ミカドの崩御、オシュトルの拘束。ヤマト動乱の狼煙があがる!【うたわれるもの 偽りの仮面再放送】

電撃オンライン
公開日時

 5月28日(土)25時よりTOKYO MX、BS11で再放送されるアニメ『うたわれるもの 偽りの仮面』21話“崩御”のあらすじを紹介します。

 トゥスクルとの戦いのなか、急に届いたミカド崩御の報告。急いで撤退するハクたちですが、都に戻ると、今度はオシュトルが拘束されたという報告。それも、アンジュに毒を盛って暗殺しようとしたというのですが……。

 クライマックスに向け、急転直下で物語が動いていきます。果たしてオシュトルは本当にアンジュを狙ったのか、そうでなければ、事件の背後にいるのは誰か。状況が呑み込めないまま混乱するハクたち。クライマックスに向け、物語は加速していきます。

21話“崩御”

 ミカド崩御――その訃報にヤマト軍は撤退を余儀なくされる。

 ハクたちが帰路を急ぐ頃、宮中では新たな騒乱が起こる。

 ミカドの後継であるアンジュが毒を盛られたのだ。

 そして、その大逆を犯した者こそオシュトルだと言うのだ。








『二人の白皇』のTVアニメが放送開始!

 2022年7月より、シリーズ最終章となる『二人の白皇』のTVアニメが放送されます。

【イントロダクション】

 「頼んだぜ、アンちゃん。」

 帝の崩御から始まったヤマトの動乱。

 ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。

 彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した。
その別れ際、友であるハクにアンジュとネコネの未来を託す。

 オシュトルから仮面と意思を託されたハクは、ハクとしての人生を捨て、唯一事実を知るネコネを除いた皆に正体を偽り、仮面とともにオシュトルとして生きることを選んだ。

 そしてエンナカムイに逃れ、回復の兆しを見せたアンジュは、父である帝が残した皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。

 一方、ヤマトでは混乱に乗じて、八柱将であるライコウが偽の皇女を擁立し、国を掌握しようとしていた。

 やがてヤマト軍の侵攻は、本物の皇女を排除すべくエンナカムイへも及び……。

 ヤマト全土を巻き込む戦乱が、幕を開ける。

 『うたわれるもの』シリーズ最終章。すべての謎が、今解き明かされる。

(C)うたわれるもの偽りの仮面製作委員会
(C)うたわれるもの二人の白皇製作委員会

関連する記事一覧はこちら