『金色のガッシュ2!!』3話感想。本作もギャグありシリアスありになる予感

電撃オンライン
公開日時

※この記事には『金色のガッシュ!!2』第3話のネタバレが含まれます。

 5月14日より配信を開始した『金色のガッシュ!!2』第3話の感想をお届けします。

プロローグがようやく終わり!?

 前回までの戦闘主体の物語はひと段落。ゼリィとオルモは無事に逃げ出し、清磨もどうにか帰還しました。

 とはいえ、清磨は身体だけでなく、心までボロボロ……なのですが“ボロボロだ…”の表情がずるい!

 物語の状況はシリアスなのに表情がコメディタッチに描かれているせいで、感情の行き先が迷子になりました(笑)。

 シリアスなシーンを表情でギャグテイストにするという表現、『金色のガッシュ!!』のロデュウとの戦いで見られた“呪文を延々と唱え続ける清磨”にも通じますよね。

 『金色のガッシュ2!!』はシリアス一辺倒で進んでしまうのか? という疑問を持っていたのですが、本作もシリアスありときにギャグありの物語になりそうです。

 また、3話は“術を放つビン”をはじめとしたキャラクター同士の情報共有や、読者に対しての情報の開示が多かった印象。

 さらに、絶望的な状況に見えてなにやら清磨には秘策が……。

 次回も見逃せませんね!

■金色のガッシュ!! 完全版(全16巻)


■金色のガッシュ!!2

 

※画像は公式Twitterのものです。

関連する記事一覧はこちら