そう言われると、やる気が出る事は確かだがな――!(カシウス)【軌跡シリーズ名言集】

Zenon
公開日時
最終更新

 日本ファルコムの名作ストーリーRPG『軌跡』シリーズの名言集をお届けします。

 本記事で紹介するのは、『創の軌跡』に登場するキャラクター、カシウス・ブライトのセリフ。シリーズ第1作『空の軌跡』の主人公・エステルの父親で、「総合力では作中最強クラス」と言われている彼の名言を紹介してまいりましょう。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

そう言われると、やる気が出る事は確かだがな――!(カシウス)

●エピソード「ブライト一家の休日」(英雄伝説 創の軌跡)

 かつては大陸でも数人しかいない“S級”遊撃士として活躍し、いまではリベール王国軍の中将に収まっているカシウス。『閃の軌跡IV』で起きたヨルムンガンド戦役では“当代最高の軍略家”と評価され、連合軍の最高司令官を務めました。

 《巨イナル黄昏》により世界大戦を引き起こした帝国に対し、周辺国が文字通り一致団結して対抗した《千の陽炎》作戦。それをまとめ上げただけでも、カシウスの指揮能力の高さがうかがえます。

 また、彼はシリーズでも印象深い流派《八葉一刀流》の元剣聖でもあります。とある事情で刀を捨て、以降は棒術で戦っているのですが、その実力は衰えを知りません。


 リィンに奧伝を授けるため、流派の開祖・ユン老師の代理として借り物の刀を手にするカシウス。“理”に至った先達として、リィンを導きました。

 そんな底知れない、雲の上の人物である彼ですが、『創の軌跡』では久々の家族旅行として、1人の父親としての顔を見せてくれます。

 帝国にある温泉郷ユミルを訪れたブライト家一行。実の娘であるエステル、ヨシュア、そして『碧の軌跡』でエステルが家族の一員として迎え入れたレンの4人で過ごす初めての家族旅行です。



 カシウスとレンは家族として過ごした時間が少なく、まだぎこちない様子。



 観光中、雪合戦を提案するエステルと、子どものような不意打ちで応じるカシウス。


 それを眺めるヨシュアとレンは「父さんの親バカなところを見れて安心した」「エステルのパパらしくて嫌いじゃない」と評します。

 ユミルと言えば温泉。ヨシュアに「エステルとは式を挙げなくていいのか?」と尋ねたり、娘たちの会話に混ざろうとして口撃されたりと“家族”らしいひと時を過ごしました。

 一人娘の父親らしく、重々しい口調でヨシュアに「許してやらんでもない」と言うカシウス。やっぱり親バカですねぇ。

 エステルは、もうレンは“妹”なんだから、困ったら自分たちに相談するよう言葉をかけます。何があっても駆けつける。それは父さんも同じだと思うからと。


 おどけたように傷つくカシウスですが、少しでもレンとの距離を縮めようとする彼なりのアプローチなんでしょう。

 と、穏やかな家族旅行はここまで。たまたま射撃訓練のため雪山に訪れていたギルバートと遭遇し、対決することになります。


 レンに“雑草みたいな人”と言われ、思わず自分をタンポポに例えてしまうギルバート。これはこれで名言かも……!?


 ブライト一家の陣容に内心ビビりまくりのギルバート。いつもの土下座作戦は……さすがにバレバレか、と少しは学んだ様子。

 ギルバートはこの絶体絶命のピンチに、砲弾すら跳ね返す高密度の導力障壁を展開して何とか対峙。しかし、博士の適当な改造のせいで彼の翼《Gアパッシュ》が暴走を始めてしまいます。

 雪山でこんな機械が爆発したら雪崩が起きると、一気に緊張感が高まったこの場面でカシウスが「俺の出番だな」と前に出ます。美味しいところを持っていくクセ、相変わらずですね。



 機体を打ち上げて被害の少なそうなところで爆発させてみせると言い出すカシウス。父親としてカッコいいところを見せようと、たいへん張り切っています。


 そしてレンが計算を担当し、より確実に被害が最小限になるポイントを割り出してあげると提案。父と義理の娘の共同作業ですね。

 戦闘後、暴走する機体を打ち上げるべく、気を練り上げたカシウスが動きます。「21時の方向」とレンから指示を受け、あとは俺に任せておけ!と気合十分な状態に。と、そこでレンが武器を収め、カシウスにひと言呼びかけます。

「レンも信じてるわよ、カシウスおじ――ううん、“パパ”。」

 いままで“おじさん”呼びで距離を感じていたレンからの“パパ”呼びに、カシウスがどう反応するのか、それこそが今回の名言です。





「そう言われると、やる気が出る事は確かだがな――!」

 めちゃめちゃ嬉しそうに練り上げた気をまとって、《G-アパッシュ》を勢いよく打ち上げます。吹き飛ばされながらも捨て台詞を忘れないギルバート、やられ役の鑑ですね。

「僕は何度だって咲き直してみせるからな! ネバーギブアーーップ!!」


 その後、ひと仕事終えたパパは娘たちからの「見直しちゃった」という言葉を受けてまんざらでもない様子。しかし「呼び名は何でも構わんさ」などといったせいか、レンからの呼び名が“おじさん”に戻ってしまいました。





 がくっと肩を落とし、レンに振り回されるカシウス。普段の小悪魔っぽい感じが出てきたレンの様子に、エステルとヨシュアも「打ち解けてきたみたい」と、ひと安心です。

 はい、というわけでカシウスの名言「そう言われると、やる気が出る事は確かだがな――!」をお届けしました。やっぱり父親としては、おじさんよりパパと呼ばれたほうがやる気は出ますよね。

 リィンの父・シュバルツァー男爵からは「そこにいるだけで周りの全てを明るくしてしまう家族」と評されたブライト一家。最新作『黎の軌跡』の時点ではそれぞれ離れて活動しているはずですが、今後の再登場にも期待したいですね。

 シリアスなものからコメディ的なものまで、軌跡シリーズにはほかにも数々の名言が存在します。今後もそれらをピックアップしてお届けしていく予定なので、お楽しみに!

『黎の軌跡II』電撃スペシャルパックが登場!

 『黎の軌跡II』電撃スペシャルパックでは、“グレンデル”がプラキットになって付属! 更に学生時代のヴァン・エレイン・キンケイドを描いたタペストリーや、ピクニック隊の缶バッジ&ポストカードセット、新久保先生の描き下ろし4コマにエレインのDLC衣装など盛りだくさんです。

 また、シズナEDITIONでは“シズナの黒太刀”のメタルウェポンも同梱されます。豪華グッズが詰まった電撃スペシャルパックをお見逃しなく!

※“グレンデル”のプラキットは後送で12月以降のお届けとなります。


PS5『黎の軌跡』エビテンで予約受付中!

 『軌跡』最新作がPS5で登場。豪華グッズ満載の電撃スペシャルパックをご用意しました!

●英雄伝説 黎の軌跡 PS5版 電撃スペシャルパック(ゲームの電撃特典付き)
【セット内容】
・PS5用ゲームソフト『英雄伝説 黎の軌跡』
・オリジナルB2タペストリー「エレイン《HOTSHOT》」
・アクリルインテリアプレート「ヴァン&エレイン&キンケイド《初春》」
・【ゲームの電撃特典】ヴァンの10ミラコイン
・初回特典「豪華DLCセット『大感謝特大BOXプラス』」

●英雄伝説 黎の軌跡 PS5版(ゲームの電撃特典付き)
【セット内容】
・PS5用ゲームソフト『英雄伝説 黎の軌跡』
・【ゲームの電撃特典】ヴァンの10ミラコイン
・初回特典「豪華DLCセット『大感謝特大BOXプラス』」


『閃の軌跡&創の軌跡コンプリートBOX』予約受付中!

 7月28日発売予定のPS4版『閃の軌跡&創の軌跡コンプリートBOX』に、グッズが満載の電撃スペシャルパックが登場。欲しいグッズのニーズに合わせて、お好きなセットをお選びいただけます。

●英雄伝説「閃の軌跡I~IV」&「創の軌跡」コンプリートBOX 電撃スペシャルパック 3Dクリスタルセット PS4版(ゲームの電撃特典付き)
【セット内容】
・PS4用ゲームソフト『英雄伝説「閃の軌跡I~IV」&「創の軌跡」コンプリートBOX』
・四六判書籍「新装版 ゼムリア大陸文庫全集」
・オリジナルB2タペストリー「クロウ」
・アクリルインテリアプレート「想い出の眼差しは熱く」
・3Dクリスタル「アルティナ」
・【ゲームの電撃特典】50ミラコイン アナザーVer.

●英雄伝説「閃の軌跡I~IV」&「創の軌跡」コンプリートBOX 電撃スペシャルパック PS4版(ゲームの電撃特典付き)
【セット内容】
・PS4用ゲームソフト『英雄伝説「閃の軌跡I~IV」&「創の軌跡」コンプリートBOX』
・四六判書籍「新装版 ゼムリア大陸文庫全集」
・オリジナルB2タペストリー「クロウ」
・アクリルインテリアプレート「想い出の眼差しは熱く」
・【ゲームの電撃特典】50ミラコイン アナザーVer.

●英雄伝説「閃の軌跡I~IV」&「創の軌跡」コンプリートBOX PS4版(ゲームの電撃特典付き)
【セット内容】
・PS4用ゲームソフト『英雄伝説「閃の軌跡I~IV」&「創の軌跡」コンプリートBOX』
・【ゲームの電撃特典】50ミラコイン アナザーVer.


※画面はPS4『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』のものです。
(C) 2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

関連する記事一覧はこちら