虚淵玄さん原案のロボットアニメ『オブソリート』が12月配信

電撃オンライン
公開日時

 アニメ『OBSOLETE(オブソリート)』が“YouTube Originals”として、YouTubeバンダイナムコアーツチャンネルで12月より配信されます。本発表に伴い、ティザービジュアルとティザー映像が公開されました。

 『オブソリート』は、数々のヒット作を生み出した奇才・虚淵玄さん(ニトロプラス)が原案・シリーズ構成を務め、新進気鋭のCGアニメーションスタジオ・武右ェ門が制作する完全オリジナルフルCGアニメーション。

 “2.5m”の意識制御型汎用ロボット“エグゾフレーム”が活躍する、現代から近未来にかけての“if”の世界を描いたリアルロボットアニメーションです。

※配信詳細は決定次第発表されます。
※YouTube Originals は、YouTubeによるオリジナルシリーズや映画、イベントを視聴できるサービスです。
※YouTube Premiumメンバー(有料会員)は、最新エピソードを広告なしで視聴できます。メンバー以外も各エピソードを無料公開後に、広告付きで視聴できます。

作品情報

ストーリー

 2014年、突如現れた異星人は、人類に対して“交易”を要求。

 彼らが石灰岩の対価として地球にもたらしたのは、意識制御型汎用ロボット“エグゾフレーム”だった。

 戦闘機よりも戦車よりも銃よりも安価で、誰でも簡単に乗りこなすことができる“エグゾフレーム”は、またたくまに拡散し、世界を変えていく――。

 <異星人の交渉音声>

 「現在、すべての電波帯域に、五種類の言語で呼びかけています。

 我々は政治干渉も文化交流も望みません。ただ通商のみを希望します。

 石灰岩1,000キログラムにつき1つ、我々のテクノロジーの産物を提供します。

 国家、民族、思想、その他あらゆる差違について我々は区別いたしません。

 すべての地球人類に、平等に、均等に、この交換条件を提案いたします」

EXOFRAME(エグゾフレーム)とは

名称 Enhanced Xenobiological Organic FRAME(強化型異星生物有機体構造体)
EXOFRAME(エグゾフレーム)
直立時頭長高 255cm
重量 269kg

 異星人との交易(石灰岩1,000kgとの交換)により、入手できる意識性制御型汎用ロボット。

 異星人が「国家、民族、思想、その他あらゆる差違について我々は区別せず、すべての地球人に平等に均等にこの交換条件を提案いたします」と述べた通り、2014年以降、地球上のあらゆる場所でこの物々交換が行われています。

 人間の意識を読み取る操作方法のため、ほとんどの人間が自分の体を動かすように“エグゾフレーム”を動かすことができます。動力源やどのように人間の意識を読み取っているかなど研究が行われていますが、人類の科学力では解明できず、システムの詳細は一切不明。

メインスタッフ(敬称略)

原案・シリーズ構成:虚淵玄(ニトロプラス)

 ニトロプラスに所属する小説家・脚本家。代表作に『魔法少女まどか☆マギカ』、『Fate/Zero』、『翠星のガルガンティア』、『楽園追放 -Expelled from Paradise-』、『PSYCHO-PASS サイコパス』、『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』などヒット作多数。

監督:山田裕城

 CGデザイナーとして、スタジオジブリ、サンライズエモーションスタジオを経て、2014年より武右ェ門に所属。あにめたまご2016出品作品『風の又三郎』で監督デビュー。

白土晴一

 アニメ、ゲーム、マンガ、小説の設定考証を多数手掛けます。代表作はアニメ『ヨルムンガンド』、『ジョーカー・ゲーム』、『ドリフターズ』、『プリンセス・プリンシパル』、コミック『軍靴のバルツァー』、『貧民、聖櫃、大富豪』など。

アニメーション制作:武右ェ門

 2014年、『スチームボーイ』、『FREEDOM』、『SHORT PEACE』をてがけたサンライズ練馬スタジオのCGスタッフとともに設立。CGをメインツールにしたアニメ・映像制作会社。あにめたまご2016出品作品『風の又三郎』では、2017キネコ国際映画祭日本作品短編部門グランプリその他複数の映画祭に参加。本作が初のシリーズ作品となります。

(C)PROJECT OBSOLETE