妻とサキュバスどっちを選ぶ? 『My Lovely Wife』でインモラルな恋愛を楽しもう【電撃インディー#285】

Ak
公開日時
最終更新

 電撃オンラインが注目するインディーゲームを紹介する電撃インディー。今回は6月8日に発売される恋愛×経営シミュレーションゲーム『My Lovely Wife(マイ・ラブリー・ワイフ)』のレビューをお届けします。

 本作はNintendo Switch/PC(Steam)用タイトル。本レビューではSwitch版を使用しています。

 なお、電撃オンラインは、尖っていてオリジナリティがあったり、作り手が作りたいゲームを形にしていたりと、インディースピリットを感じるゲームをインディーゲームと呼び、愛を持ってプッシュしていきます!

 また、YouTubeの“電撃オンラインch”にて、本作を紹介する実況プレイ配信も実施しているので、実際のプレイの様子が気になった方はこちらのアーカイブもチェックしてみてください!

サキュバスと恋愛しながら経営シミュレーション! 個別エンディングのボリュームがすごい

 本作は、恋愛と経営の要素を盛り込んだシミュレーションゲーム。

 個性豊かなサキュバスを相手にした恋愛要素と、育成と収集のバランスを考える経営要素が魅力的な作品です。

 直接的な描写はないものの、サキュバスに売春をさせたり、殺害してエッセンスを奪ったりとインモラルな展開はあるので、苦手な人は要注意!

 ごく普通の男である主人公ジェイクは、不幸なことに最愛の妻ルナを失くしてしまいます。そしてルナをよみがえらせるため、謎多き男からある提案を受け取ることに。

 そしてジェイクは、ルナ復活のために、サキュバスを召喚して錬金術の物質である“カーナル・エッセンス”を集めることになります。

 カーナル・エッセンス抽出には、売春宿やホテルにサキュバスを送り込むか、あるいは彼女たちを殺害する必要があり、否応もなくジェイクはその手を汚すことに。

 ゲーム全体に漂うインモラルな雰囲気……そして登場人物が誰もかれもとにかく怪しい! 妻の復活のためにサキュバスの召喚を勧めてきた男などはその筆頭です。

 人間が信用できなさすぎて、悪魔的存在であるはずのサキュバスが癒し要素になっていますね。

 メインストーリーでは、妻のために破滅の道を進む主人公の葛藤が描かれます。

 ゲームシステムとしてもメインストーリーを進めるには実質的にサキュバスの犠牲は不可避なので、プレイヤーとジェイクの共感度が高い!

 序盤は精神衛生上も、サキュバスを単なるカーナル・エッセンスを得るための道具だと割り切ったほうがいいかもしれません。

 メインストーリーを進めると、サキュバスと“関係を結ぶ”ことができます。全年齢向けゲームなのでボカして描写されますが……まあつまりはそういうことです!

 そして関係を結ぶと、最終的に妻とサキュバスどちらかを選ぶことが可能に。

 妻を選んだ場合、条件を満たしているとメインエンディングへ。サキュバスを選ぶとサキュバスとの個別エンディングへ進みます。

 ただし最終的にサキュバスを選ぶにはサキュバスとの会話を最後まで進める必要があり、そのためにはジェイクの特定スキル取得が必須。

 実質的には、メインエンディングを見たあとに、サキュバスエンディングを見ていくことになるでしょう。

 メインエンディングは大きく分けて2種類。サキュバスエンディングはサキュバスごとにそれぞれ2種類、合計40種類存在します。

 とにかくサキュバスエンディングのボリュームがすさまじい! メインエンディングを見るまでのボリュームは10数時間程度ですが、全エンディングを見ようとすると相当の時間遊べると思います。

 メインエンディングには大きな分岐が用意されており、エピローグまで進め、ある選択をすると分岐しますが、条件は分かりやすくなっています。

 メインエンディングは、ひとつを見た後にもう片方のエンディングを見るには別のデータで進める必要がありますが、一度進めたストーリー段階まで飛ばすことができるので、比較的進行は容易です。

 また、サキュバスエンディングは到達してもすぐ直前からやり直せる親切仕様。全体的に、エンディングやイベント回収はお手軽になっているので、コンプリートしたい人にもやさしい作りです。

どんどん魅力的になってくるサキュバスたち! お気に入りのサキュバスのグッドエンディングは必見

 ゲームの主目的となる妻は冒頭のみの登場。それほど出番はないものの、正統派ヒロインといった印象で主人公が執着する理由も納得できます。

 それに対してサキュバスの面々はクセつよ。第一印象は最悪な出会いも多いですが……会話を進めていくことで誰もが魅力的に思えてきます。

 ただしサキュバスにとって救いとなる個別エンディングは、各種要素が解放されるまでは見ることは難しいです。

 そのため序盤から中盤までは主人公と同じく、葛藤を持ちながらサキュバスを利用していくことになります。これが辛い……。各種要素の解放までは、愛着が湧きすぎないよう、会話はほどほどにすることを推奨します。(笑)

 サキュバスは各種材料を消費すると召喚可能。

 木、動物、霊液、金属の組み合わせによって召喚できるサキュバスが決まります。

 召喚できるサキュバスは全20種類で、材料の入手自体は容易なので、序盤からすべてのサキュバスを召喚可能です。

 下記に個人的にお気に入りのサキュバスと、その召喚素材を紹介します。

 ちなみに種族名はありますが、サキュバスの名前は変更可能です。

ノクティ

■召喚材料
木+木+金属

 飲んだくれサキュバス。

 何より褐色肌の見た目がイイ! お気楽な性格で、付き合いやすい印象です。

 その酒癖を治せるかどうかが、彼女と幸せになれるかの分かれ目ですね。

オルニア

■召喚材料
木+動物+動物

 強気な性格のサキュバス。

 妻と正反対の性格で、ジェイクとは最初のうちは反りが合わないものの、じょじょに打ち解けていく様子が可愛いです。

 昔ながらのツンデレのような、正統派ヒロインですね。グッドエンディングの幸福感も最高!

アクリス

■召喚材料
木+金属+金属

 仮面を被ったサキュバス。

 素直になれない性格と、銀髪が可憐な少女系ヒロインです。

 もちろん、親しくなると仮面の下の顔を見せてくれます。グッドエンディングでの素顔が本当に可愛い!

 ちなみに、サキュバスエンディングは2種類あり、明言はされないもののグッドエンディングとバッドエンディングに分かれます。

 サキュバスとの会話を最後まで進めていると、サキュバスと人生を共に歩むという選択肢を選ぶことが可能に!

 問題児だと思っていたサキュバスが、グッドエンディングでは見違えた姿になっていることも。個人的には、やっぱりリストのエンディングが必見だと思います。意外性ではエニュオやタウラも要注目。

 バッドエンディングは失敗した結婚生活として妙にリアル。見ていてつらい展開が多いです。

 エンディングは選択肢によって分岐します。好感度などの表示はないものの、サキュバスの反応で好感触だったかどうか分かることも多いです。

 仮にバッドエンドになっても、要素さえ解放されていれば、やり直しは容易なので安心!

 ちなみにサキュバスはデートCGも用意されており、好感度一定以上でデートに行くと見ることができます。

 ほのぼのしたイラストが多く、台詞なしなのに情景が伝わってきます。ぜひ全回収を目指してほしい!

操作性がよく直感的に楽しめる経営シミュレーション

 Switch版は、コントローラー操作はもちろん、タッチパネルでの操作にも対応しています。

 経営シミュレーションゲームとしては複雑な作りではなく、能力上昇を優先させるか、お金やエッセンスの入手を優先させるかを考えながらサキュバスを配置していくのは、王道シミュレーションゲームとしての楽しさがあります。

 進め方で効率に差は出ても、進めていけば着実に得るものがある設計なので、気軽にプレイできます。

 ランダムイベントなどもあり、繰り返しのなかにも変化を感じられるシステムがいいですね。中盤以降、一気にお金やエッセンスが稼げるようになると、解放感も味わえます。

 個人的には、まずは能力やチャームの育成に集中してから、お金やエッセンスの獲得を目指すのが効率的に感じました。

 ちなみに、一応日数の表示はあるものの、かなり長期間プレイしてもとくに何もなかったので、時間制限などはないか、あるいはかなり緩いかと思います。

 全体的にシミュレーションとしての難易度は高くはないので、初心者でも安心です。

サキュバスとのインモラルな恋愛が楽しみたい人にオススメ!

 メインエンディングを迎えるまでは、妻とサキュバス、どちらを選ぶかの葛藤が辛い本作のストーリー。

 プレイするほどサキュバスの魅力が伝わって来て、正直終盤はサキュバスのことばかり考えていました……妻よ、すまない!

 インモラルな展開も魅力的ですが、なによりサキュバスとの交流が楽しいです。

 個性的なサキュバスとの交流や、意外性のあるストーリーが楽しみたい人は、ぜひプレイしてみてください!


© All Rights Reserved Neon Doctrine

関連する記事一覧はこちら