『デュラララ!!』2020年4月に舞台化決定! 脚本はアニメシリーズ構成・高木登氏が担当

ガルスタオンライン
公開日時

 さあ、また始めようじゃないか。非日常を―

 あの『デュラララ!!』の舞台化が決定!! TVアニメ放送の第1期放送から、2020年でちょうど10年。節目となるこの年に、待望の舞台化をとなりました!
 今回の舞台化を記念して、原作者の成田良悟氏からのコメントと舞台化決定描き下ろしイラストが到着しました。

 演出を手がけるのは、ミュージカル『薄桜鬼』やミュージカル『黒執事』、『メサイア』等の舞台作品に加え、『仮面ライダー』シリーズの脚本も執筆し幅広く活躍している毛利亘宏氏。
 そして脚本は、TVアニメ『デュラララ!!』のシリーズ構成である高木登氏が手がけます。

 公演は2020年4月から5月にかけ、東京・愛知・大阪の3カ所にて開催されます。キャスト等の詳細も気になるところですが、こちらは続報をお待ちください!

成田良悟氏コメント

 舞台化! 舞台化です! 

 『デュラララ!!』のアニメ放映からもうすぐ10年というこの時期、新たな形のメディアミックスが生まれる事となり感慨深いです。『デュラララ!!×2』の放映が各国配信でとても好調だった事や、映像ソフト、グッズ、そして原作小説やコミカライズと言ったものを様々な形で応援して下さったファンの皆さんのおかげです! 本当にありがとうございます!
 高校の時演劇部だった私からすれば、舞台化というものに対しては、アニメや漫画とは別の様々な感情が浮かび上がります。
 最初に話を聞いた時は驚き、果たして『デュラララ!!』を舞台にできるのだろうかと思いましたが、演出家が多くの特撮作品や舞台の『黒執事』の舞台などを手がけたベテラン演出家の毛利さんであり、脚本がなんとアニメシリーズでもお世話になった高木さんに決まったという話を頂きまして、「これは凄いものが出来そうだ」と今から観客の一人としてワクワクしております……!
 皆さんともこの感覚が共有できますよう、公開となる2020年の春までに明かされていく追加情報を楽しみにお待ち頂ければ幸いです!

公演情報

原作:成田良悟『デュラララ!!』(電撃文庫刊)
原作イラスト:ヤスダスズヒト
演出:毛利亘宏 / 脚本:高木 登
企画・製作:アニプレックス・トライフルエンターテインメント
主催:アニプレックス・トライフルエンターテインメント・KADOKAWA・ドワンゴ(ⅡⅤ)

※舞台版正式タイトル、キャスト等は後日解禁いたします。

『デュラララ!!』とは

 『デュラララ!!』は、成田良悟氏原作、ヤスダスズヒト氏がイラストを担当している小説で、2004年に電撃文庫(KADOKAWA)より刊行。13巻で第1部が完結した後にも第2シリーズ『デュラララ!!SH』やスピンオフなどが刊行されています。
 また、TVアニメシリーズは2010年より放送された第1期に加え、2015年には第2期『デュラララ!!×2』も製作され、全60話が放送されました。さらには、コミカライズやゲーム化もされ、大きくメディアミックスされたヒットタイトルです。

『デュラララ!!』ストーリー

 都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)は、幼馴染の紀田正臣(きだまさおみ)の誘いもあり地元を離れて池袋にある来良学園に入学してきた。しかし池袋の街は帝人の想像以上の非日常だった。
 標識をへし折り自動販売機をぶん投げる平和島静雄(へいわじましずお)や情報屋の折原臨也(おりはらいざや)、ダラーズや黄巾族と呼ばれるカラーギャング、そして極めつけは漆黒のバイクを駆る “首なしライダー”!!
 そして気が付いた時には、帝人も非日常の中心に吸い寄せられていくのであった……。

©2014 成田良悟/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/池袋ダラーズ