ELLY/CrazyBoyがMCのゲーム番組からe-Sportsプロチーム“GHS Professional”発足

電撃オンライン
公開日時

 アニマックスブロードキャスト・ジャパンと、FAT TRUNKは、共同プロジェクトとして、プロe-Sportsチーム“GHS Professional(ジーエイチエス プロフェッショナル)”を発足。5月27日に発足会見を開催しました。

  • ▲左からELLY/CrazyBoyさん(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、きのこゲンジさん、Karaajuさん、Rayghさん。

 “GHS Professional”は、ELLY/CrazyBoyさん(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)がメインMCを務めるゲーム番組“e-elements GAMING HOUSE SQUAD”の企画から誕生。e-Sports選手として活躍する、Rayghさん、Karaajuさん、きのこゲンジさんをチームメンバーに迎え、『APEX LEGENDS』部門を立ち上げ、『APEX LEGENDS』世界大会優勝を目標に活動します。

 発足記者会見には、ELLY/CrazyBoyさんをはじめ、チームメンバーの3名が登場。チームとしての今後の目標や展望、e-Sportsの魅力や楽しみ方など、それぞれの想いを語りました。

 以下、リリース原文を掲載します。

トークセッション内容

MC:プロe-Sportsチーム“GHS Professional”発足について、今のお気持ちは?

ELLY:番組を通じてこのチームメンバーに出会い、チーム発足することになってうれしいです。今後のみんなの活躍が本当に楽しみです。これから世界No1に向けて進んでいくと思うので、3人で力を合わせて日本を代表するプロチームになってほしいです。頑張ってください。応援しています!

MC:“GHS Professional”メンバーとしてのそれぞれの役割や今の気持ち、意気込みをお教えください。

きのこゲンジ:僕はフランカーという役目をこのチームでは努めさせていただいて、基本的には全部、もう何でもする役です。いろんなキャラを使うし、アタッカーだったり、時には味方を守ったりします。そういった役割をこのチームではこなしていこうと思っています。やっとチームが見つかった。そんな気持ちです! 楽しくっていうのは忘れずに世界一を目指したいと思います。

Karaaju:チームではサポートキャラを主に使っていくと思います。自分はまさかこんなに大きいチームに所属できると思っていなかったので、最近になってやっと実感が湧いてきました。日韓だけで1位をとっても世界からはなかなか評価されないので、世界から評価されるようになんとかしてがんばります。自分も世界一を目指しています。

Raygh:チーム内では最年長、そして司令塔、また唯一の常識人という担当をさせてもらっています。僕も正直こんな大きな規模でサポートしてくれるチームに入れるとは思っていなくて、まだ実感がちょっとわかないぐらいの気持ちです。本気で全力を出し切ってやるので、応援よろしくおねがいします。二人と同様、自分も世界一を目指しています。

MC:世界一を目指すチームですがライバルや意識しているチームは?

きのこゲンジ: 敵視しているとかライバルというと、まあ、目の前の時全部ですね。世界を目指す時の敵っていうのは、ゲームの奥にいるんです。

Karaaju:今競技戦にいる全チームがライバルになってくるかなと思います。

aygh:僕は司令塔としてまず2人の特徴とかをよく知って、連携力を高めてから周りを見ようかなと思っています。

“GHS Professional”概要

チーム名:GHS Professional(ジーエイチエス プロフェッショナル)
発足日:2022年5月27日
メンバー:Raygh、Karaaju、きのこゲンジ(3名)
公式HP:https://e-elements.jp/campaign/ghs_pro/

Raygh(レイ)

 千葉出身の23歳。小学生のころからFPSゲームをプレイして国内上位に上り詰めた経歴を持つ。新チーム“GHS Professional”では最年長でチームのIGL(インゲームリーダー)として年下組を引っ張っていくリーダー的存在。競技シーン3年目の経験を武器に若い2人をコントロールして、次期の大会で世界を獲る!

Karaaju (カラージュ)

 東京出身の18歳。高校の時に初めて『APEX LEGENDS』に触れ本気でプロを目指し始めるも、ゲーム業界では、遅すぎるスタートを血の滲むような努力でカバー。見事、昨年プロの座を勝ち取った、努力の天才。今年、高校を卒業し、新チーム“GHS Professional”として新たなスタートを切る。16歳からFPSを始めた努力の天才が競技シーン2年目にして本気で世界を獲る!

きのこゲンジ

 北海道出身の17歳。3歳のころから父の影響でオンラインゲームを始める。数々のオンラインゲームで最高レートを達成する偉業を成し遂げ10歳で日本1位を獲得。15歳のころに『APEX LEGENDS』初の公式世界大会に招待されるものの年齢制限で出場できず、悔しい思いをした。そんな彼が満を辞して新チーム“GHS Professional”のメンバーとして新たなスタートを切る。FPSの申し子と言われた彼がいよいよ世界に挑戦する。

関連する記事一覧はこちら