『DQウォーク』上級者向けりゅうおうを圧倒!? 闇の覇者の魔杖に賢者の可能性を見た! 【電撃DQW日記#1297】

アツゴロウ
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 と、いうわけで書かせていただきます、賢者パーティで戦うアツゴロウです。賢者強化に役立つ永続スキルを求めて、他職のレベルアップに勤しむ今日このごろ。一番面倒な遊び人のレベリングがやっと2人ぶん終わりました。

 レベル55まで上げれば、賢者のさいだいMPとこうげき魔力、かいふく魔力が5ずつ上がるので最優先で上げたいのですが、そこは遊び人。予想外の行動に振り回されることもままあるんですよね。最近の盛りだくさんのコンテンツをスムーズにこなすためにも、残り2人はもう少し間を開けてから遊び人に転職させたいと思います。

 さて、本題に入ります。この前のふくびき記事で語ったように、闇の覇者りゅうおう装備をいろいろと確保できたのですが、これらはどのくらい賢者パーティの実力を底上げできるのか? メガモンスター・闇の覇者りゅうおう相手にどこまで役立つのか? まだまだ未知数なところがあります。

 そこで今回は、目玉である闇の覇者の魔杖を中心に、その性能について検証していきたいと思います。なお、各装備の性能についてはこちらの記事を参照してください。

りゅうおうのオーラとともに放たれる“絶大”呪文、その名は“ドルマドン”!

 闇の覇者の魔杖ではさまざまなスキルが使えますが、とくに注目したいのは、やはり敵1体にドルマ属性の呪文“絶大”ダメージを与えられる“ドルマドン”ですね。

 宙に浮かぶ無数の魔力の球を敵1体に集中。闇のエネルギーの奔流に飲み込まれた相手はひとたまりもありません。キャラクターの背後に現れる、りゅうおうのオーラ演出もイイ感じ。ダメージも、これまでの呪文とは比較にならない数値が計測されました。

 攻撃呪文はミスやガードされたりする心配はありませんが、やはり剣技や体技に比べてダメージを稼ぎにくかったのが難点。ですから“ドルマドン”の登場は、賢者推しとしては本当にうれしいです! 

 闇の覇者りゅうおうはドルマ属性が弱点なので、当然“ドルマドン”も有効です。写真は“魔力かくせい”で呪文の威力を上げたうえで魔力が暴走したケースですが、なんと1万越えのダメージに! 闇の覇者りゅうおうは物理防御を強化してきますが、それに関係なく大ダメージをたたき出せるのも気持ちいいですね。

“黒の魔砲”はダメージ量ではなく追加効果が本体!?

 闇の覇者の魔杖では、ドルマ属性の全体攻撃呪文“黒の魔砲”も使用可能。ただ、威力は“呪文大ダメージ”で、天魔王のつえで使えるドルマ属性全体攻撃で、“呪文特大ダメージ”を与える”天地邪砲”にはやや劣ります。

 上が“黒の魔砲”、下が“天地邪砲”をスライムヒーローズに放った写真で、見てわかる通りダメージ量は“天地邪砲”が上。ですが、ダメージが出ないといっても1~2割程度低いだけなので、なかなかの威力と言えます。

 それに“黒の魔砲”には、まれに敵の呪文耐性かブレス耐性を下げる効果もあり。こちらを使って敵の耐性を下げれば、“ドルマドン”などのダメージ量をさらに増やせるわけです。

 とはいえ闇の覇者りゅうおう戦では、相手の火力がとんでもなくて長期戦は正直厳しいです。“黒の魔砲”での呪文耐性低下に期待するより、“ドルマドン”で確実にHPを減らしたほうが良さげ。“黒の魔砲”はある程度余裕を持って戦える相手に使うのがいいでしょう。

“闇の覇者の権能”で防げるものは? 魔力暴走率も高まる

 最近の新武器の御多分に漏れず、闇の覇者の魔杖にも戦闘開始時に効果が発動するいきなりスキルがあります。その名は“闇の覇者の権能”。4ターンの間、混乱と魅了を無効化し、魔力の暴走率まで上げてくれるという高性能スキルです。

 効果発動中は、キャラクターの上にりゅうおうのアイコンが出現。状態変化のアイコンの表示数が多いと混乱しがちなので、このわかりやすさは大歓迎です!

 このいきなりスキルは、まさしく闇の覇者りゅうおう戦で非常に有用。なにせ、相手が最初の行動で必ず使う“誘惑のトラップ”の魅了効果をしばらくの間無効化できるわけですからね。混乱を付与する“闇への誘い”への対策にもなります。

 ただし“誘惑のトラップ”は、こちらが戦闘不能になるまで消えませんから、“闇の覇者の権能”が切れたら“まもりのたて”で状態異常バリアを張る必要はあり。また、毎ターン100程度のダメージを与えてくる効果は防げません。

 それでも、戦闘の序盤を少しでもラクにできるのは確かです。消費MPは11と少なめですし、魔力の暴走率アップも賢者的には助かるので、闇の覇者りゅうおう戦以外でも有効活用したいですね。

こころはドルマ属性強化一択。防御面のフォローも忘れずに

 いろいろと使い勝手のいい闇の覇者の魔杖ですが、やはり主力はドルマ属性呪文。こころはドルマ属性を強化できるものを選ぶのがオススメです。

 ベストは今のイベント期間に入手できる闇の覇者りゅうおう(覚醒)のこころ。高いこうげき魔力に加えて、“じゅもんダメージ+10%”と“ドルマ属性じゅもんダメージ+15%”まで持つらしいのですが、自分はまだ入手できておらず……。



 次点としては、にじくじゃくや人型のオルゴ・デミーラ、じこくのつかいあたりのこころがベターでしょうか。どれもこうげき魔力が高く、ドルマ属性呪文を強化できる効果を持っています。ただ、どれもさいだいHPなどが低いため、打たれ弱さを補強できるこころと組み合わせて使うのがいいかと。

総括

 まとめますと、闇の覇者の魔杖は強力なドルマ属性呪文を使える武器で、ドルマ属性が弱点の相手には現状トップクラスと言えるもの。とくに闇の覇者りゅうおうに対しては、攻撃から防御面まで、さまざまな対抗措置が用意された特効武器と言えます。

 シリーズの防具についても、ドルマ属性や対りゅうおう戦の攻守を強化できるスキルが備わっており、同時運用できれば闇の覇者りゅうおうの退治がラクに。もちろん、どの装備も基本性能は高く、通常戦闘や今後のイベントで役立つ場面はいくらでも出てくるでしょう。

 自分は運よく魔杖を2本手に入れることができ、これを持たせた攻撃役2人+回復役2人で闇の覇者りゅうおうに挑んでいますが、運が向けばソロで撃破できることもありました。賢者が対応しやすい相手というのもありますが、元来バランスの悪い賢者パーティで最新鋭のメガモンスターと互角以上に戦えたのはまさに快挙。この装備のポテンシャルの高さを感じさせます。

 何より、この装備を前例として、今後に呪文アタッカー向けのより強力な武器が出てくる可能性も出てきました。ドルマ以外の属性呪文で威力は“絶大”。そんな呪文が使える武器が出てくれば、戦闘における賢者の価値はもっと上がるはず。いやはや楽しみですね!

 呪文アタッカーを育てている人はこのチャンスを逃さず、“闇の覇者りゅうおう装備ふくびき”にチャレンジしてみましょう。ではまた、次の記事で!






※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019-2022 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら