君が本当に付けるべき“落とし前”はなんだ?(クルト)【軌跡シリーズ名言集】

Zenon
公開日時

 日本ファルコムの名作ストーリーRPG『軌跡』シリーズの名言集をお届けします。

 本記事で紹介するのは、『閃の軌跡Ⅳ』に登場するキャラクター、クルト・ヴァンダールのセリフ。主人公・リィンが教官を務める《新Ⅶ組》の一員で、クールでストイックな性格をしており、自主鍛錬も欠かさない真面目な優等生です。今回はそんな彼が放った熱い名言を紹介していきましょう。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

君が本当に付けるべき“落とし前”はなんだ?(クルト)

●第I部 VII組の試練(英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-)

 《巨イナル黄昏》と呼ばれる現象が発生し、帝国全土が戦のムードに包まれるなか、クルトたちは仲間の1人であるアッシュが、彼の生まれ故郷の廃村・ハーメルにいると聞いて探しに行きました。

 アッシュは前作『閃の軌跡III』の終盤で“呪い”に操られて帝国の皇帝を撃つという大罪を犯しています。そのため一度捕縛されたのですが、逃げ出してハーメルにたどり着いたタイミングですね。



 「呪いに操られたなら悪いのはアッシュではない」と説得するユウナたちですが、アッシュは聞く耳を持ちません。

 アッシュの過去についてはまたの機会に紹介するとして、ここでの彼は“呪い”に負けたことですっかり意気消沈しています。もうここで死んでもいいと考えるほどに。



 好き勝手に生きてきたつもりの人生がすべて“呪い”に操られたものだったのではと考え、諦めてしまったアッシュ。もう自分の出番は終わったのだから放っておいてくれと仲間たちを突き放します。

 そんな彼に発破をかけるため、仲間たちが激を飛ばします。怒涛の名言ラッシュ!



  • ▲ユウナ「だってあんたは――あたしたちVII組の一員でしょう!?」



  • ▲アルティナ「変わらないと思います、何も。わたしたちはアッシュさんや“あの人”が背負ったものを分かち合い、支える覚悟をしていますから」



  • ▲ランディ「今、お前らの担任教官はピンチでな。それと比べたらお前なんかまだヌルいんじゃねえか?」

 ユウナがアッシュに“仲間”であることを思い出させ、アルティナがその絆の強さと覚悟を示し、ランディが担任教官のリィンのヤバい状況(《黄昏》の引き金を引いて暴走状態のまま敵に拘束されている)を説明して、アッシュの心を揺さぶります。この時点でかなりグラグラ来てますね。

 そしてクルトが続けてたたみかけます。これまでの人生すべてが“呪い”に操られただけの流れだったと言い放つアッシュに「君は本気でそう思っているのか!?」と。




 クルトの言葉に、かつてリィンから掛けられた言葉がよぎります。

 そんな簡単なこともわからず引きこもるなら勝手にしろ、と煽るクルト。そして今回の名言へと続きます。






「君が本当に付けるべき“落とし前”はなんだ?」

 下から睨みつけるように迫るクルトの凄み。友のために怒る彼の表情はインパクト大でしたね。

 アッシュは皇帝を撃った責任は自分にあると感じ、“落とし前”として自分も人知れず朽ち果てようと考えていたようですが、それは相手が違うと諭された形です。

 アッシュに皇帝を撃たせた“呪い”にこそ“落とし前”を付けさせるべきで、ここでアッシュが退場しても“呪い”は痛くも何ともありません。だからこそ、クルトは元凶たる“呪い”にアッシュも立ち向かうべきだと説得しました。


 アッシュは「青臭い」と憎まれ口をたたきつつ、「確かに“落とし前”を付ける相手を見失ってたようだ」といつもの調子を取り戻します。

 このあと、結社の実働部隊が現れたり《西風の旅団》が現れてアッシュをスカウトしたりといろいろあるのですが、そのなかでアッシュが完全に立ち直っていくのは別のお話。

 というわけで、今回はクルトの名言「君が本当に付けるべき“落とし前”はなんだ?」を紹介しました。普段はクールで真面目かつほかのメンバーの影に隠れがちな彼ですが、クラスメートがふがいない姿を見せたときには胸倉をつかんででも発破をかける、その熱い説得は彼にしかできないものだと感じて取り上げさせていただきました。

 これがたとえば教官のランディが似たようなことをしても、アッシュにはあまり響かなかったと思うんですよね。同年代で同性のクルトの言葉だからこそ、アッシュも立ち直ったというか。もちろんその前のユウナとアルティナの優しい言葉も効いてるとは思いますが。

 シリアスなものからコメディ的なものまで、軌跡シリーズにはほかにも数々の名言が存在します。今後もそれらをピックアップしてお届けしていく予定なので、お楽しみに!

※画面はPS4『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』のものです。
(C) 2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

関連する記事一覧はこちら