【漫画レポート】ホラーゲーム『つぐのひ』を宅レイヤーが遊んだら…【電撃インディー#281】

真仲舞衣
公開日時

 Twitter(@Dol_takukosu)にて連載中の、mot先生が執筆する電撃オンライン漫画『宅レイヤーの週末』。その主人公・真仲舞衣が、PC(Steam)で配信中のホラーゲーム『つぐのひ』の紹介コミックをお届けするよ。

シンプル操作なのにとにかく怖い! 日常系だからこその怖さってあるよね

 急に暑くなってきたから、ある意味涼しくなりそうなホラーゲームがやってみたいな……と思ったのが数日前の話。そんなこんなで、インディーゲームの宝庫でもあるSteamのページを眺めていて見つけたのが『つぐのひ』だよ。今回はこの作品を紹介するね。

 日常侵食系リアルホラー『つぐのひ』は、左に向かって歩くだけのすごくシンプルな操作で本格的な“恐怖”が体験できる、短編ホラーゲームだよ。いくつかリリースされていて、タイトルによるけどだいたい15~30分くらいでクリアできるから、気軽に遊べるんだ。

 ちなみに、明日6月3日には、実況者・オダケンさんとのコラボ作品である『絶叫死人』がリリースされるよ。ゲーム実況者さんを操作できるゲームってあまりないから、こっちもやってみたいな……。


  • ▲あれ? なんか1人多いような……。き、気のせいだよね!

 そんな『つぐのひ』はSteamで好評配信中。これから暑くなるし、みんなも涼んでみてね。

 ただし、気配を感じても、振り向かないように……。


真仲舞衣:宅コスとゲームが趣味の23歳、独り暮らしのごく普通のOL。とくにインディーゲームが好物。


© 2012-2021 ImCyan / Vaka, Inc. All Rights Reserved.
© KADOKAWA Game Linkage Inc.

関連する記事一覧はこちら