『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』ストーリー、キャラクター、システムをまとめて紹介

カワチ
公開日時
最終更新

 6月23日発売予定のPS4/Nintendo Switch/Xbox One/PC(Windows10、Steam)用アドベンチャー『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』の企画記事をお届けします。

 『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』は、世界中のミステリーファンから高評価を受けた傑作アドベンチャー『AI:ソムニウム ファイル』の続編。警視庁の特殊捜査班“ABIS(アビス)”に所属する“みずき”と“龍木(りゅうき)”という2人の主人公が、パートナーの眼球型AI“アイボゥ”と“タマ”とともに、現在と6年前が交差する謎めいた猟奇殺人事件に挑みます。

 『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』発売に向けた企画記事。今回は、ストーリーや登場キャラクター、システムなどこれまでに判明している情報をまとめて紹介します。

ストーリー

 本作は過去と現代のふたつの視点から“ハーフボディ連続殺人事件”を追う内容。重要参考人の夢の世界に侵入して、心の奥に隠された真実を探ることができる特殊捜査班“ABIS”に所属するみずきと龍木がパートナーの眼球型AIとともに捜査を進めます。

 みずきは前作『AI:ソムニウム ファイル』の登場人物で、前作主人公である伊達 鍵に引き取られて一緒に暮らしている小学生でした。本作では高校生になっており、その優れた身体能力を買われて“ABIS”に所属することになったそうです。

 一方の龍木は過去パートの主人公で、前作には登場しなかった新キャラクター。正義感にあふれた新人ですが、熱血タイプではなく控えめで穏やかな性格です。高学歴のお坊ちゃまですが、両親と弟はすでに他界。つらい過去を背負いながらも難事件に挑んでいきます。

 “ハーフボディ連続殺人事件”の発端は現在の6年前。中心から真っ二つに切り裂かれた死体の右側が発見されます。当時、どれだけ捜査しても、もう片方は見つからなかったのですが、6年後にその左側が発見されます。その半分の死体はまったく腐敗しておらず、まるでついさっきまで生きていたかのようでした。

 はたして事件の真実は? なぜ6年間も片方が見つからなかったのか? そしてなぜそれだけの期間、死体が腐敗していなかったのかを調査していきます。

システム

 ゲームは前作と同様に現場の調査や関係者への聞き込みを行って証拠や情報を見つける“捜査パート”とPsync(シンク)装置と呼ばれる装置で重要参考人の夢の世界に侵入して心の奥に隠された真実を探る“ソムニウムパート”が存在。

 捜査パートの新要素は以下。

Wink Psync(ウィンクシンク)

 簡易的に対象者の思考を覗く機能。会話で情報を引き出せない場合に、突破口として使うことができます。

拡張視覚パート

 仮想空間として再現された現場で主人公を操作して、事件の手がかりを集めるパートです。

 仮想空間には、X線やサーモグラフィでスキャンされた情報も含まれており、モードを切り替えることで空間全体に特殊な視覚を適用して調査することが可能です。

真相再現パート

 拡張視覚パートで手がかりが集まると、真相再現パートへ。事件の流れを振り返りながら、浮上した疑問点に手がかりを当てはめて、真相を明らかにしていきます。『AI:ソムニウム ファイル』に“取り調べ”という推理パートがありましたが、よりリアリティのある真相解明になりそうです。


 ソムニウムパートには時間制限があり、選択を選ぶごとに時間が減少。その時間がなくなる前に、手がかりを思い出すことの障害となっている“メンタルロック”を解除することになります。

 なお、『AI:ソムニウム ファイル』と同様にメンタルロックの解決方法は複数存在しており、どれを選んだかによってその後のストーリーが分岐するという仕掛けがあります。

 『AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ』は、このソムニウムパートが進化。上下の移動ができる水中や空中の舞台が登場し、バリエーション豊かになっています。

 また、システムとして以下の要素が追加されています。

鍵則(きそく)

 現実世界の常識や法則は通用しないソムニウム世界ですが、Psync対象者の意識や記憶に基づくルール“鍵則”が存在。鍵則を明らかにすると、そのソムニウム世界でとるべき行動や選択を絞り込みやすくなります。

 『AI:ソムニウム ファイル』では選択を選ぶ際のヒントが少なかったので、ルールが生まれたのはうれしいですね。そのルールを探るのもおもしろそうです。

抗性意識体

 Psync対象者の警戒心を表す“抗性意識体”は、触れると残り時間が大きく減少します。“抗性意識体”が行く手をふさいでいる場合は、排除する方法を見つければ先に進むことが可能です。

キャラクター

 ここからは登場キャラクターを紹介します。

みずき(声優:黒沢ともよ)

 主人公のひとりで、Psync装置を使って容疑者や重要参考人の脳内に潜り込むPsyncer(シンカー)。とある事件によって左目を失い、現在は高度な人工知能を搭載した義眼“AI Ball”をはめています。

 この左目を失ったという事実は前作『AI:ソムニウム ファイル』では描かれなかったので、前作と本作の間にあった事件ということになります。

 また、少しネタバレですが、前作のストーリーの中で身体能力がとても高いことが判明。マンガやアクション映画のキャラクターみたいな動きで大活躍していました。本作ではその能力を買われて、特例で警視庁の特殊捜査班“ABIS”(アビス)に所属することになったそうです。

アイボゥ(声優:鬼頭明里)

 自律制御型のAI。通常は眼球の形をしており、みずきの左の眼窩に常駐しています。前作は伊達の相棒でしたが、本作ではみずきの捜査をアシストします。X線やサーモグラフなどの機能があります。

 人間の姿はアイボゥが伊達の好みを考えて女性にしていたそうですが、本作でもその姿を踏襲しています。

龍木(りゅうき)(声優:田丸篤志)

 もうひとりの主人公。新人の捜査官で、左の眼窩にいるパートナーのタマとともに事件の解決に挑みます。両親や弟をすでに亡くしているそうですが、どういった経緯なのか、今回の事件と関係があるのかなどは謎です。

 正義感にあふれていますが控えめで穏やかな性格。これも先天性なのか、家族を失ったことから生まれた後天性のものなのかは分かりません。

タマ(声優:加隈亜衣)

 アイボゥと同じく高度な人工知能を搭載したAI-Ballで、龍木の相棒。女性のようなフォルムをしており、人間になった姿はセクシーな警官姿になっています。

 龍木にとっては厳しさと優しさを兼ね備えた母親のような存在で、捜査のサポートだけでなく彼の尻を叩いて奮い立たせる役割を担っています。また、見た目通りのドSキャラらしく物理的に尻を叩くのも好きとのこと。

イリス(声優:白城なお)

 『AI:ソムニウム ファイル』からの登場人物で、芸能事務所レムニスケイトに所属しているネットアイドル。

 Web配信のクイズ番組にみずきとコンビで出演中に、スタジオに右半身だけの遺体が出現。事件の目撃者となってしまいます。

米治(こめぢ)(声優:松本忍)

 元クイズ王のピン芸人で芸名は“アンデス米治(こめぢ)”。特徴的なフォルムをしていますが、『AI:ソムニウム ファイル』のキャラクター、真津下応太の父親もコミカルな外見だったので、着ぐるみなどではないかと。

絆(きずな)(声優:陶山恵実里)

 投資家で莫大な資産を持つ稚枝(ちえだ)家の令嬢。イリスと同じダンス部に所属しており、コンテストでの優勝経験もあります。本作からの新キャラクターになります。

厳(げん)(声優:櫛田泰道)

 無国籍料理店“ブラフマン”の店主で、彼の作る料理は絶品でABISの関係者もよく利用しているとのこと。とある理由からつねにマスクを着用しているらしいですが、素顔を隠す理由は?

亜麻芽(あまめ)(声優:久保田梨沙)

 メイドカフェ“サンフィッシュポケット”のアルバイトをしている女子高生で『AI:ソムニウム ファイル』から引き続き登場。ダンス部に所属しており、イリスや絆と仲がいいです。また、ブラフマンの常連で巌とも親しい間柄です。

祥磨(しょうま)(声優:五十嵐裕美)

 “アンデス米治”の息子で、両親が離婚しているため、現在は米治と2人で暮らしています。当人は売れない芸人である父を激しく嫌っており、親子関係は良好ではないです。

 みずきとは小学校の同級生ですが、あまり接点はないようですね。

時雨(しぐれ)(声優:沢海陽子)

 「この世はすべて何者かによって造られた偽りの世界である」という“シミュレーション仮説”を信奉する思想団体“NAIX”日本支部の主宰。

 この世界のどこかに存在するはずの“綻び”を見つけ出して偽りの世界を破綻させ、人々を解脱へと導くのがNAIXの目的らしいですが、明らかに怪しいですね。ただ、打越さんの作品は意外な伏線をストーリーに結びつけることもあるので、この突拍子もない設定が物語の根幹に関わってくることは大いにありえます。

法螺鳥(ほらどり)(声優:小形満)

 若くして法螺鳥遺伝子研究所を立ち上げた聡明な科学者。研究所では主にゲノム編集による遺伝子治療の研究が行われています。ハーフボディ連続殺人事件の捜査が進むなか、事件との関連が疑われる謎の動画“Bats490”と同研究所の関りが浮上し、捜査対象になります。

 なお、ゲノム編集は遺伝子を改変できるバイオテクノロジー。遺伝子も打越作品で取り上げられることが多いテーマなので注目したいです。

ライアン(声優:高橋英則)

 真津下食堂をよく利用しているという青年。最近、職を失って店内でひとり悲嘆に暮れていましたが、なりゆきでダンスを披露することになった絆に一目ぼれ。その場でプロポーズすることになります。

 コメディリリーフ的なキャラクターですが、事件にはどのように関わってくるのか気になるところです。

仮面の女

 体形から女性である可能性が高いと推測されるものの、それ以外は全てが謎に包まれた人物。

 公開されている画面写真ではスナイパーライフルでなにかを狙っているようですが……狙いの先にあるものは!?

 と、いうことで今回は情報のまとめをお届けしました。次回は本作のプレイレポートをお届けする予定なのでお楽しみに!

©Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

関連する記事一覧はこちら