と語る瞳は、驚きか喜びか、うるんでいるように見えました。

 その後、メダルとトロフィーが授与され、国内で一番『スクフェス』がうまい選手を決める大会は閉幕しました。

 なお、決勝の3曲の難易度masterは、ステージの後17:00から配信開始となりました。気になる方は、ぜひチャレンジしてみてください。


虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会スクスタステージ~Part2~

 17:00からは、大西亜玖璃さん(上原歩夢役)、村上奈津実さん(宮下 愛役)、田中ちえ美さん(天王寺璃奈役)が出演する“虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会スクスタステージ~Part2~”が開催されました。

 イベント初日に行われた“Part1”では正式サービス開始時に実装されるカードイラストの一部が発表されましたが、22日のステージでは『スクスタ』をゲームプレイとともに紹介する内容になりました。

 ステージの最初に大西さん、村上さん、田中さんの順に自己紹介とコール&レスポンスを行い、会場の熱気は一気に高まります。



 ステージ前に公開された『スクスタ』の情報をまとめて紹介した後、出演者による実機プレイに。編成されたセンターの3人は、ステージ出演者の3人が演じるメンバーに設定されていました。

 いざプレイとなるも、ノーツを処理する時に減少する“スタミナ”がなくなってしまい、ノーツのミスがなかったにもかかわらず失敗となってしまいます。

 どよめく会場。『スクスタ』では、育成されていない状態のメンバーではステータスが足りず、ノーツを処理するだけでは成功できない場合があるのです。

 育成について解説された後、成長したメンバーで再びチャレンジします。

 演出を楽しめるSP特技や作戦切り替えをしっかり行い、見事ライブを成功。ボルテージ(スコア)も高く、Sランククリアとなっていました。

 続いて、ALL STARメンバーで上級のステージを選択。ゲームだけでなく、会場全体のボルテージも高まります。こちらの挑戦では、先ほどまでのステージとは変わって舞台が大きなホールになり、演出もパワーアップしていました。

 μ’sから穂乃果、海末、ことりの3人、Aqoursから千歌、曜、梨子が編成されたユニットで挑戦し、こちらも見事ライブを完遂させました。

 その後、アニメ『ラブライブ!』シリーズ全52話の配信や『スクスタ』公式4コマ漫画が制作決定などの発表に加え、出演者によるコメントとともに10月2日に発売されるアルバム『Love U my friends』の試聴&紹介が行われました。

 宮下 愛のソロ曲『友&愛』はタイトルが“友”と“You”をかけていること、上原歩夢のソロ曲『開花宣言』は健気な歩夢の気持ちが入っていること、天王寺璃奈のソロ曲『テレテレパシー』はピコピコ感が健在で、璃奈の心情が現れている曲調ということが語られました。

 お知らせが終了し、エンディングへ。登壇者から「リズムゲームが苦手でも、『スクスタ』では自分の推しを輝かせられます!」、「『スクスタ』配信延期ということもありましたが、やっと“あなた”に届けられると思うとうれしいです」、「わたしたちは『スクスタ』から生まれたメンバーなので、配信されることがなによりうれしいです」とコメントがあり、最後はステージの端、優先席以外のファン、配信にむけた元気な挨拶でイベントは幕を閉じました。

出演者(敬称略)
大西亜玖璃(上原歩夢役)
村上奈津実(宮下 愛役)
田中ちえ美(天王寺璃奈役)

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)』

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』

(C)2013 プロジェクトラブライブ!
(C)2017 プロジェクトラブライブ! サンシャイン!!.
(C)KLabGames (C)SUNRISE (C)bushiroad All Rights Reserved.

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ)

  • メーカー: KLab/サンライズ/ブシロード
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: リズム/ARPG
  • 配信日: 2019年9月26日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ)

  • メーカー: KLab/サンライズ/ブシロード
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: リズム/ARPG
  • 配信日: 2019年9月26日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

  • メーカー: KLab
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: リズム/アクション
  • 配信日: 2013年4月15日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル

  • メーカー: KLab
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: リズム/アクション
  • 配信日: 2013年6月6日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金