【レビュー】『Gunfire Reborn Mobile』は無限大のビルドが時間泥棒すぎる! 「もう一回」が止まらないローグライトFPS

シュー
公開日時

 Duoyi Networkが現在サービス提供中のiOS/Android向けローグライトFPS『Gunfire Reborn Mobile(ガンファイア リボーン・モバイル)』。そのレビュー(プレイレポート)をお届けします。

 本作は、FPS・ローグライト・RPGの要素を備えたゲームです。すでにPCで高評価を獲得している『Gunfire Reborn』がスマホでプレイできるようになったと言えば「ああ、あの!」という反応をなさる方も多いのではないでしょうか?

 2Dや見下ろし視点のローグライト作品は数あれど、FPSでしかもカワイイ動物のキャラを操作できるのは本作ならではのユニークなポイントです。すでにPC版を長時間プレイしている筆者が、スマホ版はどうなっているのかな? ということで遊んでみました! この記事では、初めて本作を知ったという人にも魅力が伝わるようにレビューしていきますので、どんな作品なのか興味を持った方はぜひご一読ください。

ヒーロースキルと武器を駆使するローグライㇳ

 ゲームの流れは、ユニークなスキルを持つヒーローを操作し、さまざまな効果を持つ“オカルトスクロール”という装備アイテムや武器を拾いながら自身を強化していき、ステージクリアを目指すといったものです。

 まずヒーローが猫や犬、鳥と見た目がユニークなのが目を引きますね。彼らはそれぞれ“敵の動きを止める”“二丁拳銃を扱える”など、さまざまなヒーロースキルを持っています。

 道中では、このヒーロースキルの強化も可能。スキル強化は“金爵”というアイテムを取得した際に表示される3つの能力(アセンション)のなかから1つ選びます。このアセンションは毎回ランダムなため、冒険のたびにどの能力を成長させていくのかは、頭を悩ませてくれるポイントです。でも楽しい。

 ランダムですが効果も大きいので、この金爵の取得がとても大切になります。基本的には部屋内の敵の全滅させたり、ステージボスを倒したりすると手に入りますが、隠し部屋を探し当てることでも入手可能となっています。なので、寄り道するおもしろさもあるんですよね。

 装備はその冒険中でしか保持されず、ゲームクリアやゲームオーバーで初期状態に戻されるのはローグライクのお約束。オカルトスクロールや武器は毎回ランダムで出現するため、選んだヒーローと取得したアイテムを元に、その冒険に合わせたビルドの方向性を考えていくことに……この説明をした時点で、もうこの作品好き! って人、絶対いると思います。

 先にも紹介した通り、オカルトスクロールとは装備アイテムのようなものです。パッシブスキルの効果をあたえてくれます。公開の一例をあげると、“敵を倒すたびにダメージ+1%”“移動速度が速いほど、被ダメージが少なくなる”といった具合です。

 同じオカルトスクロールを複数持つことはできませんが、種類の異なるオカルトスクロールを複数枚持てるので、各効果が重なることで加速度的に強くなっていくのを実感できる仕組みとなっています。

 武器はハンドガンやマシンガン、ショットガンタイプとオーソドックスな銃器だけでなく、小型火炎放射器になる小さな龍、ビームを出す手甲、斬撃を飛ばせる炎の剣など、これまた個性的でプレイしていて飽きません。お察しの方もいらっしゃると思いますが、武器にもランダムな効果が付いており、効果も武器種によって多種多様となっています。

 ヒーローのスキル強化、パッシブスキルのオカルトスクロール、武器の特殊効果とローグライクらしいランダム要素が満載のゲーム性ですが、選択肢が多いからこそ各効果が重なりあったときの爆発力、爽快感は非常に高く、ものすごい中毒性を生み出しています。

 ローグライクは、理想通りのビルドを構築していくおもしろさがありますが、本作はランダム性の高さから実現しないことも多々あります。しかしその安定感、定番ができないからこそ、今回はどういうビルドの方向性でいこうか。という試行錯誤が魅力となっていると感じます。

繰り返しやマルチプレイで装備の選択肢が増える

 本作ではステージクリアだけが楽しみのゲームというわけではありません。

 “特定の敵を100回倒す”“レベル70に達する”などの条件をクリアすることで、新しい武器やオカルトスクロールが解除されていく仕組みとなっているのですが……この種類がとても多い! そして武器の性能やスクロールの効果も多岐に渡るので、新しいアイテムが解除されるたびにビルドの方向性も広がっていきます。プレイすればするほど、ビルドが楽しくなっていくわけです。

 冒険で敵を倒した際に“ソウルエッセンス”というものが手に入りますが、これはヒーローのタレントを永続的に強化できるもの。買い物や武器強化に使うコインの取得量上げる探索系から、最大HPやシールド値を上昇させるサバイバル系など、強化する項目は多岐にわたります。

 ソウルエッセンスはゲームクリア時に持ち帰ることができるのですが、ゲームオーバー時はその冒険で取得したソウルエッセンスの半分を失ってしまうため、はじめはなかなか貯まりません。

 また冒険に倒された際の復活にも使用するため、貴重な資源となっています。難易度が上がると取得量が増えるため、高難易度をクリアできるようになるとできることの幅がどんどん広がっていく印象です。

 タレントには、全ヒーロー共通のものの他に、各ヒーロー固有のものもあります。固有タレントの強化していくことでそのヒーローの個性がより出てくるので、個人的にはお気に入りのヒーローに集中して強化していくのがオススメです。

中毒性の高さはピカイチ!

 ローグライトらしいリプレイ性の高さとゲームシステムとを上手く組み合わせており、非常に遊び甲斐のあるタイトルです。特にスマホ版では自動射撃機能があり、動きながら射撃をするのが苦手な方でも遊びやすく調整されているのもポイントが高いです。

 組み合わせの多彩さ、選択肢の多さはローグライト系タイトルのなかでも群を抜いており、各ヒーローの遊び方を追求するだけでも、とてつもない量の要素がありますよ。かといってメチャ複雑なわけではありません。“ローグライト”とある通り、非常にとっつきやすい作品です。

 また本作では最大4人でのマルチプレイが可能です。武器やオカルトスクロールを共有できるので、お互いのヒーローが求めているアイテムを集めやすいという利点があり、フレンドと遊ぶのもオススメ。

 長~いお休みにじっくり楽しむのも、毎日毎日冒険を楽しむのもどちらもアリですが、間違いなく時間泥棒です、コレ。「もう一度だけ!」を続けてしまって「気付いたらもう外が明るいじゃん……」なんてことが容易に起こりうるので、その点だけご注意くださいね。

All rights reserved©DUOYI (HONGKONG) INTERACTIVE ENTERTAINMENT LIMITED

関連する記事一覧はこちら