ビバ・トロピコ!! PS4版『トロピコ 6』開発者が答える16の質問。プレジデンテへのアドバイスも必見【電撃PS】

電撃PlayStation
公開日時

 国を支配する指導者“プレジデンテ”として、理想の国家を目指す独裁国家運営シミュレーションの『トロピコ』シリーズ。その最新作『トロピコ 6』のPS4版が、いよいよ9月27日に発売されます。

 今回は発売を記念して、開発者のAlun Lower(アラン・ローワー)氏に、16の質問をメールインタビューでうかがいました。ちょっとしたアドバイスもありますので、“プレジデンテライフ”を始める前にぜひ一読しておきましょう。

  • ▲カリプソメディア、ファーストパーティPRマネージャー/アラン・ローワー氏

Q1:PC版の移植となるPS4版の手応えはいかがですか?

アラン氏:とても良い手応えですよ! 『トロピコ 5』のPS4版がユーザーの皆さんに受け入れられていたので、『トロピコ 6』も絶対にPS4に持っていきたいと思っていました。私たちカリプソは、PCの良質なシミュレーションゲームをコンソールに移植することをいつも考えていて、『トロピコ 6』では、とてもいい仕事ができたと自負しています。

Q2:『トロピコ 6』の新要素の1つに、各地の建設物の強奪がありますが、こちらのアイデアが生まれた経緯を教えてください。また、PC版ではこれらの反応はいかがでしたか?

アラン氏:強奪なんて、いかにもプレジデンテがやりそうなことじゃないですか! 本作のコンセプトを練っていたとき“トロピコという国に欠けているものは何か?”と考えました。“国の名を轟かせるためにプレジデンテならば何をするか?”と。

 トロピコには固有のランドマークがないので、他の国から持ってきたらおもしろいだろうという話が出て、それが襲撃システムにつながりました。

Q3:建設物の強奪をミッション内で成功させるにはけっこう難度が高く感じました。どうしたらうまく奪えますか?

アラン氏:強奪は大仕事ですよ、ランドマークを盗んでくるわけですから! なので、これに関しては近道はなく、要求されたクエストをこなすしかありません。どの強奪ミッションでも、それぞれ歯応えのあるクエストが発生します。

Q4:プレジデンテや宮殿のカスタマイズが可能になりました。ここはやはりファンからの要望が高かったのでしょうか?

アラン氏:本作では、プレイヤーそれぞれ自分のスタイルで楽しんでもらいたいというコンセプトがあり、前作ではプレジデンテのカスタマイズが可能だったので、順当に進化させて、宮殿のカスタマイズを入れるべきだろうという結論に至りました。

Q5:いくつかの島を同時に攻略するような形になりましたが、そのようなスタイルにした狙いとは?

アラン氏:ゲームプレイの幅を持たせたかったことと、ユーザーにちょっとしたチャレンジを与えたかったこと。あとはトロピコを現実のように見せたかったというところですね。特性の違う島が並んでいるというのは、カリブ海の地理的にはよくあることですし、各島の環境を考慮してゲームプレイを楽しむことができます。

 例えば、広大な緑地なら農業一択ですが、限られた面積、複雑な地形だった場合はどうしたらいいでしょう?すべてはプレイヤーしだいなのです!

Q6:PC版からPS4版に移植するときに一番注力されたポイントを教えてください。

アラン氏:適切な操作で遊べるようにするのがいちばん重要なことでした。前作である程度の基礎ができていたので、それを改善し、最適な形に落とし込むのに多くの時間を使いました。

 また、すでにPC版で細かな問題が出ていたので、PS4版では初めからそれらの問題を修正しています。あとは、コンソールのスペックに合わせた調整ですね。

Q7:日本語にローカライズするときに一番大事にしている点はどこでしょうか?

アラン氏:『トロピコ』のように複雑なシミュレーションゲームだと、システムの説明を正しく伝えるというのが大切になります。そして『トロピコ』シリーズに関していえば、超個性的なキャラクターたちと、ゲーム全体にただようユーモアのセンスが何よりも重要です。スクウェア・エニックスのローカライズチームは、上手くバランスをとりながら落とし込んでくれていると思いますよ。

スクウェア・エニックス ローカライズチーム:一番大事にしているのは“『トロピコ』独特のユーモアセンス”です。SNSやチョコレート工場など、ポップカルチャーに基づいたネタが要所要所で出てくるので、日本人にも伝わるように、ローカライズには気をつかいました。

Q8:テキストの翻訳作業は前作も手掛けられた方が担当されたのでしょうか? PC版の英語を直訳したテキストと比べると、アレンジが効いていてすごくおもしろいです。

スクウェア・エニックス ローカライズチーム:前作と共通のスタッフもいます。前作のノウハウを生かしつつも、襲撃など新しい要素も考慮に入れながらローカライズしました。

Q9:遊びごたえという部分では、ミッションの難度はなかなか歯ごたえがあるものが多いです。今回のミッションで注目してほしいポイントはどこでしょうか?

アラン氏:各々のミッションで、違うタイプのゲームプレイを楽しめるようになっているのですが、これはプレイヤーにゲーム内でできることをすべて示したいからです。例えば"海賊王"というマップでは、資源を得ることが難しいため、国は襲撃システム頼りです。

 また"コンクリートビーチ"では、自然を求める観光客と、石油採掘機などの工業施設のジレンマを解決することになります。工業施設は汚染を発生させ、観光業に重要な美観を損ねますから。ただ、経済や国民を動かして、プレジデンテの座に居座るという基本的なゲームプレイは、どのマップでも変わりません。

Q10:難易度を変更するとどのような変化がありますか?

アラン氏:以下のような項目に変化があります。

①海外からの支援
②カリブの幸福度(トロピコ以外のカリブ海諸国の幸福度)の上限と上昇量(時代ごとに)
③要求の発生頻度
④最後通告の期限
⑤反体制派の活動、災害、デモ(抗議活動)などの頻度

Q11:バス車庫は1つの路線しか設定できない仕様ですが、いわゆる都市SLGみたいに複数のバス停を置けないのはなぜでしょうか?

アラン氏:土地が限られている、というのはどのマップでも言えることで、プレイヤーはどう使うかを考えなくてはいけません。もしバスの路線が複数設定できると、地下鉄や階層式駐車場がほぼ役に立たなくなってしまうため、今回のような仕様になりました。

Q12:地下鉄は駅さえ配置すれば人々は自動で行き来しますか?

アラン氏:はい、その通りです。ただし、駅が多ければ多いほど、乗車時間が長くなってしまうので、駅をいくつ、どこに置くかというのは、考えなくてはいけないところです。

Q13:前作よりトロピコ人が職場を離れる時間が長いような印象を受けました。このあたりはバランスを変更されたのでしょうか?

アラン氏:これは、本作ではトロピコ人が個々にシミュレートされていて、彼らの日常を過ごしているからでしょうね。なので、意図的なものです。基本的に、酒場で一杯飲む……などの行動に比べると、国民が仕事に割く時間はとても多いです。

 ただし、彼らは自分たちのニーズを満たそうと行動しており、あるアクションを終了すると、次のいちばん高いニーズに引っ張られたアクションを起こそうとします。ニーズを満たすような施設に向かうことになるわけですが、施設が離れている場合は、かなり時間がかかることもあります。

 ちなみに、楽しみや信仰、食事、健康などのニーズを満たすことが難しいときは、彼らは代わりに仕事に時間を割くようになります。ただ、幸福度が下がりますので、国外に出て行ったり、反乱を起こしたり、死んでしまうこともあるかもしれません。

 国民のニーズをどう満たすか、国民が抱えている問題をどう解決するか、やり方はいくつもあります。ヒントとして、下記を考えてみてください。

①この農園・牧場は、この土地に適しているか? 働く人たちの居住エリアから近いか?
②周辺に適切な居住エリアを作ったほうが良いか? もしくは離れた居住エリアを公共の交通機関でつないだほうが良いか? どちらが移動が少なくて済むか?
③宗教関連の建物を排除すれば、トロピコ人はその分の時間を労働に費やす。ただし、それで国が成り立つか?

 これらはゲームプレイの一部であり、どうするかはあなたの自由です!

Q14:それ以外にプレイを進めるうえで、何かアドバイスがあればぜひ!

アラン氏:私のオススメは、いろんな法律や設定をいじってみて、自分のプレイスタイルに適したものは何なのかを探すことです。農業、貿易、観光、その他いろいろとね。それらをどう機能させるかはあなたしだいです。

Q15:マルチプレイが用意されていますが、どういった遊びができるのでしょうか?

アラン氏:マルチプレイでは、最大4人のプレイヤーが1つのマップに入り、対戦または協力プレイを楽しめます。もしくは対戦しつつ協力も可能です! 貿易や外交に関して手を組んだり、襲撃システムで相手を攻撃し、資源を奪うこともできます。

 勝利条件は自分たちで設定でき、例えば、ある一定の国庫金/ある一定の人口/一定数のランドマークを達成したプレイヤーが勝利、などです。

Q16:発売を待つファンにメッセージをお願いします。

アラン氏:日本の皆さんが『トロピコ 6』をどう楽しんでくれるのか、待ち遠しいですね。本当にいろいろなプレイスタイルが可能です。皆さんは良い指導者になりますか? それとも悪い独裁者? 楽しみですね。

(C) 2019 Kalypso Media Group GmbH. Tropico is a registered trade mark of Kalypso Media Group GmbH. All rights reserved. Published by Kalypso Media Group GmbH. Developed by Limbic Entertainment. All other logos, copyrights and trademarks are property of their respective owners.

トロピコ 6

  • 開発: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2019年9月27日
  • 価格: 7,980円+税

トロピコ 6

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: SLG
  • 発売日: 2019年9月27日
  • 定価: 7,980円+税