『天啓パラドクス』PvPは怖くない! “バトルアリーナ”で他プレイヤーのパーティと気軽に戦えるのがアツい

カワチ
公開日時

 EXNOAより、iOS/Android/DMM GAMES用ゲームとして配信中の『天啓パラドクス』にPvPコンテンツ“バトルアリーナ”が実装されました。ここではそのレビューをお届けします。

PvP、怖がらなくても大丈夫!

 どうも! SLG好きのライター、カワチです!

 チマチマと趣味でプレイしていた『天啓パラドクス』に、新コンテンツとしてPvPコンテンツ“バトルアリーナ”が実装されました。

 なお、“バトルアリーナ”の参加条件は、メインシナリオ5章Battle5 ピオネロ5のクリアとなります。推奨戦力が9000なのでゲームをインストールしてから一気にここまで進めるのはちょっと難しいですが、素材クエストでランクアップ用の素材を集めて最大レベルを上げつつ、毎日挑戦できる経験値クエストでレベルを上げればフルオートでも勝てます。

 『天啓パラドクス』には多彩な育成方法がありますが、“バトルアリーナ”を体験するだけならそこまで徹底しなくても大丈夫な印象です。

 なお、現在はバトルアリーナの開催を記念したキャペーンも実施中で、メインクエスト・素材クエスト・EXバトルでの獲得経験値が30%アップします。

 そのため、かなりキャラクターは育てやすいです! 本作はチケットを使ってクリア済みのバトルをスキップしたり、同じバトルを周回したりすることも可能。これらを駆使してキャラクターを育成しましょう。

 さて、バトルアリーナですが、みなさんはPvPコンテンツはお好きでしょうか? 「どうせ強い人が集まるんでしょ?」とか「他人と対戦するのは怖い」と思っている人もいるかもしれません。自分もプレイするまでは「そこまでやり込んでないから、参加して大丈夫かな?」と不安でした。

 ただ、遊んでみたところハードルは低く、誰でも楽しめるものだと分かりました。バトルアリーナは、期間ごとに設定されたルールに合わせてパーティを編成し、他プレイヤーと対戦。早く敵を倒したり、仲間が倒れないように戦うとポイントをより多く獲得できるというもの。ランクが上がっていく方式なので、いきなり強い相手にボコられるといった心配はありません(笑)。

 自分が最初に参加したときは、戦力が10000ぐらいの人たちから相手を選択することになったので、ちょうどメインシナリオ5章Battle5で戦った相手ぐらいの強さでしたね。

 バトルアリーナはランキング報酬のほか、戦績ポイントを集めることで昇格報酬のアリーナの証が手に入ります。貴重なアクセサリーやスキルを強化できる教典など、さまざまなアイテムと交換できるのでぜひチェックしましょう。

 挑戦した相手のランクに応じて獲得できる基礎ポイント・より少ないターンで勝利したときに獲得することができるターンボーナス・勝利時に生存しているキャラが多いときに獲得できる生存ボーナスが存在します。有利な属性で編成するなど、早めに倒せるように工夫しましょう!

 一方でステージ効果や攻撃のクリティカルなど、不確定要素もあるので、すべてが予想通りというわけにはいきません。そこは飽きずに楽しめるポイントになっています。

特殊な条件下でのバトル!

 バトルですが、実際にプレイヤーが動かしているキャラクターとリアルタイムで戦うのではなく、AIが動かすキャラクターと戦うことになります。オートバトルにすることもできるので、いつもの感覚で遊ぶことができますね。

 今回のルールは編成コスト制限235、モンスター召喚不可というものになっています。コスト編成235だとコスト50のSレアで揃えた最強のメンバーでは組めないので専用のパーティを編成しましょう。

 なお、自動編成もあるので、いちど自動編成でパーティを組んでから調整するのもアリですね。

 なお、重要なのはモンスター召喚不可というところ。モンスターをオトリにするというセオリーが使用できないため、範囲の広い攻撃を持つキャラクターで遠くから攻撃するのが有効です。

 そんなバトルアリーナのおもしろいところは、ほかのユーザーの編成が見られるところでしょうか。

 本作には魅力的なキャラクターがたくさんいるので、自分では編成しておらず、見逃しているキャラクターもいるはず。バトルアリーナで戦っていると色々なキャラクターと出会えるので、ボイスや動作、ユニットとしての性能など、その魅力に気付かせてくれます。

 アリーナは1日3回までプレイ可能となっており、そこまでガッツリと張り込むタイプのコンテンツではありません。

 メインクエストを攻略している間などの気分転換でも遊ぶことができるのでぜひプレイしてみてほしいです!

 なお、今後はバトルアリーナのほかにモンスターで戦うモンスターアリーナも開催される予定です。また違った戦略になりそうで面白そうです。

 今回、バトルアリーナをプレイして分かったのは、自分のようなライトに楽しんでいるユーザーでも十分に楽しめるということ。PvPコンテンツはやり込みユーザーのものだ、と思っている人も多いかもしれませんが、まずは気軽に参加してみてほしいですね。

 もちろん、ランキングの上位を目指すという楽しみもあると思いますが、身構えずに新コンテンツを楽しんでみてください!

©2021 EXNOA LLC / KMS,inc.

関連する記事一覧はこちら