映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』令和元年12月21日公開決定!

電撃オンライン
公開日時

 『仮面ライダーゼロワン』と『仮面ライダージオウ』の冬の新作映画、『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』が12月21日に公開することが決定しました。そして 本作のティザービジュアルが解禁、特報映像がWEBで初公開、公式サイトがオープン、そして映画公式Twitterが開設されました。

 2000年にスタートした『平成仮面ライダーシリーズ』。平成仮面ライダー20作品目、そして最後の平成仮面ライダーとして、歴史に名を刻んだ『仮面ライダージオウ』は、 歴代平成仮面ライダーの力を駆使し、過去・現在・未来と時間移動を繰り返し、先の読めないストーリーで話題を呼びました。

 そして時代は平成から令和へ。『令和仮面ライダー元年』の第1作目『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系 毎週日曜9:00~)が9月1日より華々しくスタートしました。社長の座に就く者のみが使用できる“飛電ゼロワンドライバー”を手にした主人公が、人工知能=AIが導入された新時代の日本の環境下で生まれた悪と戦い、人間の“夢”と“情熱”を訴えていく、というストーリーで、放送の度に多くの話題を呼んでいる『仮面ライダーゼロワン』。今後の展開にもますます期待の声があがっています。

解禁① ティザービジュアル

 解禁となったティザービジュアルは、仮面ライダーゼロワンがアタッシュリカバー、仮面ライダージオウがジカンギレードを勢いよく振りかざし、ゼロワンのイエローとジオウのピンクが対照的な鮮やかなデザインとなっています。そして“決して、交わってはならない”という、互いに己の正義のために戦うはずの仮面ライダー達にとって衝撃的なコピーが書かれています。さらには“ゼロワン、誕生の日。”と“ジオウ、終幕の日。”という 本作で描かれる新たな物語を感じさせるワードも並び、本作への期待が高まります。

 社長の座に就く者のみが使用できるアイテムとして第1話から登場した“飛電ゼロワンドライバー”。誰の意思によって誕生し、飛電或人の手に渡ったのか。まさにゼロワン誕生の物語が描かれています。

 そして、最高最善の魔王として戦い、名実共に平成仮面ライダーの王となった仮面ライダージオウですが、彼が選んだのは、オーマジオウとして生きる世界ではなく、すべてがリセットされた新しい世界でした。新たな世界で生きるソウゴたちは何故再び仮面ライダーに変身し、仮面ライダーゼロワンと交わることになったのか……。仮面ライダージオウが選ぶ、本当の終幕が描かれます。

解禁② 特報映像

 7月26日に公開された、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の本編後にしか観ることができなかった特報映像が、遂にWEB上でも観ることができるようになりました。


“伝説を背負いし者”“平成”という文字が浮かび上がり、平成最後の仮面ライダー『仮面ライダージオウ』が、そして、“伝説を創りし者 令和”という文字が浮かび上がり、令和最初の仮面ライダー『仮面ライダーゼロワン』が現れ、対になった2人のヒーローが“決して、交わってはならない”という言葉を強調させる映像となっています。

 仮面ライダーゼロワンの世界、仮面ライダージオウの世界、別々の世界で生きる2人のヒーローが、時空を超えてひとつの世界で交わった時、そこに待ち受けているのは“共闘”かそれとも“対立”か。この冬、仮面ライダーの歴史に新たなる伝説が刻まれます。

解禁③ 映画公式サイト&映画公式Twitter

 本日より、公式サイトがオープンしました。そして、仮面ライダーとして初めての映画公式Twitterが開設されました。作品に関するニュース、舞台挨拶情報、タイアップ情報、インタビュー情報など、最新情報が随時発信されます。さらに映画公式Twitterでは、今作の情報だけでなく“劇場公開する全ての東映特撮ヒーロー作品の情報”について網羅します。

 また本日より、非売品ティザービジュアルポスターが抽選で当たるフォロー&リツイートキャンペーンも実施。映画公式Twitterアカウント(@toeiHERO_movie)をフォローし、キャンペーンツイートをリツイートするだけで誰でも応募できます。

『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』作品情報

公開日
12月21日
出演者(敬称略)
『仮面ライダーゼロワン』
高橋文哉
岡田龍太郎
井桁弘恵
鶴嶋乃愛
中川大輔
砂川脩弥
『仮面ライダージオウ』
奥野壮
押田岳
大幡しえり
渡邊圭祐

「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映