【電撃シンクロ日記#36】第1界層アナザーフェスの性能や相性を考える。アリン、リオン、ハンナ、自分に必要なのは?

キャナ☆メン
公開日時

 セガのiOS/Android用RPG『シン・クロニクル(シンクロ)』のプレイ日記をお届けします。

 5月19日は、外伝“ビスケの休日ツアー”、第1界層 未踏域 獄式、第1界層アナザーフェスとストーリー、バトル、ガチャと一気に新しいものが来ますね!

 今回の第1界層アナザーフェスから、有償/無償ジェムいずれの“10回引く”(10連)でも、酒場スタンプを獲得できるようになります。「シン・クロニクル開発レター vol.3」にて告知されていた内容ですね。

 ちなみに酒場スタンプを140個集めると交換できる対象は、新登場となるアリンとリオンのアナザースタイルと、復刻であるビスケのアナザースタイルの3つ。

 他に、ピックアップ対象ではないキャラとして、ハンナのアナザースタイルが新登場します。この辺りはややこしいのでお間違いなく。

新登場のキャラはバトルにどう活用できそう?

 ここからは、新登場となるアリン、リオン、ハンナのアナザースタイルについて、判明している情報を元にした予測も交えつつ、各キャラの特徴や相性などを語っていきましょう。

 ちなみに筆者は、リオンのアナザースタイルを狙ってガチャを回してみようかなと!

意志貫く刃 アリン

 アリンのアナザースタイルは、何と剣盾でアッタカーです! 属性は土ですね。ジュリアンがバランスだったので、剣盾でもタンク以外のロールが来る布石はありましたが、いきなり幅が出てきました。

 スキルやオーバードライブを確認すると、お知らせの説明に書いてある通り範囲攻撃が特徴的。土属性には言わずと知れた範囲アタッカーのディアドラもいるので、範囲攻撃キャラの層がだいぶ厚くなりますね。

 逆に書くと、既に範囲攻撃キャラが足りているか否かで、彼女のありがたみは大きく変わると思います。

 なお、ガチャと同日に追加される“第1界層 未踏域 獄式”に水属性のダンジョンがあることは公開されているので、弱点を突ける土属性は、可能ならキャラを揃えておきたいところでしょう。

  • ▲親愛なるアンネ/ギュンターという武器が入手できると聞いたら、欲しくなるのが人情ですよね!

 それとはまた別の話として、大賢帝国の君剣を装備した状況では、武器アビリティ“古代文明の雷電”の効果を活用して、ディアドラと組ませて範囲無双するのもおもしろそうだと感じました。

  • ▲古代文明の雷電は、敵が帯電状態時にダメージ+20%の効果です。

大槌の狂闘士 リオン

 リオンのアナザースタイルは、火属性で槌使いのアタッカー。おもしろいのは、ノーマルのリオンとは逆に、HP100%を維持してこそ真価を発揮するスキル構成なことです。

 また、通常攻撃の3連撃を最後まで入れると、敵をたまに気絶させる可能性があるので、そこにロマンを感じますね。スキル3“ブレイブアクス”なら自己の攻撃力をアップできますし、一か八かに賭けるか、確実を期すか、プレイヤーの性格が出そうな面白味を感じます。

 ちなみに、オーバードライブの威力777.6%+150%=927.6%(※1)という数値は、アタッカーに限定すると3位タイ。この威力を超える可能性があるアタッカーは、現時点だと通常のアリン977.6%(※1)とボルトン1094%(※1)の2人であるため、割と高火力のキャラであることが予測できます。

※1……いずれもスキルLv5の時の威力。

 ダメージを食らってODゲージを増やせないぶん、スキル2“力任せ”でゲージをためやすい点も踏まえ、スキル2→スキル3→オーバードライブと一撃必殺の火力を出す流れが噛み合った能力だと感じました。

 さらに、無覚醒でも習得できるアビリティ“肉体を鍛える”の腕力+100と丈夫さ+50という効果も目を引くところです。バランスを考慮すれば腕力(大幅アップ)の代替と想像するのが妥当でしょうが、今後、こうしたユニークなアビリティが増えるのか気になります。

 HP100%を維持する運用の難しさはあるでしょうが、単体アタッカーとしては、優秀な可能性が高いのではないかと思います。

ほろ酔い拳士 ハンナ

 アナザースタイルのハンナは、火属性のバランスロールで拳使い。お知らせの説明文に“火傷付与のスペシャリスト”とあるように、火傷を付与することに特化したスキル構成が目立ちます。

 スキル2“ひあそび”で敵の火傷耐性を下げられますし、アルカンと違い使用条件なく火傷付与スキルを使えるのが強みです。敵が火傷時に威力アップする技(※2)を持つカルロやレナークと組めば、シナジーを期待できます。

※2……両キャラのスキル3とオーバードライブ。

 逆にカルロもレナークも敵を火傷にできるキャラと組まないと使いづらいので、仲間にしていても、2人とも酒場でくだを巻いたままという人は少なくないはず。もしハンナを引いた場合は、2人に対する評価を見直す機会になるでしょうね。

 なお、状態異常シナジーの場合、状態異常を付与するキャラの行動速度を上げると、後に続くキャラが威力アップの恩恵を受ける流れを作れます。

 そして彼女は、通常攻撃の3連撃で行動速度が上がるうえ、火傷は2ターン付与可能です。

 パーティ編成の段階でアビリティや精霊で素早さの調整をしておき、バトルではスキル3と通常攻撃の3連撃を交互に使うスキル回しをベースにすると、先手を打って敵を火傷にし、後にカルロやレナークが続く流れを作りやすくなるのではないでしょうか。

  • ▲5月下旬にはアビリティのパネルリセットにジェムを消費しなくなるアプデもありますね。楽しみ!


電撃オンラインアプリが配信中

 電撃オンラインで掲載している記事をチェックできるアプリが配信中。本アプリでは『シン・クロニクル』の最新情報やプレイ日記が見やすくまとまっているので、おすすめです! ぜひチェックしてみてくださいね。

©SEGA

シン・クロニクル

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2022年3月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

シン・クロニクル

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2022年3月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら