アインズが、クレマンティーヌを実験に利用…! ゲーム『オーバーロード』は探索系だがストーリーも面白い【電撃インディー#287】

セスタス原川
公開日時
最終更新

 電撃オンラインが注目するインディーゲームを紹介する電撃インディー。今回は、KADOKAWAより発売されるNintendo Switch/PC(Steam)向け2D探索型アクション『OVERLORD: ESCAPE FROM NAZARICK』を紹介します。

 本作は、大人気異世界ファンタジー『オーバーロード』を題材にした2Dアクションゲームです。

 プレイヤーは、アインズ・ウール・ゴウンが治めるナザリック地下大墳墓を脱出するため、敵や罠がいたるところに配置されたマップを探索していきます。

 ストーリーは『オーバーロード』原作者の丸山くがね先生監修で、ファンの方は必見の内容。さらに、アクションゲームとして遊びやすさとやりごたえを両立した作品で、さまざまな層の方が楽しめる作品となっています。

 なお、電撃オンラインでは尖っていてオリジナリティがあったり、作り手が作りたいゲームを形にしていたりと、インディースピリットを感じるゲームをインディーゲームと呼び、愛を持ってプッシュしていきます!

敗北したクレマンティーヌのその後を描いたifストーリー

 本作の主人公はお馴染みのアインズ・ウール・ゴウン……ではなく、彼と対峙した秘密結社ズーラーノーン12高弟の1人、クレマンティーヌです。

 ゲームは、彼女がアインズとの一騎打ちの場面からスタート。アインズは正体を隠していたため、クレマンティーヌは彼をただの剣士と侮っていました。実力差に加えて油断もあったことでクレマンティーヌは敗北。ナザリック地下大墳墓の地下深くに落とされてしまいます。

 地下で目覚めたクレマンティーヌは記憶を失った状態でした。それを見たアインズは“実験”と称して、彼女にナザリック地下大墳墓からの脱出を促します。

 これまで公開されてきたストーリーでは、クレマンティーヌはアインズに命を奪われたとされていましたが、遺体が残っていないという不可解な点がありました。本作の物語は、その空白の部分を埋めるようなifストーリーが展開されます。

 クレマンティーヌは探索をする道中で“記憶の片鱗”を獲得します。これは彼女の記憶のピースで、獲得するごとに記憶が少しずつ戻っていくというもの。

 彼女が記憶を取り戻した後、己の仇であるアインズに弄ばれていると知ったら、一体何を思うのでしょうか? そもそも、アインズの言う“実験”とはなんなのか?

 アクションゲームの本作ですが、しっかりとストーリー要素も楽しめます。『オーバーロード』ファンは必見と内容と言えますね。

  • ▲“記憶の片鱗”を獲得すると、メニューからアニメのワンシーンを描いた一枚絵が閲覧できるようになります。

迷路のようなナザリックを探索

 プレイヤーはクレマンティーを操作して、敵を倒し、足場を飛び移り、アクロバティックなアクションを重ねてナザリック地下大墳墓を探索していきます。

 マップはどこも迷路のような構造になっており、仕掛けによって開く扉があったり、ギミックを活用しないと先に進めない場所があったり、簡単には攻略できません。

 本作のマップの特徴はもう1つあり、横方向だけでなく、縦方向にも大きくマップが伸びていること。これにより、今いる場所から横に進むことが正解か、それとも上に進むことが正解か、探索中には行く先を決める運命の選択をすることになるのです。

 マップの構造をよく確認して正解の道のみを進む方法もアリですが、寄り道をしてアイテム回収をこなすことも正しい攻略方法の1つ。

 特に、前述の“記憶の片鱗”を集めてストーリー面もしっかり楽しみたいのであれば、マップの隅々まで探索をするのがオススメ。まだ訪れていないところを探したり、足りない“記憶の片鱗”を見つけたり、やり込み要素も十分です。

 移動では、ダッシュジャンプ、壁張り付き、パルクールなど、多彩なアクロバティックなアクションが使用可能。「ここ、先に行けそうだな?」と思ったところは、ほとんどアクションを駆使すれば先に進めるので、足を踏み入れてない場所はどんどん探索をしたくなるおもしろさがあります。

武器や魔法で道を切り開く

 クレマンティーヌは2つの武器、そして魔法を使って敵と戦います。武器については、メインウエポンとなる短剣のスティレットに加えて、手持ちの武器を1つサブウエポンとして装備可能です。

 メインウエポンのスティレットは、近距離攻撃だけでなく、魔法を装備することで魔法攻撃が行えます。さらに、装備した魔法に応じてクレマンティーヌに追加効果が与えられ、探索の際に通常では通れない場所にも行けるようになります。

  • ▲ファイアーボールを装備している状態では、炎のギミックを完全に無効化。強引な探索が可能になります。

 サブウエポンは、武器によってさまざまな特性があり、与えるダメージや有利な敵が異なります。

 倒れることなく探索を続けるには、武器はダメージの高さだけでなく、隙の少なさで選ぶことも大切。いつでもサブウエポンは装着し直せるので、状況に応じて使い分けていきましょう。

 武器はマップの各所で用意された窯でマナを消費して強化可能。マナは敵を倒したり、探索をする過程で入手可能です。

 最初の段階では、武器の強化は高頻度で行えないので、どの武器を強化するのかは慎重に選びたいところ。使う武器の選択1つでゲームの進めやすさも大きく変わってくると感じました。

 ゲーム中の操作はほとんどボタン1つのワンコマンドで行えるので、コントローラーでプレイする分には操作面で難しさを感じた部分はほとんどありませんでした。

 今回プレイしたのはPC版だったので、キーボードによる操作も可能でした。ただ、移動しながら攻撃したり、移動しながらジャンプをしたり、同時押しが必要なる場面が多かったので、PC版でも操作しやすいコントローラーでのプレイがオススメです。

 本作は操作面やゲームシステムがわかりやすいので、気軽に遊べるアクションゲームとしてもオススメ。しかも、その上に探索や武器強化などやり込み甲斐のある要素もあるので、満足感は十分に楽しめます。

 『オーバーロード』のifストーリーとしてファン必見の本作。他にも、アクションゲームをやり込みたい方、気軽に遊びたい方など、さまざまな層に楽しんでいただける内容です。気になった方、ぜひ手に取ってみてください。


©KM,K/OL3P
©KADOKAWA CORPORATION 2021

関連する記事一覧はこちら